batch_DSC08075

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。



リアルタイムは、ミャンマーのマンダレーに滞在中。
 

本日ゴッティ橋を見るため、朝4時起きで列車に乗ってきます。   

なんか夫婦揃って風邪っぽいなあ。。


明日はそのまま深夜バスで、更新できないかもしれません泣




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜




↓ここからは2017年10月のベトナムの記録です。


棚田で有名なサパに滞在中です!


ぼくは初のトレッキング。

そして棚田を見るのも初めて。

とりあえずは無事に帰って来たいですねw 






1,000ドン(Dong/VND)
=約5円(2017年 10月)




世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。
世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 
 
ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 




目次
1. サパ棚田ツアーへ出発!
2. お約束行事と、待ちに待ったランチ
3. トレッキングへの目覚め




1. サパ棚田ツアーへ出発!

batch_DSC07896

〈前日〉に予約しておいたサパの棚田トレッキング。

9時出発のプランだったので、8時半くらいに予約したツアー会社に来ました。




batch_DSC07895

雨でぬかるんでるようで、普通の靴じゃ無理とのこと。


なので長靴をレンタルしました。
25,000ドン(約125円)


レインコートは別のお店で
20,000ドン(約100円)で購入。





batch_DSC07898

時間になりいざ棚田に出発!


予約時に「送迎ありで楽だよ!」と言われ、

車に乗るらしいんですがどこから乗るんだろ?





batch_DSC07909
batch_DSC07907

歩きながらでも景色が綺麗ですねー。

ぼくはトレッキングは初めてなので、ワクワクしながら歩きます。



しかし雨模様のせいか、標高のせいか、霧がかっております。。

標高は1,600mほどあるみたい。




しかし、いつになっても送迎車に着かないな、

と思っていると。。




batch_DSC07917

ツアーメンバーが急に曲がり始めました!!

壁の中に突っ込む皆さん。






batch_DSC07920

この辺りで気付く。



あ、車送迎なんて無かったんや。。



(一応、帰りはありました。)






batch_DSC07933

まずは街中からトレッキングコースに降りていくようなんですが、




この時点ですでに結構急な道。




「あたし、こんな道 無理よ」


「え、じゃああたしも無理」


「え、ぼくも」




と、早々に3人も脱落者が出てしまいましたw


(写真右の3人が脱落者ですw)





batch_DSC07936


ツアーの添乗員のお姉さんも困惑w


とりあえずその3人は別ルートで向かうとのことで、

ツアー続行組は、このまま丘から下に降りていきました。




ちなみに他の方のブログを読むと、5時間コースのツアーで約11kmほどの距離を歩くそうです。


結構長いですね!

まあ中盤で脱落しても帰れないので、脱落するなら一番最初で正解かもしれませんw





batch_DSC07943

この斜面がなかなか急で大変!

気を抜くとズルっと滑ってしまいそうになります。





batch_DSC07946

その後も雨で流れが早くなった川の上に、細い丸太を置いただけの橋を渡ります。

なかなかスリリング。






batch_DSC07948

緑豊かな道をどんどん突き進みます。


天気は悪いけど、空気は良いです。

かなり気持ちいい。




batch_DSC07952

これは。。


ギリギリ道ですねw


この道で合ってるのか不安になります。




batch_DSC07963

これは。。


道じゃないですねw


完全に畑です。







batch_DSC07969

ぼく達が最初に居た街が、あんなに遠く見えます。


「あと2時間でランチだよー」


とどこかで聞こえました。




よし、とりあえずランチまでの2時間がんばろう!





batch_DSC07982

急斜面は結構ぬかるんでいて、まったく油断出来ません。

この写真の男性は、足が完全に埋まっちゃってますw





batch_DSC07984

この辺りの道は、大変だけど結構楽しい!


ぼくは意外と、ポンッポンッっとリズムよく進んで行きます。





batch_DSC07988

こちらは川を歩いて渡って行きます。

浅いので長靴なら大丈夫ですが、靴の方達は大変そうでした。。





batch_DSC08009
batch_DSC08014

先程の「ランチまで2時間」の掛け声より1時間半、

ようやく休憩スポットに到着!




お、ランチか?

結構早く着いたな( ´_ゝ`)ノ





5分後。。


「はい、出発しまーす。」


「。。。。。。。。Σ(´д`;)」





batch_DSC08031

お昼休憩の場所じゃなかったのか。

完全にぬか喜び。。




batch_DSC08038


ドロッドロです。


たまにコケる人も出てくるくらい。

奥さんも一度コケてました。




奥さんは「きゃー!きゃー!」と何度も叫んでたので、その度に民族のお姉さんが飛んできて助けてましたw


しかしこの2人の行動には後でオチがありますw




batch_DSC08043

途中の山小屋には人が住んでいるようでした。


これはワイルドな生活。




batch_DSC08048

「あと2時間でランチ」の掛け声から2時間半後、ようやく棚田が見えてきました!




batch_DSC08063

いい感じ何だけど、

何だけど。。



霧がーーーー!!





batch_DSC08067

惜しい。サパ惜しい。


あー。。

まあ雨が降ってる割には、まだましな方なのかな。





batch_DSC08075

いつも奥さんのことを助けてくれていた民族のお姉さんが、

道中咲いていた草花で、可愛い飾りを作ってくれました!



これはかわいいっ!!



見ると、トレッキング中の皆さんも作ってもらっていました。






BlogPaint


この女性が助けてくれる民族のお姉さん。

歳を聞くと、25歳と結構若い。


奥さんは年下の子に、トレッキング中ずっと助けてもらっていたのか笑






batch_DSC08085

まだまだトレッキングは続きます。

一体いつまで続くんだという弱音も出始めます。


「あと2時間でランチ」というにんじんを目の前にぶら下げたまま、ひたすら歩き続けます。








batch_DSC08090
batch_DSC08112


棚田も綺麗ですねー。


ただやはり雨のせいで、水も泥水となって、空も暗い。

空気だけは、ただただ清々しい。





batch_DSC08124

たまに羊や鳥の動物に会えるのも可愛かったなw





2. お約束行事と、待ちに待ったランチ

batch_DSC08145
batch_DSC08174


ようやく街へ到着ーーー!!



ここまで「2時間後ランチ」から3時間!

お腹が減って、ランチが待ち遠しい(´∀`)





と、ここでランチの前のお約束事があるそうで。。





batch_DSC08179のコピー

トレッキング中に手伝ってくれていた民族の方達からの、セールスが始まりますw



そうです、

移動中のお手伝いや、フレンドリーな会話、素敵な草花の飾りも、最後のこの時のための伏線という有名なお話。。。


。。とは言っても、この子の笑顔や会話、奥さんを心配する顔など、

そこに嘘なんて無かったです!


(と信じたいw)




ただ、商品が少し高めで、手持ちのお金が怪しくなりそうだったので

50,000ドンほどチップを渡しておきました。

(ホントにずっと助けてくれていたので)



するとこの子は、嬉しそうにお礼を言って去って行きました。

ホントにいい子だったな。






batch_DSC08187

そしてランチスタート!

いや、うまそうっ!!





batch_DSC08190

大好きな卵料理もあるーー!!



ぼく達はこういう時、

めっちゃ食べます。



ただ、食べ足りない人が出ては行けないので、

最初はローペースで食べながら、周りの雰囲気を観察。



みんな食べ終わった雰囲気を感じてからが本番。

「これ、もらっていい?」

「これも、いい?」


と言っては皿の中身を食い尽くしていきます。



残るともったいないですしね!

特に、疲れているとめっちゃ食うタイプです( -д-)ノ






3. トレッキングへの目覚め

batch_DSC08258

食事も終わり、帰路につきます。

途中、いくつもの宿泊所を目にしました。

HOME STAY というのが宿泊出来る建物ですね。



同じツアーに日本人の方がいて、その方はそのまま宿泊するプランだったそうです。

なのでここでお別れ。

SNSを交換して、今でも繋がっています(・∀・)つ





batch_DSC08296

ようやく送迎車に乗れるーーー!


ここまでで、出発から5時間半。

5時間も山道泥道岩場 を歩き続けるのって結構大変。




いや、

いやしかし、

トレッキング、結構楽しい。

疲れるけどね。




ちょっとトレッキングの楽しさに目覚め始めそうな予感がしましたw






batch_DSC08312

ツアー会社に帰って服装を確認すると、


ホント泥だらけw



いや、ホントにトレッキングというか、

ただの冒険でした。





batch_DSC08313

ちなみに、着ているレインコートも新品だったんですが、

完全に泥の色が着いちゃってますねw



しかし、またどこかでトレッキングしたいなーと思っているぼく達でした。







それではまた.。゚+.(・∀・)゚+.゚




世界を楽しもう!


じゅん



↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ