batch_DSC05871

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。 



(今は日本で休憩中)






以前縄跳びとランニングをしたお話をしましたが、

その日から背中の痛みが取れません・・・


もう10日以上も。


ネットで調べてみるとぎっくり腰ならぬ、

ギックリ背中というものもあるらしく、

それっぽいんですよね〜


近くに良い医者が見つからず、放置状態。

そろそろ真剣に医者を探そうかと思っています。





ただいま位!!

グッドボタンを押すと
ランキングが見られます♪
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村






今までのルート
現在65カ国!

台湾→タイ→マレーシア→韓国→中国→マカオ→香港→モンゴル→ベトナム→カンボジア→シンガポール→ブルネイ→インドネシア→オーストラリア→ニュージーランド→ラオス→ミャンマー→スリランカ
インド→バングラデシュ→
キルギス→カザフスタン→
ウズベキスタンタジキスタントルクメニスタンイラン(ブログは今ここ!)→アゼルバイジャン→アルメニア→ナゴルノ・カラバフ→ジョージア→イタリア→バチカン→サンマリノ→フランス→モナコ→スペイン→アンドラ→ポルトガル→モロッコ→西サハラ→モーリタニア→ドイツ→チェコ→スロバキア→オーストリア→リヒテンシュタイン→スイス→トルコ→ギリシャ→クウェート→バーレーン→UAE→オマーン→カタール→ブルガリア→ルーマニア→モルドバ→沿ドニエストル共和国→ウクライナ→ロシア→タタールスタン共和国→エストニア→ラトビア→リトアニア→ベラルーシ

 
 



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

 


↓ここからは2018年8月のイランの記録です。 


イランのシーラーズで観光中のぼく達。


今回は、イランでもメインに近い観光地に行ってきます (´▽`)!





1IRR(イラン・リアル)=約0.0011円

1USドル=100,000リアル

1円=900リアル

10リアル=1トマム

(2018年 8月)




世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。

世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 

 

ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 







目次
1. ローカルな行き方で向かうペルセポリス!
2. バーチャルで楽しむペルセポリス!
3. 中東の3PとISILについて 







1. ローカルな行き方で向かうペルセポリス!

batch_DSC05749

さて本日は、シーラーズのメインと言っても良い観光スポットに行ってきます。


と、その前に・・・

朝食付きの宿なので、しっかり朝ごはんを食べて行きましょう!




batch_DSC05745
batch_DSC05747

イスファハーンで泊まった宿の朝食よりかなり豪華。

これが食べ放題っていうんだから、人気がある宿なのが頷けますね。





batch_DSC05753

うお〜!すごいっ!

朝から豪華だー(´﹃`)!!
 

ゆで卵、野菜、ヨーグルト、ジュースに、

パン、ナン、バター、ジャム。


それにカレーのようなソースが3種類!




BeautyPlus_20210324211017352_save

これは嬉しい!

めいっぱいお腹に詰め込んで行きましょう!





642888ad

さて、今日向かう先は


ペルセポリス

イランでも見どころの一つで、世界遺産にも登録されています。



外国人観光客にも人気なのか、シーラーズに来た初日からタクシー運転手の

「ペルセポリス!ペルセポリス!」という声掛けが聞こえていたほど。

 


シーラーズの街なかから貸し切りタクシーで向かう事も出来るので、仲間が多ければタクシーもありなんですが、

ぼく達は、過去の旅人のブログを読み漁り、よりローカルな行き方を目指します!




当時の記事にも書いてますんで、良かったらご覧ください。

スクリーンショット 2021-03-22 16.20.58



※2021年現在のレートだと、当時の2倍ちょっとかかるとお考えください。





batch_DSC05762

さて、ローカルバスで行くペルセポリスの旅、スタート(゚∀゚)!
 

マルヴダシュトという都市のバスターミナル を目指すんですが、

まずは97番のバスでシーラーズのバスターミナルに進みます。




batch_DSC05763

この時はバスはガラガラ。

こっち方面に行く人は少ないのかな。


1人 10,000リアル(約11円)




batch_DSC05766

行く方面によってはかなりの人数が並んでいます。


こちらのバス停に並ぶのは、全員女性ですね。

ヒジャブは被って居るものの、パンツはタイトな感じなんですね〜。

パンツルックが流行ってるのかな。


さて、そうこう言ってるうちにバスが出発します!




batch_DSC05776

こうやって街なかを見ながら進んでいくのが楽しいんですよね。

これだけでも観光気分に浸れます。




batch_DSC05779

こちらの路地にはたくさんの傘が吊るされており、

まるでポルトガルのアンブレラスカイの様ですね。


柄が乱雑で太陽光も当たってないので、若干汚い感じになってますが笑




batch_DSC05787

こちらはハジバザールというバザールの入口。
 

こういう路地裏ってそそられます(´▽`)

入ってみたいー!




batch_DSC05793

バスは40分ほど走り、バスターミナルに到着。

こちらでバスを乗り換えます。


こちらでマルヴダシュト行きのバスを探すのですが・・・




batch_DSC05795

早速発見!


もう出発するみたい(゚д゚;)

車体を撮る時間が無い!


しかし予想より大分レトロなバスです。

これはテンション上がる!




batch_DSC05796

ペルセポリス方面に向かうバスですが、意外にも観光客はおらず、かなりのローカル感が漂います。


1人 25,000リアル(約28円)




batch_DSC05804

流石にこの辺りまで来ると建物もどんどん減っていき、自然が見えてきますね〜!


1時間ほど走った所で・・・




batch_DSC05808

マルヴダシュトに到着!

まだペルセポリスでは無いですよ!


ってか今乗ってきたバス、ベンツだったの!?

ホントに!?

ベンツだとしたらかなりのクラシックカーなのでは・・・



batch_DSC05810

降りた場所でペルセポリス行きのタクシーを捕まえて交渉!

金額も決まり、乗り込みます。


1人60,000リアル(約67円)



batch_DSC05815

ペルセポリスに向かう途中の遺跡も勧められましたが、ぼく達のお目当てはペルセポリスのみ!

ペルセポリスに直行してもらい、入り口に到着。


もし他の遺跡も気になる方は、追加料金で色々見てみるのも良いかも。




batch_DSC05816

まずは入り口のチケットセンターでチケットを購入します。




batch_DSC05818

こちらの建物内にはペルセポリスの模型も展示してあり、少年心を刺激されますねー!

こういうの大好きなんです。

まあペルセポリス自体の建物があまり残って無いので、模型も殺風景気味ですが笑




batch_DSC05819

窓口にてチケットを購入。

時期のせいなのかお客さんがガラガラで、すぐにチケットを買えました。
 




batch_DSC05821

1人 200,000リアル(約222円)


世界遺産でこの値段はかなり安い方じゃないかと思います。

両替レートが高い時期でも、700円弱ほどですからね。





batch_DSC05823

中に入ると、まずはツアーガイドや説明本、お土産が置いてあるショップが並びます。

入場料が安い割にはかなりしっかりしてる造りですね。


ぼく達には特に必要なかったので、こちらは飛ばします。

さあ、いざペルセポリスに向かいましょう!






2. バーチャルで楽しむペルセポリス!

batch_DSC05826

遺跡の方向に歩いていくと、


おお!見えてきました!

たくさんの柱!



ってか柱しかないじゃん!笑




batch_DSC05829

案内板もしっかりあり、英語の説明も置かれています。

トイレや水飲み場、イスラム教の方はお祈りもできるみたいですね。




batch_DSC05830

この積まれた石は当時のものなんでしょうね。


綺麗に切って積み上げて行くってだけでも

すごい技術だよな。




batch_DSC05841

階段を登りペルセポリスの入り口へ。


両側の門番の顔が崩れた大きな門が見えました。

こちらも巨大で、元々はかなりの大きさの建物だったんじゃないかという想像が膨らみます。


ここで1人のお兄さんに話し掛けられます。

どうやら観光客向けに、VRの有料サービスを勧めているようでした。




batch_DSC05836

門の横で小さな小屋を建て、VRヘッドセットの貸し出しを行っています。


うーむ、これは気になる・・・

一体どんな映像が見えるのか。




batch_DSC05948

ちゃんとパンフレットも作っており、しっかりした造りですね。



batch_DSC05950

このVRのヘッドセットを付けて遺跡内を歩く訳ではなく、

15ヶ所ほどのVRスポットで、ヘッドセットを装着すると、当時の様子をバーチャルで見ることが出来るようです。


料金を聞くと、2時間で300,000リアル(約333円)とのこと。

安いっちゃ安いけど、ペルセポリスの入場料より高いのか〜




一応、お試しでトライ出来る?と聞くと、

入り口の門ならトライOKだよ、とのこと。


ということで、早速試してみました!




batch_DSC05832

先ほどの門番の顔が崩れた入り口の門。


この門をVRを装着して見てみると・・・




batch_DSC05839

うおっ!!

す、すげぇ!!


当時のイメージ映像が立体で見える!!


しかも首を横に降ると、ちゃんと横の映像も見える様になってる。


VRすげええええ(;゚Д゚)!!





これはレンタルしたい・・・



時間は半分の1時間で良いから、半額にならない?

と、貧乏根性を出して聞いてみると、


イイよ!と即答してもらえました。



やったー(゚∀゚)!!

ということで、VRペルセポリスを楽しんで来ます(´▽`)




batch_DSC05842

門を潜ると通路があり、壁には巨大な彫刻が掘られています。

これだけでも当時の壮大な景色が想像できます。




batch_DSC05858

遺跡以外の通路は舗装され、観光客が通りやすく造られています。




batch_DSC05865

階段状になった壁面に彫られた彫刻画も綺麗。

当時の人々の繊細さたるや、驚かされるばかり。




この階段はVRで見るとこんな当時のイメージを見せてくれます。

こんなにすごい建物だったんですね!





batch_DSC05868
batch_DSC05877

こちらがペルセポリスの中でも見ごたえがある、巨大な石柱。

アバダーナの柱。
 

約2,500年前の大掛かりな道具も機械も無い時代で、どうやってこんな物が作れるのか不思議でなりません。





batch_DSC05871


もちろんこちらもVRで当時の様子を見ることができます。







batch_DSC05894

いやあ、VR本当に面白い。

想像力の乏しいぼくでも、当時のペルセポリスの雰囲気が分かりやすくイメージできます。


人によるとは思いますが、

本来遺跡って「当時はどんな暮らしをしてたのか。人々はどんな風に暮らしていたのか」なんて事を考えながら観光するものだと思うので、

VRによってそれらがイメージがしやすくなるのは、とても理にかなってると思います。







batch_DSC05907

これは確か、タチャラと呼ばれるダレイオス一世のプライベートな宮殿です。

ペルセポリスの中ではかなり形が残っていると思います。




batch_DSC05945

ペルセポリスを一通り見て回りました。

こちらは案内図で最後の方にある門です。



先ほどと同じように、馬が門番のように凛々しく立っているんだと思っていたら・・・





なんと実はこんな見た目だったという・・・

これはVRじゃないと分からなかっただろうな。




batch_DSC05953

お!ガイドブックに載ってる「空飛ぶ双頭鷲像」だ!と思って奥さんに写真を撮ってもらったら、

後から見返すと「馬」でした・・・


本物の「空飛ぶ双頭鷲像」はイラン航空シンボルマークにもなっています。





batch_DSC05947

いやー、VR楽しかった!

最初の入り口に戻り、VRの機器を返却します。



こんなに面白いVR。

これは他の人にもめちゃめちゃおすすめしたい!



でも勝手にブログに書いてもまずいよなあ。


ということで、このVRのスタッフの方達に、

「このVRをブログで紹介したいんだけど、良いかな?」と確認をとることに。

動画も載せていい?など、英語で伝わりにくい所は翻訳アプリも混ぜながら聞いてみると、

「うん、イイよ!」とのこと。



ということで、今回ブログで紹介させていただきました。



「3ヶ月後には新バージョンのVRも出るよ」と教えてくれましたが、

本当にごめんなさい。

ブログで紹介するのに、2年もかかっちゃいました・・・



コロナで観光も思うように出来ない世の中になってしまったけど、このVRまだやってるのかな。

もし今後海外旅行ができるようになって、ペルセポリスに訪れてVRがやってたらかなりおすすめですので、ぜひレンタルしてみてください(´▽`)




batch_DSC05956

1時間で少し急ぎ気味にペルセポリスを回り、ちょっとカフェスペースで休憩。


確か無料の飲み水もありました。

フルーツジュースなんかも美味しそうですね。




batch_DSC05966

小休止を挟んだら、最後にペルセポリスを上から見てみましょう!




batch_DSC06008
batch_DSC06009

ペルセポリスの上の方に進んでいくと、

こんなお社のようなものが現れます。


どうやら石を削って作ってるみたい。

すごっ(;゚Д゚)!


こういう建造物って好きだなあ。

だから、今後訪れる予定のヨルダンのペトラ遺跡もかなり気になっています。



そしてこの辺りから見える景色が・・・



batch_DSC06006

こんな感じ!

ちょっと遠目ですが、ペルセポリスを上から見られます!


ほとんどの建物が崩れてしまって居るけど、かなり大きな宮殿群だった事が分かりますね〜。

崩れてしまってはいたけど、VRのおかげで当時の雰囲気が感じられてかなり楽しめたなあ。




batch_DSC06028

ということで、ペルセポリス観光終了。


実は、つまらなかった!という口コミも聞いたことがあったんですよ。


そんな賛否両論あるペルセポリスでしたが、

ぼく達夫婦は大満足の結果となりました。




帰りは、来た時の経路の逆を通って宿まで帰りましたが、

乗り物の料金も一緒でした。



ということで、交通費とペルセポリス入場料を合わせても

1人 390,000リアル

日本円で
約433円で観光できたことになります。

(VRレンタルは除く)



イランでも見どころの世界遺産で、この料金は格安!!

しかもぼく達はかなり楽しめたので、コスパ最高ですね。


この行き方でペルセポリスに行くと、2021年現在のレートでも1,000円前後なのでそれでも安いですね〜。






3. 中東の3PとISILについて

本来はこのペルセポリスを含んだ「中東の3P」という3つの遺跡がありました。

イラン ペルセポリス遺跡
ヨルダン ペトラ遺跡
シリア パルミラ遺跡



シリアには入国できない状況ですが、いつか制覇できないかなー・・・と思っていた頃、

2015年8月 ISILによって、パルミラ遺跡が破壊されてしまいました。


このニュースには、怒りよりも悲しさが先にきました。


自分たちの主張方法に、テロや破壊しか表現が無いのか?
 
人を殺し、遺跡を破壊することに躍起になり、一体何がしたいんだ?

など色々な考えた巡った出来事でした。



今でさえISのニュースは少なくなりましたが、未だに存在するようです。

もう本当にテロや破壊活動はやめてほしいものです・・・ 





脱線していしまいましたが・・・


大満足観光できたペルセポリス!

全部の遺跡でVRやれば良いのに!って思えたバーチャルリアリティな一日でした (´▽`)
 


それでは、次の観光地へ!






↓ペルセポリスは
「ペルシア人の都」という意味らしい

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ







それではまた(・∀・)



世界を楽しもう!


じゅん




↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Booking.com