batch_DSC06203

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。 


(今は日本で休憩中)






最近自粛続きでぼく達は自宅焼肉が流行っていたんですが、

美味しくて安いステーキ肉を見つけることができました!


これで自粛が捗る〜〜


(いや、本当はそろそろ外食もしたい!)





ただいま位!!

グッドボタンを押すと
ランキングが見られます♪
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村






今までのルート
現在65カ国!

台湾→タイ→マレーシア→韓国→中国→マカオ→香港→モンゴル→ベトナム→カンボジア→シンガポール→ブルネイ→インドネシア→オーストラリア→ニュージーランド→ラオス→ミャンマー→スリランカ
インド→バングラデシュ→
キルギス→カザフスタン→
ウズベキスタンタジキスタントルクメニスタンイラン(ブログは今ここ!)→アゼルバイジャン→アルメニア→ナゴルノ・カラバフ→ジョージア→イタリア→バチカン→サンマリノ→フランス→モナコ→スペイン→アンドラ→ポルトガル→モロッコ→西サハラ→モーリタニア→ドイツ→チェコ→スロバキア→オーストリア→リヒテンシュタイン→スイス→トルコ→ギリシャ→クウェート→バーレーン→UAE→オマーン→カタール→ブルガリア→ルーマニア→モルドバ→沿ドニエストル共和国→ウクライナ→ロシア→タタールスタン共和国→エストニア→ラトビア→リトアニア→ベラルーシ

 
 



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

 


↓ここからは2018年8月のイランの記録です。 


イランのシーラーズで観光中のぼく達。


今回は、ピンク尽くしの1日です!





1IRR(イラン・リアル)=約0.0011円

1USドル=100,000リアル

1円=900リアル

10リアル=1トマム

(2018年 8月)




世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。

世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 

 

ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 







目次
1. アフワーズまでのバスチケットをゲット
2. ステンドグラスが綺麗なピンクモスクへ
3. これはピンクレイク・・・? 







1. アフワーズまでのバスチケットをゲット

batch_DSC06032

〈前回の記事〉でバーチャルペルセポリスを楽しんだぼく達。


そのまま来た道を帰っていきます。

来る時にも乗ったこのレトロなバスがほんとに良い感じです。




batch_DSC06050

さて、シーラーズのバスターミナルで、

次に行くアフワーズまでのチケットを買っておきましょうか。


でっかいモニターが煌々と光るチケット売り場は、想像していたイランより先進的に見えます。

 


batch_DSC06051

ペルシア文字ですがちゃんと料金表もあるので、

行き先と数字のペルシア文字さえ分かればボッタくられる心配は少ないですね。

(イラン人はボッタくってくることは少ないとは思いますが)




batch_DSC06055

夜行バスの予約をしたかったのですが、説明出来るか心配だったので、絵を描いて説明。

無事にアフワーズまでの夜行バスを購入できました!


シーラーズ→アフワーズ
1人 350,000リアル(約389円)

 


batch_DSC06060

無事にチケットが買えたので、公共のバスでシーラーズの街なかまで戻って来ました。


お腹が減っていたので、またケバブでも食べるか〜、とケバブ屋さんを探していたところ・・・




batch_DSC06079

セルフサンドイッチ屋さんを発見!


値段を聞いてみると、

なんと1個40,000リアル(約44円)



それは安い!!

しかも並んでる具材は挟み放題らしいんです(;゚Д゚)!

よし!ここに決めた!



パンを受け取り、まずはコロッケ?の数を伝えてパンの中に入れてもらいます。


そして、自分好みのサンドに仕上げていきます。


言わば、じゅんサンド。

これはセンスが試されますねえ!




batch_DSC06084

完成したのがこちら。


右は奥さんのサンド。

メインのコロッケに野菜とピクルス、ソースというシンプルさ。


左のぼくのサンドは・・・

またまた貧乏根性が出てしまい、全部の種類の野菜を詰められるだけ詰めました笑


これが大失敗!!(゚д゚;)
 
 

ピクルスが数種類置いてあったらしく、そのピクルスも全種類入れてしまい

とても酸っぱいサンドイッチになってしまいました(;´Д`)



奥さんのサンドイッチの方が遥かにうまかったです・・・

ぼくのセンス0でした・・・




BeautyPlus_20210404201722434_save

こんな店内のテーブルで食べました。

後ろのおじさんが手を振ってくれてます笑


ここはまた来たいなあ。

次は美味しいサンドを作るぞ!





2. ステンドグラスが綺麗なピンクモスクへ

batch_DSC06091
BeautyPlus_20210404201808978_save

さて次の日。

本日も観光のため、しっかりと宿の朝食を食べます。




batch_DSC06105

ふと気付くと、なんとテーブルの下に猫ちゃんが!!

可愛いー!!


ご飯が欲しそうにこちらを見ていますが、

多分野良猫だし、勝手にご飯をあげたらまずいよな〜と、思って見ていると・・・




batch_DSC06112

さっさとぼく達に見切りを付けて別の観光客の所へ行く強かな猫ちゃんでした笑


しかしまさか宿の食堂で猫が見られるとは。

何だかラッキーな気持ちで観光に行けます。




batch_DSC06115

本日の観光は、いつもよりちょっと早めの出発です。

公共バスで観光スポットまで進みます。



batch_DSC06116

今日のお目当ては、こちらのモスクです。


Nasir-al-Molk Mosque

ナシル アル モスク 


このモスクの何が観光スポットとなっているのか。

入ったらすぐに分かりますよー。




batch_DSC06118

入場にはチケットが必要で、

1人200,000リアル(約222円)


モスクでお金取るのは珍しい気がします。


チケットが必要なのは観光客だけなんでしょうか。

地元の人や参拝客は自由に入れたりするのかな?




batch_DSC06119

チケットの半券をもらったら、いざモスクの中へ!

ワクワク(´▽`)


入り口を抜け、お目当ての部屋に入ってビックリ!




batch_DSC06125

なんだこりゃー!!

めちゃめちゃ綺麗Σ(゚д゚;)


ステンドグラスから鮮やかな色達が、

床に、壁に、そこらじゅうに降り注ぎます。




batch_DSC06139

ぼく達が入場した時点で予想以上に観光客が居ましたが、何とか撮影の間を縫って写真撮影開始!



batch_DSC06152

ぼくがボーッと立っているだけで勝手に絵になってくれるんですから、さすがですね。


これがただの道端で立っていたなら、「あれ?下着泥棒かな?」って思われても仕方ありません。
 




batch_DSC06203

壁、床いっぱいに広がる色彩豊かな光は、もはやファンタジーの世界。

かなりおすすめのスポットです。


 


朝日の時間帯が一番綺麗らしいというのと、どんどん観光客が増えていくので、

なるべく早く行くのがおすすめです。





batch_DSC06304

そうそう、ステンドグラスのあるこの部屋の内装も、実はとても綺麗なんです。

柱や天井に施された彫刻やタイルが素晴らしい。



batch_DSC06305
batch_DSC06306

見上げると、幾何学模様に綿密に彩られた天井を見ることができます。

いくつもモスクを見てきたけど、ここまで細かく綺麗なタイル張りもなかなか無いと思います。




BeautyPlus_20210404201930961_save

想像していたより遥かに綺麗な空間に、

大満足のステンドグラスの色彩でした!





batch_DSC06344

それではステンドグラスの部屋を出て、モスク自体も見てみましょう。

まずはシンメトリーにキッチリと建てらてた中庭の美しさが目に入ります。




batch_DSC06326


見上げた天井一つ取っても、ほんとに綺麗なんですよね。
 

batch_DSC06345

このピンクモスクの美しさは、ステンドグラスの部屋だけではありません。






batch_DSC06360

この壁一面に描かれた花の絵にも注目していただきたい!




batch_DSC06359

どうですかこの見事なタイル絵!

細かく、さらにシンメトリーに描かれた花たち。

 


batch_DSC06352

ぼくはこの細かな絵に興味津々。

だってこれ、ほんとにすごいんですもん!




P_20180810_094739_1

このひとつひとつが手描き!!

(おそらくですけど)

 
しかも絵の具の濃淡で花びらの質感を再現してるんです。

これが建物全体に描かれている凄さ。


一体何万の花が描かれているのか。

その労力、根気に感動しました。




batch_DSC06353

この小さな花ひとつひとつが、面で見るとピンクに見える事が、

ピンクモスクと呼ばれる所以なんでしょう。


ピンクモスクは、職人さんの根気がいる作業のおかげで成り立っているんですねー。

素晴らしかったです。 





3. これはピンクレイク・・・?

batch_DSC06361

そのピンクモスクで、一人のおじさんに話しかけられました。


このおじさんはツアーを斡旋している人みたいで、

さっきも別の場所で会った方でした。



人の良いおじさんだったので、おすすめの観光地の話を聞いてみると・・・

なんと、ピンクレイクなる湖が存在するとのこと!



これは・・・

ピンク繋がりで行ってみるか!?

と、その場のノリでツアー(往復の移動だけですが)を組んでもらいました。



料金は2人で400,000リアル(約444円)

1人200円ほどなら安いですね。






batch_DSC06365

先程のツアー斡旋のおじさんに運転手を呼んでもらい、ピンクモスクを後にします。


では、早速ピンクレイクに向かってみます!





BeautyPlus_20210404202043082_save

ピンクレイクで有名なのはセネガルやメキシコ辺りですが、

イランのピンクレイクはどんな感じなのでしょうか!?


ワクワクヾ(´ω`=´ω`)ノ








batch_DSC06369

ピンクモスクから車で30分。

ピンクレイクに到着!



さて、あまり有名じゃなさそうなイランのピンクレイク、

ピンク加減をチェックしてやろうじゃないの〜〜!!




batch_DSC06377

うおーーー!!

これはピンクレイクッ!!!

すげえええええ!!!





・・・・・・


・・・・・・





・・・と言いたい所だったんですが、

ただのピンク強めの画像加工です。すいません。





batch_DSC06378

実際はこんなもん。

うん、微妙(; ̄Д ̄)笑





しかも水不足のせいか湖もかなり小さく、

ピンクがある範囲もめちゃめちゃ狭い!w


これでピンクレイクを名乗ってるってのが面白い!





BeautyPlus_20210404202115262_save

でもそのガッカリ感がツボにはまって、2人で爆笑してましたw

なので画像を色調整しながら写真を撮って遊ぶことに。





batch_DSC06403

こんな風に撮ったら、もうピンクレイクにしか見えない!w


うん、もうここはピンクレイクだ!

そう思うしか無い!






batch_DSC06371

ピンクレイク(仮)は塩湖なのか、足場は塩の塊のようでした。

近づけば近づくほど塩に足を取られてしまうようで、気をつけねばはまってしまいそうです。





batch_DSC06386

と思ってたら思いっきりズボッとはまってしまいました・・・

穴空けてごめんよ・・・





batch_DSC06442

はぁ〜、ガッカリ感にいっぱい笑ってかなり満足したピンクレイク。

そろそろ宿に帰ります。




batch_DSC06440

タクシーの社内に塩が付くのが嫌なのか、優しさなのか、

運転手さんが水で足を洗ってくれました。


これはありがたい。



batch_DSC06449

帰りに見つけたインドのような光景。

これ、どうなってんの?笑




めちゃめちゃ綺麗で想像以上に感動したピンクモスクと、

想像以上のガッカリ感に爆笑したピンクレイク。


かなり楽しめたピンク尽くしの1日でした (´▽`)




ペルセポリスも楽しめたし、シーラーズなかなか良いなあ!





↓ピンクレイクのピンク色は
 プランクトン等のせいみたいです

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ







それではまた.。゚+.(・∀・)゚+.゚



世界を楽しもう!


じゅん




↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Booking.com