batch_DSB01689

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。 

(今は日本で休憩中)




〈前回の記事〉にたくさんのポチをいただきました。

(ブログ村のランキング投票のことです)


奥さんの〈400回記念の記事〉以来にたくさんのポチを押していただいて、

夫婦ともども喜んで興奮しております。


INポイント順だと5位ですが、PV順だと2位でした。

(PVは登録していない方もいますけどね)


応援ありがとうございました (´▽`)!

今後もがんばって更新していきます。




(しかしなんであんなにINポイントが入ったんだろ...)

(もしかして、じゅん=腕毛が面白かったんだろうか...)

 



ただいま位!!

グッドボタンを押すと
ランキングが見られます♪
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村





今までのルート
現在65カ国!

台湾→タイ→マレーシア→韓国→中国→マカオ→香港→モンゴル→ベトナム→カンボジア→シンガポール→ブルネイ→インドネシア→オーストラリア→ニュージーランド→ラオス→ミャンマー→スリランカ
インド→バングラデシュ→キルギス→カザフスタン→ウズベキスタン(ブログは今ここ!)→タジキスタン→トルクメニスタン→イラン→アゼルバイジャン→アルメニア→ナゴルノ・カラバフ→ジョージア→イタリア→バチカン→サンマリノ→フランス→モナコ→スペイン→アンドラ→ポルトガル→モロッコ→西サハラ→モーリタニア→ドイツ→チェコ→スロバキア→オーストリア→リヒテンシュタイン→スイス→トルコ→ギリシャ→クウェート→バーレーン→UAE→オマーン→カタール→ブルガリア→ルーマニア→モルドバ→沿ドニエストル共和国→ウクライナ→ロシア→タタールスタン共和国→エストニア→ラトビア→リトアニア→ベラルーシ
 
 


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
 


↓ここからは2018年7月のウズベキスタンの記録です。 



ウズベキスタンブハラに滞在中。

マンホールサイズのピザを楽しんだら、いざ観光へ!!




↓ぼく達の中央アジアルートはこちら
スクリーンショット 2020-05-04 20.34.21
 







1UZS(ウズベキスタン・スム)=約0.014円 

(2018年 7月)





世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。
世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 
 
ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 




目次
1. ブハラはお土産屋さんがいっぱい!
2. さすが世界遺産!たくさんの観光スポット
3. 会いたかった人にまさかの再会! 






1. ブハラはお土産屋さんがいっぱい!

batch_DSB01610

本日はブハラ2日目

〈前日〉はブハラの綺麗なテラスでディナーを楽しんで来ました。





batch_DSB01614

ブハラの宿も朝食から。

ウズベキスタンは大体朝食付きでかなり助かっております。


こちらはパイ生地のサムサで、中身は確かひき肉でした。



サムサにお菓子とメロンが付いてましたが、

今までの宿と比べると少し見劣りするかな。


でも美味しかったので問題なし( ´_ゝ`)ノ







batch_DSB01617

さて、今日はガッツリ観光の日です。

そして夜には首都のタシケント行きの電車に乗らなければなりません。



限られた時間の中、

張り切って観光するぞー!



ブハラのレンガ壁は相変わらず良い雰囲気を出してくれてます。





batch_DSB01619

新しく作っているであろう家も、もちろんレンガ。


首都のタシケントは木造や鉄筋の家が多いように感じたので、

いまだに家屋の素材にレンガを使う所は、その土地ならではの文化を感じますね。


ブハラの歴史地区は世界遺産に登録されているので、街の雰囲気を守るためというのもあるかもしれません。





batch_DSB01623

レンガでできた門から見る町並みと青い空。

今日も晴れて良かったー。





batch_DSB01625

さあ、街の中心地に入ってきました。

この辺りはレストランやお土産屋さんが並ぶエリアです。


建物は新しく作ったというより、年代を感じる雰囲気。


恐らく元々あった家屋を、修復しながらレストランなどに活用しているんだと思います。





batch_DSB01628

あーなんて綺麗なレンガ調の建物。

修復はしてるんでしょうけど、当時の雰囲気を感じさせる素晴らしい造り。



レンガの色から、「金色の街」を感じさせ、

お土産屋さんが並んでいるこの雰囲気は

インドのジャイサルメールを思い出します。



ジャイサルメールのお話は→〈こちら〉






batch_DSB01626

ブハラはナイフの生産も有名らしく、いくつかナイフ屋さんも見られました。

少し反った刃が特徴的で、何となくアラビアン風な見た目です。


さすがに長期旅行で持ち歩く訳にはいかず、買えはしませんでしたが・・・




batch_DSB01630

陶器の皿やティーカップも可愛い!

こういう食器が似合う家に住みたいものです。




batch_DSB01632

たくさんの人形にお土産。

見てるだけでも楽しめます。




batch_DSB01633

お土産屋さん巡りはほどほどに、そろそろ観光しますかね。


はあ、しかし今日も暑い!
 
日傘を活用しながら直射日光を避けて観光しなければ。
 






2. さすが世界遺産!たくさんの観光スポット

batch_DSB01636

ガクシャン・メドレセ
Gaukushan Madrasah


移動中に何気なく撮った写真ですが、こちらも観光スポットだったようです。

人は少なく、ゆっくりできますね。


このようにブハラにはたくさんのスポットが点在しています。



※メドレセとはマドラサとも言い、イスラム教の神学校のこと




batch_DSB01640

そしてブハラでは、写真のような人口池をたびたび目にします。

もちろん入れませんが、池があるだけでも涼しい気分になるのは良いですね。
 



batch_DSB01643

これは何だったっけなあ。
 

多分モスクですが、変わった見た目ですよね。

ブハラにはイスラムの中でも少し変わった建造物が多い気がします。




batch_DSB01645

次の観光スポットに行く途中、またまたお土産屋さんエリアが。

ほんとにお土産屋さん多いな!




batch_DSB01648

日本人も増えてきてるのか、日本語で看板が書かれているお店もありました。

でも日本人はサマルカンドの方が多かったかな。




batch_DSB01650

しかしさすが歴史地区が世界遺産のブハラ。

どこを歩いていても絵になりますねえ。


ウズベキスタンの中ではサマルカンドやヒヴァの方が有名で、割と知名度が低めのブハラですが、

ぼく的にブハラはかなりおすすめです。




batch_DSB01657

こうやって歩いて観光スポットを回れるというのもおすすめポイントです。


街が広いとバスや電車を使って回らないといけませんからね。

乗り物移動って意外と疲れるんですよね。




batch_DSB01660

アブドゥールアジス・ハン・メドレセ
Abdulaziz-Khan Madrasah


このメドレセは、この次に紹介するウルベクグ・メドレセの目の前にあるメドレセです。


ウルベクグ・メドレセが建てられた200年以上後に建てられてたとのことで、

イスラム建築の変化が楽しめますね。




batch_DSB01670

ここはなんと言っても、

このファサードが美しい。


立体的なこの形が天井に向かうにつれ、まるで吸い込まれるようなデザインをしています。


この鮮やかな色使い、おそらく割と最近修復されたんだと思いますが、

綺麗ですね〜 (´▽`)





batch_DSB01678

建物前に居たマグネット売りのお姉さん。


なんと猫ちゃん付きです!

人懐っこくて可愛い猫ちゃんでした。




batch_DSB01669

ウルベクグ・メドレセ
Ulugbek Madrasah


そして先ほど紹介しアブドゥールアジス・ハン・メドレセの目の前にあるメドレセです。

なんと、中央アジア最古のメドレセと言われています。



確かに先ほどの鮮やかで派手なメドレセと比べると、

若干質素で時代を感じる造りですね。




この2つのメドレセの中はお土産屋さんだけみたいなので、

外観を撮影したら次の観光スポットに移動します。





batch_DSB01689

左)カラーン・ミナレット
Minaret of the Kalon

右)カラーン・モスク
Mosque of the Kalon



こちらのミナレット(塔)は、ブハラのシンボルと言っても良い有名な塔です。


高さ約46メートルでブハラで1番高い建造物となっています。

なのでブハラからなら、どこからでもこの塔が見えるんだそうです。
 



batch_DSB01712

このミナレットですが、以前は袋に詰めた死刑囚を塔の上から落として処刑していたんだとか。


そのため、死の塔と呼ばれていたそうです。 


おっそろしい(((( ;゚д゚)))




batch_DSB01691

このミナレットには
いくつか逸話があります。

そのうちの一つをご紹介します。



当時ブハラに攻めてきたチンギス・ハーンが、

この塔のあまりの高さに顔を見上げ、被っていた帽子を落としてしまいます。


そしてその帽子を拾い上げる時、頭を下げてしまいました。



「この塔は私に頭を下げさせた立派な塔だ。壊してはいけない」


そして当時破壊が売りだったチンギス・ハーンは、珍しくこの塔を残したんだそうです。 


なかなか面白い話ですね。





batch_DSB01700

カラーン・モスクの中に入ってみました。


入場料がかかるはずでしたが、係員が居なくてそのまま入れてしまいました。

ウズベキスタンの入場料、結構ずさんです笑


門をくぐると、周りが回廊で囲まれた中庭があります。




batch_DSB01704

この回廊には208本の柱があり、天井を支えています。


中はかなり広く、1万人の信者が礼拝できるそうです。


1万人の礼拝・・・すごい光景ですね。

機会があれば見てみたい。

 



batch_DSB01693

ミル・アラブ・メドレセ
Mir-i-Arab Madrasa


カラーン・モスクの正面に建つメドレセです。

ファサードの左右に青いドームの屋根が特徴ですね。


こちらは現役でメドレセとして使われているらしく、旅行者は入場できません。


ぼく達は見ませんでしたが、中を覗くことはできるみたいです。



目の前にカラーン・ミナレットがあるので、

ここの広場はブハラの写真映えスポットですね (´▽`)







batch_DSB01723

ここで一旦水分補給。

少ないですがたまにこういうお店が見つかるので、忘れず飲み物を買っておきたいですね。




batch_DSB01727

アルク城
Ark of Bukhara


少し歩いてアルク城まできてみました。


このお城は入場料を払って中も見た方が良いのかな?

外観だけでもかなり立派だし、外の写真を撮って終わりでも良いような・・・



気温の高さと、もうだいぶ観光スポットを回ってるのもあり、

観光意欲が下がってしまっていますね笑





batch_DSB01728

お腹も減っていたので、とりあえずアルク城の前のレストランで休憩することに。


こちらは以前タシケントの宿で出会った日本人の方からすすめられたお店。

リーズナブルに食事が楽しめるそうです。





batch_DSB01744

お店の雰囲気はかなり綺麗で気持ち良い。

テーブル席とお座敷が選べて、大人数でも大丈夫そうです。




batch_DSB01734

うう・・・

全く文字が読めない(;´Д`)



店員さんにメニューの説明をしてもらって、1人1品ずつ選んでみました。




batch_DSB01735

注文してしばらくすると商品が到着。


こちらがフライドラグマン

中央アジアで良く食べられているラグマンの、汁なしってところですかね。


10,500スム(約147円)



目玉焼きが乗ってるのは嬉しいし、味も悪くないんだけど

量も具も少なくて質素に見えてしまいます。






batch_DSB01736

こちらは店員さん曰く、ウズベキスタンヌードルとのこと。

8,500スム(約119円)



麺料理かなって注文したけど、思ってたより全然具が少ない・・・




batch_DSB01743

別皿に取り分けてみると、

気持ちばかりのヌードルと野菜、肉が入っていました。




味はうまい。かなりおいしい。

でもさすがに量が少なすぎる・・・




アルク城の目の前にしてはリーズナブルなので仕方ないですが、

もうちょっと量を増やしてくれると嬉しかったな。






3. 会いたかった人にまさかの再会!

batch_DSB01746

さて、時間も限られているので

一度アルク城はスルーすることに。


時間が余りそうなら後で城の中に入ってみようかな。



batch_DSB01748

ボロハウズモスク
Moschea Bolo-khauz



建物正面に20本もの柱が並ぶモスクです。

こちらもウズベキスタン内の建物としてはかなり珍しいと思います。




batch_DSB01752

柱はクルミの木が使われているらしく、柱に施された装飾も美しい。


しかしこの柱、耐久性が心配になる形をしています・・・

ポキっと折れないか心配(((( ;゚д゚)))



当時はハン専用モスクとのことで、王様専用のモスクだったようです。

なのでこんなにこだわっているんですね〜




batch_DSB01753-1

モスク周辺も撮影していると、

写真にある人物が写り込んでいました。


ちょっと拡大してみましょう。





BlogPaint

実はこの時、ぼく達は気付いていませんでしたが、

この男性はぼく達に気付いているようです笑




BlogPaint

もう少し拡大すると・・・

完全に気付いています!w




1067215_m

男性「スイマセ〜〜ン」


ぼく達「はい?・・・・あっ!!!」


ぼく達「ルーじゃん!!!」




そう実はこの男性、知り合いだったんです。


タシケントのゲストハウスで出会った中国人の男性で、


めちゃめちゃ・・・

めちゃめちゃ良い人!!!!!





それはそれは、中国人の中で1番良い人なんじゃないかというくらいです。


そんな彼でしたが、連絡先を聞けて無かったんです。

ぼく達が2日間くらいゲストハウスを空けてた間にチェックアウトしてしまっていて・・・







batch_DSB01755

「あーー!!久しぶりーー!!また出会えて良かったーー!!」


いやあ、縁がある人にはまた出会えるということですかね。


再会が嬉しすぎて、お互いの日焼けした足を写真撮ったりしてみました笑





batch_DSB01758

ルーはというと、ブハラに行く途中に出会ったウズベキスタン人の男性とブハラ観光中とのこと。


せっかくだし、この後一緒に観光しよう!という話になりました。


ということで、次回は4人で観光のお話です (´▽`)




そして、みんなであのウズベキスタン料理を食べたいと思います!!







↓世界一周中の再会は
 運命を感じます笑 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




それではまた・・・
.。゚+.(・∀・)゚+.゚



世界を楽しもう!


じゅん



↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Booking.com