batch_DSC03796

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。



ただいまタイ バンコクに滞在中。


カンボジアで出会ったこうた君に会うため、

日本人宿のロングラックに向かいます!

 


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜




↓ここからは2017年10月のモンゴルの記録です。


モンゴルに滞在中のぼく達。

モンゴルゲルに滞在したテレルジ国立公園から、ウランバートル市内に戻って来ました。


最後に市内で一泊して、いよいよモンゴルを旅立ちます。







1MNT(トゥグルグ)
=約0.046円(2017年 9月)




世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。
世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 
 
ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 




目次
1. 街中のモンゴルゲルに宿泊!?
2. ウランバートルの鉄道駅
3. バスでお金をスられる!?
4. さらばモンゴル




1. 街中のモンゴルゲルに宿泊!?

モンゴルゲル滞在がとても楽しかったんですが、

市内に戻ってきてもモンゴルゲルに泊まれないかな?と事前に調べていた宿に向かいました。



batch_DSC03707

舗装されていない宿までの道を進みます。





batch_DSC03813



宿に到着!


ちょっと古い感じだけど、汚くはない宿です。





batch_DSC03811

部屋まで案内される途中の階段には、モンゴルっぽい絵が。




そして、本日泊まる部屋に到着。。!




batch_DSC03697



モンゴルゲル!!!w

ほんとにあった!w





建物の屋上に並べられたゲルに宿泊できるんです!







batch_DSC03698

屋上に所狭しと並べられたゲルは、10個近くあったかな?





batch_DSC03699

ぼく達が選択した部屋は5人のドミトリー部屋。

他にもダブルルームなんかもありました。





Gana's Guest House
ガナズ ゲストハウス

ドミトリー1人1泊 14,800MNT(約681円)



今回は予約サイトで事前に金額を調べつつ、飛び込みで泊まりに行ってみました。





↓宿の場所はこちら(・∀・)つ







batch_DSC03751

部屋の中にはストーブがありました。

テレルジのゲルのように薪ストーブでは無かったですが、まあ煙も少なく安全ですねw






batch_DSC03779

もちろんウランバートルなのでシャワーもあります。

しかし壊れているシャワーが多く、使えるのは一箇所だけでした。






batch_DSC03780

トイレも安いゲストハウスって感じですかね。

シャワーもトイレも共同です。




batch_DSC03782

屋上からの景色は、かなり現地感が溢れていました!

昔ながらの家は、家+ゲルって所も多いですね。






batch_DSC03784

そして、ここのゲストハウスの素晴らしいところは、朝食です!

まず写真のセットが置いてあり、こちらは自由に食べられます。





batch_DSC03796

そしてゲストが席に座ると、一人ひとり手作りで目玉焼きセットを作ってくれます。



これが美味しい!






batch_DSC03802

パンに挟んでサンドイッチにして食べました。


ゲルに泊まれて、美味しい朝食も食べられるこちらのゲストハウス、おすすめです。





2. ウランバートルの鉄道駅

ウランバートルの観光も一通り終わらせていた僕達ですが、もう一つ行きたかったところがあります。



batch_DSC03732

それがこちら、ウランバートルの鉄道駅。


乗り換えの韓国からモンゴルに飛び立つ際、韓国の空港で帰りのチケットを買わされてしまいました。

しかし、本来ならこの鉄道駅から陸路で中国に渡るはずだったんです。。




batch_DSC03731

あー。。

本当ならここから出発してたんだな。。

しかもモンゴル気に入ったから、航空券で日付が決まってなければ、もう少し長居したかったな。





batch_DSC03734
batch_DSC03735

鉄道駅のホームはとてもきれいで、広い!

ホーム内にはSL?の車体が展示されています。



ちなみにあとで知ったのですが、鉄道駅も撮影するのは良くないみたいです。。






3. バスでお金をスられる!?

615d7e0aa6bcae709c87e4b37c995cbc_s

ウランバートル中心地から、最初に泊まった宿まで戻ったんですが、

その際に利用したバスでまさかのトラブルが。。!




奥さんがバスの運転手にお金を渡そうとお札を出した所、後ろから手が伸びてきてお札をかっさらっていきました!




びっくりして後ろを振り向くと、初老くらいの男性がお金を持ってニヤニヤ。。

すぐに腕を掴んでお金を取り返しましたが、少しヒヤヒヤしました。。






モンゴルのバスではスリが多いらしく、ナイフでカバンを切り裂く事件も発生しているらしいです。



モンゴルのバスに乗る際は、カバンを前に背負って、ポケットには貴重品を入れないようにしましょう。。






4. さらばモンゴル

多少トラブルはありましたが、最後に街中のモンゴルゲルに泊まれて、大満足のぼく達。

とても気に入っていたモンゴルを、いよいよ出発です泣



batch_DSC03845

最初のゲストハウスに置かせてもらっていたバゲージを、無事にピックアップ。

身軽に移動できたので、かなり助かりました!





batch_DSC03857

来た道をバスで戻り、チンギスハーン空港に向かいます。

やはりモンゴルは殺風景w




batch_DSC03860

この舗装されていない道を向こう側の空港まであるくのですが、、

ぼく達はガラガラパッカー(スーツケース)。


悪路には弱いです。


batch_DSC03862

なので片方20kg強、2つで40kg強のバゲージを手で持って移動します。

砂が詰まったりして壊れたらまずいですからね。。




この役はぼくの担当なんですが、

かなりしんどい。。!



おかげで筋肉が増えましたがw





batch_DSC03876

そしていよいよモンゴルを旅立ちます。





正直大自然の魅力がそんなに分からなかったんですが、モンゴルに来て、モンゴルゲルに宿泊して、自然の素晴らしさが少しづつ分かってきました。

テレルジのモンゴルゲル、また泊まりに行きたいです!





食に関しても、賛否両論あるモンゴル料理ですが、ぼく達は大好きです。

多少クセがある料理のほうが好みなのかもしれませんw

また食べに行きたいな。




物価の安さも助かったなー。

2人とも1万円両替したんですが、10日間居て結局少し余りました

ゲルに2泊して、100日記念パーティもやったのに。。



モンゴル愛が出てきた辺りで旅立ちは寂しいですが、まあ足りないくらいが丁度いいと言うしw

「また行く」という楽しみが増えたと思うようにしました。







世界一周ブログ村の「バック トゥ ザ ネイチャー」というブログを書いている夫婦も言っていましたが、モンゴル中国は期間を長く取りたいという気持ちがかなり分かりました。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

↑にほんブログ村とはこんなサイトです(・∀・)つ 









batch_DSC03872




次に向かうは中国 北京!!



広大な中国もあと少しだけ回ります。








おまけ

batch_DSC03888
batch_DSC03898

今回もLCCではなく格安航空会社だったので、食事付き!

しかもビールも飲めるなんて幸せ!.。゚+.(・∀・)゚+.゚









それではまた。




世界を楽しもう!


じゅん



↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ