batch_DSC01637

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。



リアルタイムは、バングラデシュダッカに滞在中。


本日はダッカからインドコルカタに戻ります。

バングラデシュ、なかなか刺激的な街でした。

インドより好きかも笑

 


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜




↓ここからは2017年12月のブルネイの記録です。


ボルネオ島のブルネイに滞在中。

今日はブルネイの変わった集落に行ってきました(・∀・)つ
 



1B$(ブルネイ・ドル)=
約83円
(2017年 12月)





世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。
世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 
 
ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 




目次
1. ブルネイの水上集落へ
2. ここは、猫天国!?
3. 水上の見晴台に登る
4. 水上モスクは、実は・・・






1. ブルネイの水上集落へ

今日はガイドブックにも載っている、ブルネイの水上集落に行ってきます。

普段と違う観光地で、かなり楽しみ。


batch_DSC01298

水上集落に向かってる途中で、大きな公園があったんですが、

子どもたちが大量のシャボン玉を量産していました。


その量にビックリ!




batch_DSC01306

どうやら手作りの器具を貸し出ししているお店のシャボン玉遊びのようです。

このシャボン玉器具のシャボン玉量がすごい。


すごく面白そうでしたよ(・∀・)つ





batch_DSC01319

変わった自転車のレンタルもあったりして。

確か30分くらいで500円くらいして高かったですが。




batch_DSC01329

さて、今日の目的地は カンポン・アイール と呼ばれる水上集落。

写真の位置にあるので、意外と岸から近いんです。




batch_DSC01331
batch_DSC01332

どうやって集落まで行くかというと、このボート。

片道1人 0.5ブルネイ・ドル(約42円)で行くことができます。




↓ぼく達が乗ったボート乗り場はこちら






BlogPaint

めちゃめちゃいかついおじさんに連れて行ってもらいました笑

最初高めの料金を言われても、交渉で下がったりしますよー。





batch_DSC01337

水上集落の船着き場に到着。

船着き場で待ってる人達は、逆に陸地に行く人ですね。




batch_DSC01340

さあ、いよいよ水上集落を探検です!


水上集落って、今までボート上からは見たことあっても、こうやって歩くのは初めて。

どんな人達が住んでるか分からない分、ちょっと緊張するな。





batch_DSC01350

水上集落っぽい絵と、猫の絵。

お、猫がいるのか?

これは期待。





batch_DSC01346

まず思ったのが、


普通にちゃんとした家じゃん・・・


昔タイで見た水上集落は、もっとボロかったぞ。




batch_DSC01355

どうやら後で調べてみると、

この水上集落に住む人達は、お金がないから水上に住んでいるのではなく、「水上を好んで住んでいる」んだそうです。

ブルネイが「陸地に家を用意するよー」って言っても断っているという こだわりっぷり。





batch_DSC01360

家は立派だけど、各家に続く道は手作り感がありますね。


木で、隙間が空いていて、歩くとギシギシと音を立てる。

この緊張感も水上集落だからこそ味わえるもの。





batch_DSC01362

道の名前?地域の名前?

所々看板が出ていて、何かをお知らせしてくれています。


実はこの水上集落、地図アプリの Maps Me にもマップが載っているほど。

ちゃんとした地域として認められているんですね。





2. ここは、猫天国!?

batch_DSC01365

お、ブルネイ水上集落の第一猫人発見!

すごく綺麗な毛並みの猫ちゃんΣ(゚д゚;)




batch_DSC01446
batch_DSC01455

すごく懐いてくれる、めちゃめちゃ可愛い子でした!


どの国でも思いますが、猫が好かれている地域では、ホントに猫の毛並みが良い

総合栄養食や、栄養のあるご飯をもらっている証拠だと思います。


逆に、猫がゴミを漁っているような地域では、猫の毛並みがすごく悪い

猫も人間に好かれていないと思っているのか、全く懐かない。



ぼく達は猫が好かれている場所が良いなあ。





batch_DSC01488

猫と遊んでいると、通りかかったおじさんが魚をくれました。

良かったね、猫ちゃん( ´∀`)つ





batch_DSC01501
batch_DSC01504

すると、匂いに釣られた猫がやってきました。

食べたそうにしてたけど、怒られて追い返されてました笑





batch_DSC01377

集落も、奥まで来てみるとほのぼのとしてとても良い雰囲気。

港町みたいな感じに思えてきます。





batch_DSC01381

今度は家の前で飼われてる猫を発見。


狭そうでちょっとかわいそうでした。

遊んで遊んでーと騒いでましたよー。





batch_DSC01389

もう少し進むと、どんどん猫が出てくる出てくる!

猫が多いなΣ(゚д゚;)!





batch_DSC01393

人懐っこい猫が多くて嬉しいです。

頭を撫でると、気持ちよさそうな顔をしてくれますよ。





batch_DSC01401

遠くからぼく達を見てる警戒心の強い猫もいます。

ジーっと見てて可愛いけど笑





batch_DSC01404
batch_DSC01405

どんどん歩いていると、今は使われていないようなボロボロの橋も出てきます。

奥には廃屋が・・・


新しく住人が来たら、綺麗に直したりするのかな?




batch_DSC01408

よーく見ながら歩いていると、隠れ猫ちゃんもいますよー。

隠れられてない所がまた可愛い。





batch_DSC01414
batch_DSC01429

ホントにたくさんの猫がいるこの集落は

猫 天 国!!


こんなに猫密度が高いのは、タイのピピ島以来じゃないかな?


→ピピ島の記事は〈こちら〉





batch_DSC01433

ふと横を見ると猫がいるほどの猫の多さ。


こんな水の上にたくさんの猫が生活してるんですね。

猫は水が苦手そうだから、水の近くには居ないイメージでした。





batch_DSC01438
batch_DSC01510

水上集落はどうせ狭い集落だろうと侮るなかれ。

この道は総距離36kmにもなり、学校や警察などの4,200以上の建物が水の上に立っているんです。


ぼく達もササッと回れるだろうと思ってたら、かなりの時間がかかって大変でした。

しかも、行き止まりの道もあったりして、Maps Me が無ければ道に迷っているところでした。




batch_DSC01514

中には商店もあり、簡単な買い物もできそうです。

まあ、大掛かりな買い物は陸地に行くんでしょうけど。




batch_DSC01517
batch_DSC01519

このうちはいっぱい猫を飼ってるんだなー。

ああ可愛い.。゚+.(・∀・)゚+.゚





3. 水上の見晴台に登る

batch_DSC01530

展望台があるようで、行ってみました。

低めの展望台なので、このアングルからは見えませんが、この建物にあります。




BlogPaint

入場は無料!

名前だけ書いて入りましたよー。




batch_DSC01536

中はとても綺麗!

歴史博物館のようになっていました。


ここの建物のトイレも抜群に綺麗でしたよ。




batch_DSC01546

展望台に上がってみました。

窓が多くて開放的。




batch_DSC01541

この展望台から水上集落を一望できます。

しかしまあ・・

上から見るより歩いてみるほうが楽しいんですが笑





batch_DSC01559

今度は別のエリアへ。


このカンポン・アイールは、多数の村が集合して出来ているそうです。

ここはどんな雰囲気かな?




batch_DSC01561

ん?

んんんんん?




batch_DSC01565

え・・・・

なにここ・・・



高級住宅街?

めっちゃお金持ちそうじゃん!!




水上集落のイメージを一蹴されましたね。




先ほども書きましたが、


「お金が無いから水上に住んでるんじゃない」

「水上に住みたいから住んでるんだ」



というのがよく分かる住宅街です。





batch_DSC01567

その住宅街の1つに、アイスを売ってるお宅がありました。

アイスにつられてフラフラと近寄ってみると・・・





batch_DSC01569

めちゃめちゃ豪華な内装!!!

写真撮って良い?と聞くと、快くOKをいただきました。


すごく良い家だね!すごい!と伝えると、家の女性は嬉しそうに照れてました。

日本の家より広くて豪華ですごいなー。




batch_DSC01593
batch_DSC01592

中にはこんな個性的な家も。

おじさんが1人で作業してたけど、全部手作りですかね?

おもしろい。





BlogPaint

なんだかインスタ映えしそうなスポットでしたよー。

中にも入ってみたかったな笑




batch_DSC01641

この長ーいパイプは、何を運ぶためのものだろう?

水でも流してるのかな?





batch_DSC01605

この猫ちゃん達も顔は怒ってそうだけど、すごく懐いてくれる子達でした。

モフモフしたしっぽが可愛いな。



batch_DSC01637

暑かったからか、小さなベンチで涼んでる子も。

か、可愛い・・・

ぐっすりお休み中でした。


あー、猫も堪能したヾ(´ω`=´ω`)ノ





4. 水上モスクは、実は・・・

batch_DSC01644

そして最後はカンポン・アイールの水上モスクへ。

なんとこの水上集落、モスクもあります。

なんでも揃ってるなー。





batch_DSC01649

時間帯なのか人はいませんでしたが、中は広くて綺麗でした。

お祈りの時間になると、水上集落の人達が集まってくるのかな?





そしてこの後、衝撃的な事実が発覚・・・





batch_DSC01650

え・・・

消防署!?!?



ってかこんなでかい車、水上にどうやって持ってきたの?

てかあんな木製の道、走れないでしょ!?



そう思っていると、なんと水上集落の一番奥は、

陸と繋がっていましたΣ(゚д゚;)


陸と繋がってるんかーーい!!


まあ楽しめたから良いんですけどね( ゚∀゚)





batch_DSC01652

そして陸と繋がってはいても、水上集落気分を味わうため、最後もボートで帰りました笑



普通に安全に観光できる水上集落。

貴重な体験で、かなり楽しめる場所でした。


可愛い猫もいっぱい居たし、大満足でしたよ!




↓良かったらひと押しお願いしますm('A`)m
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




それではまた 川 ̄_ゝ ̄)ノ




世界を楽しもう!


じゅん



↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Booking.com