1280px-Flag_of_Iran.svg

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。 



(今は日本で休憩中)







アジア編が終わったあたりで力尽き、

諸々予定も詰まっていたためなかなかブログを書けませんでした・・・


それでも応援していてくださる方には頭が上がりません(/TДT)/


またゆっくりですが続きを書いていきますねー!




ただいま位!!

グッドボタンを押すと
ランキングが見られます♪
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村






今までのルート
現在65カ国!

台湾→タイ→マレーシア→韓国→中国→マカオ→香港→モンゴル→ベトナム→カンボジア→シンガポール→ブルネイ→インドネシア→オーストラリア→ニュージーランド→ラオス→ミャンマー→スリランカ
インド→バングラデシュ→
キルギス→カザフスタン→
ウズベキスタンタジキスタントルクメニスタンイラン(ブログは今ここ!)→アゼルバイジャン→アルメニア→ナゴルノ・カラバフ→ジョージア→イタリア→バチカン→サンマリノ→フランス→モナコ→スペイン→アンドラ→ポルトガル→モロッコ→西サハラ→モーリタニア→ドイツ→チェコ→スロバキア→オーストリア→リヒテンシュタイン→スイス→トルコ→ギリシャ→クウェート→バーレーン→UAE→オマーン→カタール→ブルガリア→ルーマニア→モルドバ→沿ドニエストル共和国→ウクライナ→ロシア→タタールスタン共和国→エストニア→ラトビア→リトアニア→ベラルーシ

 
 



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

 


↓ここからは2018年8月のイランの記録です。 



トルクメニスタンからいよいよイランへ入国します!


初めての中東はどんなところなんだろうか!?

と、その前にぼく達のルートをご紹介します!
 
 




公式
1TMT(トルクメニスタン・マナト)=約29円

闇両替
1TMT(トルクメニスタン・マナト)=約7円


イラン
1IRR(イラン・リアル)=約0.0011円

1USドル=100,000リアル

1円=900リアル

(2018年 8月)





世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。

世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 

 

ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 







目次
1. いよいよイランへ入国!
2. ぼく達のイランルート







1. いよいよイランへ入国!

〈前回の記事〉でトルクメニスタンの首都アシガバートから、

イランに入国を試みようとしているぼく達。


いよいよ2ヶ月滞在した中央アジアを出て、

新天地イランへと向かいます。





20180804_121114862

11:30頃、トルクメニスタンの出国ゲートを通過。


トルクメ出国→イラン入国の国境間は、国境バスに乗って移動しないといけないんですが、

タイミングが悪かったのか次のバスは12:30に来るとのこと。


1時間も待つのか〜と思いつつ、同時に食料がほとんどないことにも気付きます。




ポケットを探ると、どこかのお店でとっておいたのか、

ナン(中央アジアのパン)が一つ。


乾燥して固くなったナンを齧りつつ、国境バスを待つことに。



ナンを齧るたび、中央アジアの思い出を噛み締めているようで、悪くないですね。

固くなったナンは乾パンのようで、味も悪く無くなかったです。





4467927_l
※画像はイメージです


結局12:30をだいぶ過ぎた12:55にバスが到着。

座席を数えると34人乗りの大きなバスでした。



イラン側から来たであろうたくさんの女性たちが降りてきました。

洗剤やらお土産やら洗剤やら大量に持ってますね〜。


いや、洗剤多すぎね?ってくらい持ち込んできてます。




荷物も大量なので、降りるのも時間がかかるんですよね。

全員が降り、今度はぼく達「イラン側へ向かうメンバー」がそのバスに乗り込みます。



結局出発は13:10。

この国境バスに乗るために1時間半もかかってしまった・・・




この辺りも警戒して写真を撮っていませんが、

意外と長い国境間の道を進み、

ようやくイラン側の入国ゲートに到着したのは14:30頃。


長かった・・・


さっき乗った国境バスはお金を取られなかったんだけど、無料だったの?

まあ無料なら無料でありがたい。








b49c723c7045111a2c1cfe62f6351c15_l

イラン側のイミグレーションで、入国審査に進みます。



イラン側への入国は想像よりもスムーズに進んだけど、

手の指の指紋を黒いインクで取られたのは変わってて面白かったな。


指紋を取られるのは犯罪者みたいで良い気持ちはしないけど。




一度パスポートを渡し、その後少し待たされ、

ぼく達にパスポートが返される。


そして近くの小窓のおじさんへ、再度パスポートを渡す。

(絶妙に無駄なやり取り)




小窓のおじさんはイミグレの何かの担当者かな?



奥さんと2人でおじさんがいる小窓に並んだんですが、

おじさんに「ちょっと君」と呼ばれました。


奥さんが半袖で露出が多めだったので、

「あ〜、厳格なイスラム圏はこのくらいでも厳しいよなあ」と思って見ていたら、




「違う違う。君だよ」

とぼくを指差すおじさん。



え?ぼくの方?

ちょっとびっくり。



この何の個性も無い見た目で、イミグレで引っかかったことも無いぼくに何の用?



ぼくのズボンを指差し、


「半ズボンはダメだよ!」とジェスチャーで教えてくれました。



長ズボンが暑くてズボンの裾をまくっていたのがダメだったみたい。




ズボンの裾を伸ばして見せると、

オ〜ケ〜イ(^∀^)

とニッコリ微笑まれた笑



ズボンかよ・・・一瞬焦っちゃった・・・







国境を抜ける時はいつも長い時間かかってしまうけど、

何はともあれ、


世界一周 26カ国目

イラン に入国!!


ぼく達には初の中東ですね。





146061_s

イラン側に入ったところで早速余ったトルクメニスタンマナトを両替します。



ぼく達が訪れた2018年はイランの通貨が暴落していて、

イラン国民には申し訳ないけど、かなり両替レートが良かったなあ。


確かアメリカとのいざこざのせいですね。


まあ今でもいざこざは続いていますが。




スクリーンショット 2021-02-14 20.18.09

参考にはならないと思うけど、上の図でぼく達の訪れた時期がピンポイントで暴落しているのが良く分かります。


ぼく達の3ヶ月前にイランを訪れた友人の3分の1の貨幣価値で、2021年現在の2分の1の貨幣価値です。


稀なことなので、今後ブログ内で登場する料金もそれを考慮して見ていただけると幸いです。






さて、両替に戻ります。


トルクメニスタンマナトは確か1マナトが5,500リアルで、

若干レートが悪かったです。


まあ国境の両替なんてこんなもの。





そしてUSドルの両替ですが・・・



100ドルが10,000,000リアル。

1千万リアル。



単位でかすぎて今後の計算が不安になります・・・


1ドルが10万リアルってことですね。




どうやら仲の悪いはずのアメリカのドルはかなり喜ばれるようですね。

何かが矛盾しているような。








1136775_m

そういえば事前情報でイランの通貨の注意すべき話がありました。


イランの通貨の種類に

リアルと、トマムがあること。


1リアルの10倍が1トマムというめちゃめちゃ分かりづらい表示方法。

どっちかで良くない?




例えば、お土産の料金が「100,000」と表記されていて、

100,000リアル(
ドルに換算すると1ドルだと思って買ったら、

100,000トマムだよ。10ドルだよ!って言われることもあるんだとか。


(説明しててもゲシュタルト崩壊しそうです)



詐欺のために作られたような設定でかなり不信感を持ってましたが、

ぼく達が訪れた時はほとんどがリアル表記でしたね。


数年前はトマム表記が多かったみたいですが、今はどうなんでしょ。


それでも毎回「リアル?」と聞くようにはしていました。









2. ぼく達のイランルート

ということで無事にイラン入国と、通貨をゲットしたので、

ぼく達のこれからのイランルートをご紹介します!



とは言っても、ぼく達が回ったイランの都市はかなり少ないです。


理由としては、インドをはじめとした過酷な世界一周の日々に疲れ、

ぼくが奥さんに

「ちょっと都市数を減らして欲しい…」とお願いしたからです・・・



イランを回った現在の感想としては、

イランめっちゃ好き。もっと居たかった。

ということで、都市数を減らしたこの判断は大間違いでした。



もっとちゃんと回れば良かった・・・

本当にもったいない。


ごめん、奥さん。






スクリーンショット 2021-02-03 16.08.06のコピー

ということで、マップでルートのご紹介。


トルクメニスタンのアシガバートから、

マシュハド→テヘラン→イスファハーンまで移動しますが、マシュハドもテヘランもバスを乗り換えただけ。

メジャーな都市を飛ばしてしまいました。


テヘランなんて首都なのに。 



そしてイスファハーンでようやく宿泊&観光。


その後、シーラーズを観光し、

アフワーズ経由でシューシュタルに泊まり、最後にタブリーズへ。



当時は物価も低く、街の雰囲気や現地の人々も素晴らしかったのに、

弾丸ツアーのように回ってしまいました。


完全に後悔(;´Д`)


いつかイランも再挑戦したいところです。





なんてお話をしていたら本編の前にかなり長くなってしまいましたね・・・


今回はここまでにしておきます。

次回は24時間以上かけた移動のお話をしますね!

 






↓ハローイラン!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ







それではまた(^∀^)



世界を楽しもう!


じゅん




↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Booking.com