batch_DSC03491

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。



ニュージーランドから一旦タイ バンコクへ向かっています。

ということでオセアニア編は終了!

また東南アジアを回って行く予定です。

 


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜




↓ここからは2017年10月のモンゴルの記録です。


モンゴルに滞在中のぼく達。


世界一周モンゴル編のクライマックス、モンゴルゲルに泊まりに行ったお話の最後【合計料金編】です。



合計料金は最後の方に書いてあります!





↓モンゴルゲルへの【行き方編】はこちら(・∀・)つ
33




↓モンゴルゲルへの【ゲル紹介編】はこちら(・∀・)つ
31




↓モンゴルゲルへの【乗馬体験編】はこちら(・∀・)つ
08







1MNT(トゥグルグ)
=約0.046円(2017年 9月)




世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。
世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 
 
ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 




目次
1. 最終日も乗馬体験へ!
2. 経由地ナライハへ
3. ナライハでまさかの日本語?
4. モンゴルゲルの最終合計金額!




1. 最終日も乗馬体験へ!

モンゴル「テレルジ国立公園」のモンゴルゲルに2泊宿泊し、いよいよ最終日。

名残惜しいですが、本日ウランバートル市内に帰ります。



batch_DSC03468

テレルジの朝日はとても綺麗で、ぼく達にお別れを言ってくれているような気持ちになりました。




batch_DSC03471

貴重なゲル体験も今日で終わり。


大自然の中での生活は、楽しかったなー。






batch_DSC03491

朝ごはんは、持参したパンをストーブで焼いて食べましたw

なかなかワイルドな食べ方!w







batch_DSC03503

最終日の朝も、30分間の乗馬体験を頼んでおきました。







batch_DSC03532

可愛らしい馬達にまたがり、出発!






batch_DSC03544
batch_DSC03553

今日は昨日とは別のルートにしてくれて、また違った景色を楽しむことができました。






batch_DSC03569
BlogPaint

起伏の激しい丘も、難なく歩いてくれました。

乗ってるぼく達はハラハラしてましたけどねw







batch_DSC03579
batch_DSC03613

今日は長めに50分くらい乗馬させてくれましたよ!

追加料金もなかったので嬉しいなー.。゚+.(・∀・)゚+.゚







batch_DSC03620

2泊3日お世話になったゲルともお別れ。

いつかまたここに帰って来たいな!






batch_DSC03625

ゲルキャンプの馬達にもお別れを言って帰りました。

モンゴルの馬は、シャイだけどとっても可愛いですよ!






batch_DSC03628

テルレジからの帰りをどうするか相談したら、ゲルキャンプのお父さんが、バスの発着所まで送ってくれるとのことでした。



ありがたい!(TДT)




と思っていたら、まさかのバイク!w

2人で荷物もあったので、車だと思っていましたw





BlogPaint

かなりのガタガタ道も、かなりアグレッシブに走ってくれましたw


結構こわい!w





BlogPaint

キャンプのお父さん、ありがとう!

バイクもバラバラの部品から組み上げる、かなりすごいお父さんでした!







2. 経由地ナライハへ

テレルジ国立公園からウランバートル市内へ戻るには、〈テレルジに来た時〉のように、ナライハを経由して帰ります。




batch_DSC03639
batch_DSC03643

お父さんに連れてきてもらったこのバス停で待っていれば、ナライハ行きのバスが止まるようなんですが。。




batch_DSC03648

何もなさすぎて不安!w



しかも事前に調べていた情報だと、テレルジの奥側のゲルキャンプから、順番にお客さんを乗せていくようなんですが、

ぼく達のいるゲルキャンプは、割とテレルジの入り口側にあるので、バスが来てもお客さんがいっぱいになっていて、乗れないことも多々あるらしいんです。



その数時間に1本のバスを逃すと、また数時間待つ必要があるみたいで、いつナライハに帰れるかは運次第。。





batch_DSC03644

ナライハからウランバートル行きのバスにも乗らなきゃいけないし、ちゃんと今日中に帰れるのか。。?



2人で不安に感じていると。。





batch_DSC03655

1台の乗用車が止まり、運転手のおばさんがこちらに声をかけてきました。



「どこに行くの?」


「ナライハに行きたい」


「1人5,000MNT(約230円)で乗せようか?」




どうやらモンゴルに多い白タクだったようです。

テレルジの往路で乗った白タクと同じ料金だし、
早く確実に帰れるなら良いか、ということで。。



白タクでナライハ行き決定!




BlogPaint

公共の乗物派のぼく達がタクシーに乗ることは少ないんですが、



確実に帰るのも、安全旅の極意!



と自分自身に言い訳して帰りましたw






batch_DSC03664

白タクのおばさんの車で、やけに若々しいクラブミュージックを聞きながらテレルジ国立公園を後にします。




テレルジありがとう!

また来るよ!!








3. ナライハでまさかの日本語?

無事にナライハに到着。

白タクのおばさんにお別れをし、ある場所へ向かいました。




batch_DSC03672

ここ経由地ナライハで、ぼく達が楽しみにしていたことがありました。





batch_DSC03674

そう!

往路でも食べた、あの料理を食べて帰ります!






batch_DSC03675

「なんとかMAX!!!」

(※モンゴル語が読めないのでこう呼んでいます)





相変わらずうまいっ!


このボリュームで5,000MNT(約230円)なのでお得です。






batch_DSC03684

奮発して卵サラダも頼んじゃいました。

確か2,000MNT(約92円)









暫定世界 No.1 料理を楽しんでいると、




「もしかして日本人ですか?」



と、1人の男の人に話しかけられました。




その男性はモンゴル人で、日本語が話せない状態で単身日本に渡り、5年ほど日本で仕事をしていたそうです。



今では結構喋れていてすごい!


 
 

batch_DSC03688

その方が今からウランバートルに帰るらしく、

送ってくよ!と言ってくれました。



どうしようか迷ったんですが、お言葉に甘えることにしました!






BlogPaint

彼の名はジャニベク。


好青年といった雰囲気ですが、日本に滞在していた頃の話を聞くと、

結局最後は不法滞在で、モンゴルに強制送還されたらしいですw





batch_DSC03692

ウランバートルの宿の辺りまで送ってくれました!

ありがとねー!






batch_DSC03693
batch_DSC03694

そして、モンゴルのある変わったホテルに行ってみることに。

このホテルは次回ご紹介します!







4. モンゴルゲルの最終合計金額!

batch_DSC03455

そして、モンゴルゲル滞在の最終金額の発表です!

※この料金は、行き方や行く時期や交渉によって変動する可能性が大きいので、ご注意ください。





テレルジ国立公園で使った金額(2人分)

○ ゲル宿泊1泊55,000×2泊
○ 食事(夜のみ)5,000×2回
○ 乗馬体験10,000×2回

計140,000MNT(約6,446円)




交通費、その他

○ 往路:ウランバートル→ナライハ
 500×2人
○ 往路:ナライハ→テレルジ
 5,000×2人
○ 復路:テレルジ→ナライハ
 5,000×2人
○復路:ナライハ→ウランバートル
 送ってもらったため0 

計21,000MNT(約966円)





その他

○ 持ち込んだ食料 8,320

計8,320MNT(約383円)




総合計

169,320MNT
日本円で、約7,789円!!

一人あたり3,895円となりました!







モンゴルゲルに2泊して、交通費、食費、乗馬までして

この料金は格安!






通常のツアーならゲル2泊もすれば、1人1万円を軽く超えるので、自分達で行ってみて良かったです。

ただ、運や時期もあると思うので、おすすめの行き方とは言えませんが笑






モンゴルのゲル、かなり大満足でした!!

みなさんもモンゴルに来た際は、ゲルに泊まってみてください.。゚+.(・∀・)゚+.゚










それではまた。




世界を楽しもう!


じゅん



↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ