batch_DSC00887

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。



リアルタイムは、バングラデシュダッカに滞在中。

 


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜




↓ここからは2017年12月のブルネイの記録です。


ボルネオ島のブルネイに滞在中。

今日はブルネイの観光へ出かけてきましたー(・∀・)つ
 



1B$(ブルネイ・ドル)=
約83円
(2017年 12月)





世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。
世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 
 
ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 




目次
1. 豪華なニューモスク
2. 魔界のオールドモスク
3. 昼顔のオールドモスク






1. 豪華なニューモスク

今回はブルネイの観光名所であるモスクに行ってきました。


batch_DSC00867

ブルネイには有名なモスクが2箇所ありますが、まずは宿から近い方に歩いて行きました。

真っ暗な夜の闇に、まばゆく光るモスクが現れます。




batch_DSC00869
batch_DSC00870

しかし、夜だからか門が閉まってるΣ(゚д゚;)

入っちゃダメなのかな?



横の方に扉が開いている所を見つけて入ってみる・・・




中でスタッフっぽい人に会って、怒られるかな?って思ったけど、普通に挨拶された。


大丈夫っぽい・・?


なんだか良く分からないけど、奥に進んでいきました笑






batch_DSC00873

夜ということも会って誰もおらず、暗闇の中に建物だけがぼんやりと浮かび上がります。

なんだか雰囲気がありますね。





batch_DSC00876

モスクまで続く道は、ヤシの木が綺麗に並べられています。

その奥に目的のモスクが。





batch_DSC00887

Jame´Asr Hassanil bolkiah Mosque
ジャミ・アス・ハサナル・ボルキア・モスク




通称、ニューモスクと呼ばれ、金や大理石をふんだんに使っためちゃめちゃ豪華な作り。

建設は国王のポケットマネーで支払われたとか。


太っ腹ですねー。


まあそのせいか、総工費などの情報がでてきません。


次に紹介するオールドモスクと呼ばれるモスクが総工費500万ドルと言われているくらいなので、それ以上ではないかと思われます。



収容人数は5,000人とのこと。







batch_DSC00894

ぼくが行った時の時間帯が悪かったのか使用できませんでしたが、エスカレーターも備えてありました。

モスクにエスカレーターってすごい。






batch_DSC00901
batch_DSC00897

豪華なんですが、ギラギラしてないというか、無駄に派手じゃないというか、

ホントに綺麗で、ぼくが今まで見たモスクの中で一番上品ですね。



豪華なのに上品。



これ表すのってなんて言えば良いんだろ。

語彙力がほしい。







batch_DSC00908

そしてこのモスク、ライトアップが上品。


今までのモスクは、ライトアップがギラギラキラキラ派手なものが多かったんですが、ここニューモスクは本当に綺麗。



外観だけでも見る価値はありました。

できれば夜に見てほしいモスクですね。




↓ニューモスクの場所はこちら









2. 魔界のオールドモスク

先にニューモスクをご紹介しましたが、お次はオールドモスクと呼ばれるもう一つの観光名所のモスクに行ってきます。


batch_DSC00998

まずはセントラルバスターミナルへ向かいます。

The Mall と呼ばれるショッピングモールからは、1番のバスに乗り込みましょう。




batch_DSC00999
batch_DSC01001

このブルネイの小さいバスも可愛らしいですねー。

どこに行くにしても一律1ブルネイ・ドル(約83円)とのこと。





batch_DSC01004

セントラルバスターミナルに到着。

相変わらず暗いな・・・



ここからは徒歩移動です。




batch_DSC01007

徒歩10分くらいなので、簡単に行けましたよー( ´_ゝ`)ノ



↓ターミナルからオールドモスクのルートはこちら!






batch_DSC01008

ついでにブルネイの街中も見られるので、良いお散歩ですね。


街中は「高級感溢れる!」ってわけじゃなく、素朴。

だけど綺麗な街並みです。






batch_DSC01014

オールドモスクに到着!



オールドモスクは通称で、正式名称は


Sultan Omar Ali Saifuddin Mosque
スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク


1958年、東京タワーと同じ年に作られたそうです。





batch_DSC01017

夕方に来たので、太陽がだんだんと落ちてきて、空が赤く染まって行きます。

夕焼けっていつ見ても綺麗だな。




batch_DSC01029

オールドモスクの側面を通って池の方を見ると、大きな船が浮かんでいます。

これは16世紀の王室の船のレプリカなんだそう。





batch_DSC01034

ニューモスクが上品なライトアップだったのに比べ、

オールドモスクと船はグリーンのライトで怪しく光っています。


なぜこの色のチョイス・・・





batch_DSC01042

そう思って撮影していたら、空の色がだんだんと変わって行くのが分かりました。

この色の移り変わりは綺麗だな。



オレンジ・・・
 

この後この空の色が、どう移り変わっていくのか観察していると、



batch_DSC01061

まさかの混ざりあって紫色に((((;゚Д゚))))


なんだこの魔界感


これは魔界から来た船で運賃は乗った人間の魂だ!って言わんばかりの魔界感。



恐る恐る後ろを振り返ると・・・




batch_DSC01062

うおぉ・・・

こちらも負けじとRPGのボスキャラの砦と化している。

こちらも魔界感強すぎるな・・・



まあ今回魔界感強すぎたのは、天気のせいもあるとは思いますが(^_^;)





batch_DSC01116

空も暗くなって遠くから見ると、綺麗にライトアップされたモスクが見られましたよー。





3. 昼顔のオールドモスク

batch_DSC01236

別の日のお昼にも、オールドモスクに訪れてみました!

夜は魔界感ありすぎましたからね笑




batch_DSC01241

お昼のオールドモスクは、

爽やかでとても綺麗!


こいつが夜になると別人格が発動するとは・・・




batch_DSC01244

お祈りに来る人も多く、市民の憩いの場にもなっているように思えました。


ニューモスクもそうでしたが、オールドモスクも綺麗。

こんな綺麗なモスクならお祈りしに来たくなりますねー。





batch_DSC01246
batch_DSC01250

離れてみても立派なモスク。

池と一緒に撮影しても絵になります。


てっぺんの金色部分は純金で覆われているらしいです。

さすがブルネイさん。





batch_DSC01247

魔界への乗り物だった船も、お昼には池で鏡張りになり、とても優雅。





batch_DSC01295

おすすめの撮影スポットは、オールドモスクと船が一緒に撮影できる公園側。

ちょっと柵が邪魔ですけどね。





batch_DSC01277

公園には綺麗な花も咲いてましたよー!


こんな花見たことない!


花びらが段ごとにグラデーションになって広がってる。

めっちゃ可愛い。



ということで、ブルネイのモスク観光でしたー・:*+.( °ω° ))/.:+*.




↓良かったらひと押しお願いしますm('A`)m
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




それではまた 川 ̄_ゝ ̄)ノ




世界を楽しもう!


じゅん



↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Booking.com