BeautyPlus_20210219141451780_save

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。 



(今は日本で休憩中)







この前友達と飲み会をしようとしていたんですが、

緊急事態宣言が発令されて中止に。


ということで、今回ZOOM飲み会をやってみました!

これが意外と面白くてみんな楽しんでましたよ。


でも、早くコロナが収束して、

普通に外で食事できるようになって欲しいですね〜。




ただいま位!!

グッドボタンを押すと
ランキングが見られます♪
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村






今までのルート
現在65カ国!

台湾→タイ→マレーシア→韓国→中国→マカオ→香港→モンゴル→ベトナム→カンボジア→シンガポール→ブルネイ→インドネシア→オーストラリア→ニュージーランド→ラオス→ミャンマー→スリランカ
インド→バングラデシュ→
キルギス→カザフスタン→
ウズベキスタンタジキスタントルクメニスタンイラン(ブログは今ここ!)→アゼルバイジャン→アルメニア→ナゴルノ・カラバフ→ジョージア→イタリア→バチカン→サンマリノ→フランス→モナコ→スペイン→アンドラ→ポルトガル→モロッコ→西サハラ→モーリタニア→ドイツ→チェコ→スロバキア→オーストリア→リヒテンシュタイン→スイス→トルコ→ギリシャ→クウェート→バーレーン→UAE→オマーン→カタール→ブルガリア→ルーマニア→モルドバ→沿ドニエストル共和国→ウクライナ→ロシア→タタールスタン共和国→エストニア→ラトビア→リトアニア→ベラルーシ

 
 



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

 


↓ここからは2018年8月のイランの記録です。 



トルクメニスタンからイランに入国したぼく達。

ここから長距離、長時間移動をしていきます。
 

なので今回の記事はあまりおもしろくないかもしれません笑






1IRR(イラン・リアル)=約0.0011円

1USドル=100,000リアル

1円=900リアル

(2018年 8月)




世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。

世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 

 

ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 







目次
1. バジギラン→グーチャン
2. グーチャン→マシュハド
3. マシュハド→テヘラン 
4. テヘラン→イスファハーン 







1. バジギラン→グーチャン

〈前回の記事〉で、無事にイランへ入国したぼく達。

今日は一気にイスファハーンへと向かおうと思います!




イランへ入国した所で見つけたミニバス。

このバスが国境付近の街バジギランへと向かってくれるそうです。


ミニバスは中央アジアではマルシュルートカと呼んでいましたが、イラン側ではなんと呼んでるんですかね?


さっそく乗り込みます。


1人 25,000リアル(約28円)




batch_DSC04483

しばらく走ったら、バジギランに到着。

ぼく達が珍しいのか、かなりジーッと見られた覚えがあります。


そういえば、ぼく達が旅中に出会った旅人達は、トルクメニスタンから航路でアゼルバイジャンに向かう人が多かったな。

陸路でイランに入国するのは珍しいのかな?






batch_DSC04490

あ〜、ついに来たよイラン。


マジでどんな国か想像つかない。

「かなり良い国だよ!」って話は良く聞くんだけど。





97a4a765-s

さて、イスファハーンに行くのには、ここから直行ではいけません。

マシュハドという大きい都市でバスを乗り換えなければなりません。



その前にマシュハド行きのバスが出ているグーチャン(クーチャーン)へ向かいます。




batch_DSC04486

グーチャンへ行ってくれる乗り合いタクシーを探すんですが、

お腹が減っていたので食べ物も調達しなければ。


小さな商店を見つけたので、入ってみました!




BeautyPlus_20210219141255812_save

菓子パンにジュース。


ガッツリ食べられる物は置いてなかったんですよね。

ケバブとかあったら欲しかったけど。



「ケバブは無い?」って聞いたら、

「バジギランにケバブは無いよ!グーチャンにはあるよ。」とのこと。


 あとで食べれたら食べたいな。



ちなみにイランでは、女性は布で頭を覆っていなければなりません。

できるだけ髪が見えないように・・・


この暑い時期は本当に大変そうでした。


 


batch_DSC04492

食事を終えて再度乗り合いタクシーの聞き込みを開始。


そのうち、グーチャンに向かってくれる乗り合いタクシーを見つけたんですが、

料金は1台500,000リアル(約555円)とのこと。


2人しか居ないし、ちょっと安くして〜とお願いしましたが、

ダメダメ!と断られてしまいました・・・


仕方ないので、あと2人来るのを待つか。と一度離れます。






batch_DSC04494

バジギランは乗り換え地なので、観光することはありませんが、

こうやってみると知らない国の知らない街ってのも魅力的だな。



それに、このコロナ禍で日本の自宅にこもりっぱなしの現状だと、

どんな辺ぴな街でも行ってみたくなりますね〜。




batch_DSC04499

街の歩道にはチェスの模様が書かれたテーブルと椅子。

これだけでもゆったりとした空気感がある街だと感じることが出来ます。



しばらく街をブラブラして、さきほどの乗り合いタクシーに戻ってみました。

さて、グーチャンに行く観光客は集まってるかな?




batch_DSC04505

チーン。

ぼく達以外誰もいませんでした。



今日はかなりの距離を移動しなければならないので、諦めて2人で500,000リアルでお願いすることに。





batch_DSC04507

グーチャンまで約85km。

いざ出発ー (´▽`)!




batch_DSC04516
batch_DSC04515

グーチャンに向けて、大自然の中を走り抜けます。


道路は綺麗に舗装されていて車も少ないので、

運転手のおっちゃんはビュンビュンスピードを出します。

怖いって!



そして車内にはイランミュージック?が爆音でかかっております。

この辺は中央アジアと同じですね。





batch_DSC04551

小さな街を通り過ぎていきます。


レンガで作られたような街で、街というより集落っぽい感じがしますね。

山のすぐそばに建てられた家屋は、自然と共存しているようにも見えます。




batch_DSC04595

ロバとじいちゃん。

のどかだ〜(´▽`)




batch_DSC04615
batch_DSC04617

しばらく走ると、何やら四角い廃墟のようなビルが並んだ変な街が現れました。

夜中訪れたら心霊スポットみたいになってそう・・・




batch_DSC04621

街に見える看板は、本当に何も読めない!

数字さえ読めませんからね。
 

イランに来たー!って感じがします。




batch_DSC04626

少し大きな街に到着しました。

グーチャンですね!




batch_DSC04628

タクシーのおっちゃんはマシュハド行きのバス乗り場を知っていたらしく、バスの目の前に停車してくれました。

これはありがたい!




batch_DSC04630

車を降りた所でなぜかたくさんのイラン人に囲まれます笑


ぼくは勝手に、イラン人はインド人的な商魂たくましい雰囲気なのかな?と思ってたけど、

どちらかというと、バングラデシュ人のような興味強さとシャイさを持ち合わせた感じがしましたね〜。


良い人が多そうです。






2. グーチャン→マシュハド

batch_DSC04631

それではマシュハド行きのバスに乗り込みます。


料金は調べていたのより少し高い

1人50,000リアル(約55円)



グーチャンに到着したと思ったら、すぐに出発。

ケバブを食べる時間なんてありませんでした笑




batch_DSC04633

カーテンで窓を閉められた狭い安バス。

海外で良くあるタイプ。
 

しかしイラン人の女性はもちろん、男性も顔が整っている人が多い印象。

目鼻立ちがハッキリしていて、塩顔のぼくからしたらうらやましい次第です。




batch_DSC04637

さて、マシュハドに向けてバスが出発しました!


車窓からの景色も楽しみながら進んでいたんですが、

何やら道の端っこに、車が飾られている。




batch_DSC04638_

よく見ると、事故車でした(((( ;゚д゚)))


看板の文字は読めませんが、恐らく

運転中のスマホ、ダメ絶対!

って感じですかね。


本物の事故車を使った恐ろしい注意喚起ですが、中途半端な広告より効果ありそうでますよね。



batch_DSC04640

またまた大自然が見えます。

都市間はまだまだ未開発ですね。




batch_DSC04642

車の数がだんだんと増えていきます。

もうすぐマシュハドかな?




batch_DSC04647
batch_DSC04649
BeautyPlus_20210219141317599_save

マシュハドのバスターミナルに到着!



batch_DSC04656

ここから次の目的地に向かうため、さらに別のバスターミナルに向かいます。


運転手らしきおじさんにバスターミナル行きのバスの場所を聞くと、

丁寧に探してくれて教えてくれました。

優しいなあ。




batch_DSC04657

荷物を持ち込み移動します。

バスの前後は写真のような区切りがされていて、前は女性、後ろは男性と分かれているみたい。

イスラム教でもここまできっちりしてるのは珍しい。


でも、ぼく達のような夫婦は一緒に後ろの男性席に座って良いよ。と言われました。

それも都市によってはダメだったりするので、その都度合わせるのが良いかも。




batch_DSC04662
batch_DSC04667

バスターミナルに到着。

辺りがだんだんと暗くなってきました。




batch_DSC04670

実はぼく達、このバスターミナルからイスファハーン行きのバスに乗りたかったんですが、

イスファハーン行きのバスは19時に終わってしまったらしく、乗る事ができませんでした。


ということで急遽テヘランまで行き、そこでイスファハーン行きのバスに乗り換えることに。




バスは少し高いVIPバスと、ノーマルバスから選べます。


ぼく達は安いノーマルバスに乗りたかったんですが、

英語が喋れない窓口の係員に勝手にVIPにされてしまいました・・・


「安い方にして!」とお願いしているんですが、話が通じてるのかどうかも良く分かりません。




BeautyPlus_20210219141353945_save

そんな時現れたのがこの方。

係の人と現地語で通訳してくれました。


この人にも「VIPの方が快適だよ?」と言われたんですが、

「持ってるお金が少ないんだよね」と答えると、



「お金が少ない?必要ならあげようか?」

と言われてしまいました。



「いやいやいや!お金はいい!いらないよ!汗」

と全力で拒否しましたが、イラン人は優しいにもほどがあるぞ!w



まさかお金をくれようとするとは・・・







3. マシュハド→テヘラン

batch_DSC04675

テヘラン行きのバスのチケットをゲット!

相変わらずなんて書いてあるのか全く読めません笑


マシュハド→テヘラン

金額は忘れてしまいました・・・





batch_DSC04677

キャリーケースをバスの荷物入れに。

今回も盗難防止でワイヤーをくくりつけます。





batch_DSC04681

バスのメーカーはボルボ!

頑丈そうですねえ。




batch_DSC04684

車中泊だけど、ぼく達はノーマルバスでも全然平気。

狭い車内で寝るのも慣れっこです。




batch_DSC04678

では、テヘランに向けて出発〜〜!



batch_DSC04693

道中立ち寄ったレストランはネオンで派手派手。


ではもう夜なので、車内でぐっすり寝たいと思います。




batch_DSC04698

バスはテヘランへ向けてひた走り、夜が明けてきました。




BeautyPlus_20210219141413128_save

ぼくはまだ爆睡中です。

椅子席でも意外と寝られるもんです。



さて、そろそろ起きますか。




batch_DSC04722

そういえば上の画像にもあるように、イランで見られる数字のほとんどがペルシア語で書かれています。


つまり、ペルシア語の数字の読み方を知らないと

めちゃめちゃ不便、ってことです。


ということで、この移動時間を使って数字の勉強をすることに。





batch_DSC04708

よし、勉強するなら現地人に聞いてみるのが一番早い!

ってことで、隣のお姉さんに数字を聞いてみました笑


お姉さんめっちゃ優しい( ´_ゝ`)




batch_DSC04706

これがペルシア語の数字です。

イランに入ったらこれを覚えておくとかなり楽なのでおすすめです。


特にバスナンバーを探すときに便利ですね〜。


お姉さん、ありがとう!




batch_DSC04734
batch_DSC04723

ドナドナされていくラクダ?


かなり進んだと思うし、そろそろテヘランが近いかな。




batch_DSC04736

テヘランに到着!


乗った時は夜だったから気づかなかったけど、

このバス、かなりピカチュウっぽいなw




batch_DSC04740

到着したバス乗り場で、すぐさまイスファハーン行きのバスを探します。

また乗れなかったらかなりめんどくさいことになる・・・



batch_DSC04738
batch_DSC04743

またまたバスの料金がペルシア語。

勉強しといてよかった〜!




batch_DSC04741

テヘラン→イスファハーン

1人300,000リアル(約333円)


ちなみにVIPバスの料金は400,000(約444円)でした。






4. テヘラン→イスファハーン

batch_DSC04745

発車時間も近づき、バスへ向かいます。

急げー!ゴロゴロ




batch_DSC04750
BeautyPlus_20210219141451780_save

真っ赤な車内のバスに乗り込みました。


ではイスファハーンに向けて出発!




batch_DSC04755

しばらくするとまたまた休憩時間。


ぼく達はなるべくバスから降りてお店の雰囲気を見ることにしています。

お土産なんかがあると、その国の雰囲気が分かって楽しいですよ。





batch_DSC04756
batch_DSC04758

こちらはレストラン。

かなり人が多くて座る場所もありません。




batch_DSC04761

ここの休憩所は広くて、お土産も充実していたのでちょっと見て回りますかね。




batch_DSC04763

これはなんだろう・・・

フルーツのシロップ漬けかな?

甘くておいしそう。



batch_DSC04765

トトロのパチもんみたいなやつがある!w

けろけろけろっぴみたいなカエルまで。




batch_DSC04768

こちらは一気にイランらしいお土産になりましたね。

ティーセットかな?



batch_DSC04770

イランの観光地の写真かな。

切手みたいに見える。



うん、なかなか楽しめたお土産屋さんだったな (´▽`)


それでは再度出発ー!






batch_DSC04780

イスファハーンに到着!


バジギランを出発してから、

26時間も移動してようやく着きました。


世界一周中は長時間移動は珍しくないですが、

それでも座りっぱなしは疲れますね。






batch_DSC04783

そしてここから市バスを使って街なかに移動していきます。




batch_DSC04788

街なかに行くバスがどれか分からず、

英語が喋れそうな係の人に

「シティセントラルに行きたい!」と聞いてみると・・・


「この番号のバスに乗ってね」と教えてもらいました。





batch_DSC04786

しばらく流れていくバスを見つめていると・・・


あ!あった91番!


教えてもらったのは普通の数字だったけど、

バスに書いてあるのはペルシア文字だった笑






batch_DSC04789

大きなキャリーケースを運び込みます。

運転手のおっちゃんがぼく達のキャリーケースを持っててくれたのに優しさを感じましたね〜


本当にイラン人は優しい人が多いな。





batch_DSC04792

街の中心地に到着し、奥さんが目星を付けておいた

こちらのホステルにチェックイン!



AMIRKABIR HOSTEL
アミールカビール ホステル

ドミトリー
1人1泊 600,000リアル(約666円)





batch_DSC04791

ということで、イランに入ってすぐの

長〜い大移動が終わりました。



本当はもう少し細かく街の雰囲気などを書いていきたかったんですが、

かなり長くなりそうだったんで端折り気味に書いちゃいました。


次回からはもう少し街の雰囲気や、人の雰囲気を書いていければなあと思います。




さて、イランを楽しんでいきますよ!








↓イランに入ってからまだまともな
ご飯食べて無い・・・
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ







それではまた(・ω・ノ)ノ



世界を楽しもう!


じゅん




↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Booking.com