batch_DSC01955

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。




最近コロナウイルスのニュースを良く目にします。

コロナウイルスのせいで、アジア人にビザが発券されない国も出てきたんだとか。

早く収束して欲しいな。
 




ただいま11位!!

グッドボタンを押すと
ランキングが見られます♪
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村





今までのルート
現在65カ国!

台湾→タイ→マレーシア→韓国→中国→マカオ→香港→モンゴル→ベトナム→カンボジア→シンガポール→ブルネイ→インドネシア→オーストラリア→ニュージーランド→ラオス→ミャンマー→スリランカ
インド→バングラデシュ→キルギス(ブログは今ここ!)→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→トルクメニスタン→イラン→アゼルバイジャン→アルメニア→ナゴルノ・カラバフ→ジョージア→イタリア→バチカン→サンマリノ→フランス→モナコ→スペイン→アンドラ→ポルトガル→モロッコ→西サハラ→モーリタニア→ドイツ→チェコ→スロバキア→オーストリア→リヒテンシュタイン→スイス→トルコ→ギリシャ→クウェート→バーレーン→UAE→オマーン→カタール→ブルガリア→ルーマニア→モルドバ→沿ドニエストル共和国→ウクライナ→ロシア→タタールスタン共和国→エストニア→ラトビア→リトアニア→ベラルーシ
 
 


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
 


↓ここからは2018年6月のキルギスの記録です。 



キルギスの都市ボコンバエバを拠点に観光をしているぼく達。

今日は、ちょっと変わった観光地に行ってみます。




イシククル湖周遊ルート図は→〈こちら〉 





1KGS(キルギス・ソム)=約1.6円 

(2018年 6月)





世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。
世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 
 
ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 




目次
1. ボコンバエバからスカスカに日帰り観光
2. 地層の摩訶不思議、スカスカの魅力!






1. ボコンバエバからスカスカに日帰り観光

batch_DSC01871

今朝は、明日に向かうトン村のユルタを予約してきました。

※ユルタとはキルギス版のゲルみたいなテントです。




その足で今日「スカスカ」という、ちょっと変わった観光地に行ってみます。




そこは地球の歩き方に少しだけ載っていた場所なんですが、

奥さんが異様に興味を示し行き方を調べました。




ボコンバエバからカラコル行きのマルシュルートカに乗り、途中で降ろしてもらうような行き方みたいです。


(逆にカラコルからボコンバエバ行きのマルシュルートカに乗って、途中で降ろしてもらう方法もあるみたい)






↓マルシュルートカ乗り場

 

上のボコンバエバマップの印、確かスーパーの前からマルシュルートカに乗りました。

CBTの道を挟んで向かい側ですね。



運転手にスカスカという名称だけでうまく降ろしてもらえるか不安だったので、

英語やキリル文字、写真などを準備して運転手に見せてみました。





マルシュルートカの運転手が理解してくれて無事に出発です。


最初1人100ソムを請求されたんですが、 調べてた値段より高すぎる!と思い交渉。

1人 60ソム(約96円)で行けることに。


ボコンバエバは何でも高い印象です。 






batch_DSC01878

スカスカに向かう途中に見つけたのは、

ユルタだ!


明日はこんな感じのテントに宿泊予定です。



でもこれは・・・ユルタが連なった壁?

なんだか謎な建物ですね。






batch_DSC01880

道を45分ほど進むと、このような看板の前で降ろされました。


一番上のキリル文字が「スカスカ」

“おとぎ話”という意味なんだとか。 


英語ではフェアリーテイルキャニオンと言うみたいですね。

おとぎ話や妖精の尾なんて、幻想的な名前です。






batch_DSC01881

さて、ここからスカスカに向けて30分ほど歩いて行きます。
 


これは最安値を目指すぼく達の行き方です。

この先は車も入れるので、ツアーやタクシーでも行くことができます。

ちなみにタクシーだと、ボコンバエバから往復送迎で1台1,500ソム(約2,400円)ほどかかるようです。 




↓スカスカの場所はこちら







batch_DSC01884

さて頑張って歩くか・・・。


奥さんは元陸上長距離選手ですからね、楽しそうですよ。

ぼくは(自転車乗りたい〜!)って考えながら歩きました。





batch_DSC01886

少し歩くと料金所があり、

1人 50ソム(約80円)を支払い入場します。



観光地としては安い方だと思います。

それも魅力の1つ。


料金を支払うと、係のお兄さんが手動で柵をあげてくれました笑




batch_DSC01888

うーん、どんより空が曇ってるな。

キルギスに入ってから晴れの日が多いから、曇ってるとハズレな気持ちになっちゃいます。





batch_DSC01898

段々と岩山が多くなってきました。


しかし、こういう安価な自然系の観光地にしては道路が綺麗。

もっとゴツゴツしててもおかしくないのに。





batch_DSC01904

ああ!

ヘビが死んでるΣ(゚д゚;)



・・・ヘビ出るんかいここ!

こわ・・・(;´Д`)

足元に注意して歩かなきゃ・・・




batch_DSC01906

周りの岩山の色が赤っぽくなってきたような。

これはスカスカが近いか!?




batch_DSC01907
batch_DSC01909

細い道から、開けた道に出てすぐに見えたのは、

またまたユルタ!


この辺りがスカスカの入り口のようですね。



あと何台か車が停まっていました。

ツアーか個人の車だと思います。




batch_DSC01911

小さなお土産屋も出ていて、可愛いグッズも売っていました。


左側の剣や鎧は、身に付けて撮影ができるよです。

レンタル代 100ソム(約160円)





batch_DSC01917

鎧のレンタルはしなかったですが、

可愛いてんとう虫がくっ付いてくれてました笑







2. 地層の摩訶不思議、スカスカの魅力!

batch_DSC01912

さて、それでは・・・

スカスカに登ってみます!


登るとは言っても登山のような事は必要なく、小高い丘に登る感じですかね。





batch_DSC01918

丘の上の方には、まるでステゴサウルスの背板のような岩が飛び出ています。


なんだあれは!?

上の景色はどうなってるんだ?






batch_DSC01927

丘の上から見えた景色は・・・


どどーん!

と、突き出した岩!?


なんだこれ!

どうなってるの!?




batch_DSC01955

なんと表現すれば良いのか分からないけど、

万里の長城のように、岩壁が2枚、山肌を伝うように飛び出ているんです。


上の写真の奥の山に注目すると、ずっと2枚の岩壁が続いているのが分かります。




これは自然の驚異・・・

いや、自然の摩訶不思議を感じる。






batch_DSC01932

その形は、乾燥侵蝕が生み出したとされていますが、

ぼくには左右から大地がズレてぶつかり、その衝撃で2枚の岩が飛びててしまったようにも見えました。





batch_DSC01942

キルギス、、

いや、世界に出てから自然に驚かされる事が本当に多い。


ヒトが、南極、宇宙、深海、人類未踏の地に興味が出る気持ちが分かるようになってきました。

 



batch_DSC01947

上から先程の入口が見えます。

こんなちょっと登っただけで、すごい景色に出会えます。



当時(今もかな?)あまり有名では無かったスカスカを、

「気になるから絶対行く!」と言っていた奥さんのセンスには脱帽です。






batch_DSC01951

岩肌には一応登りやすいように階段が掘られていますが、急な場所や滑りやすい岩もあるので注意が必要です。

実際ぼくも、転けてはいませんが何度も滑りました。



ではこのスカスカを、もう少し丘に沿って歩いてみましょう。





batch_DSC01956

少し歩くと、またさっきと全然違った表情を見せるスカスカ。


いや、ここまですごいとスカスカさんとお呼びした方が良いでしょうか。

(あまり期待せずに来てごめんね)





batch_DSC01962

赤や黄色、白の地層が交わり・・・


あれ?

間違ってレインボーマウンテンに来たっけ?


と錯覚してしまいそう。


 

(この時期のブログを読み漁っていましたが、本物のレインボーマウンテンは悪天候のためほぼ全員見られない状況が続いていました。それならスカスカにおいでよ!)






batch_DSC01961

いや、これはやっぱり摩訶不思議だわ。


地層好きの旅人が見たら興奮しそうな景色です。

(読んでる方で地層好きの方がいらしたら、興奮する景色かどうか是非聞きたいです)






batch_DSC01968

いや、めっちゃ良い景色とは言っても、

こんな所1時間もウロウロしてたら、

そりゃ、、疲れますがね。




batch_DSC01984

休憩してたら、先を行く奥さんに撮られました。

うーん、疲れたおっさんも絵になるスカスカさん。





batch_DSC02001

あれ?

外国人のおっさんの方が絵になるな。




何この人、地層学者? 冒険家?




ただの観光客のおじさんをグレードアップさせる、

さすがスカスカさん。






batch_DSC02003

スカスカさーん!

見てますかーー!!

ありがとーー!!(?)





batch_DSC02008

オラにパワーをーー!!

ホントにパワーが貰えそうなスカスカさんです。





batch_DSC02011

せっかくなので撮影会をやってみました笑



Facebookのトップにでもしたい画像です。

なんかほら、あの、世界一周してる感があるでしょ。

※ただの自己満です。



さて、撮影会 兼 休憩を終えたらまた歩きだします。





batch_DSC01997

流石に元々が大自然なため、人が歩けなさそうな岩壁もありました。


あくまで安全第一。

無理はしない無理はしない。





batch_DSC02015

うわあ、すごい・・・

川? これは川か?
 

分からん、もう凄すぎて何がなにやら。





batch_DSC02022

そろそろ帰りのマルシュルートカの時間も気になるのと、天気が怪しくなってきたので

スタート地点に戻り始めます。





batch_DSC02062

スカスカに着いてから約1時間半、

もうぼくもヘトヘトになってきました。


上の写真、まるで魔王の城からボロボロになって逃げ帰る勇者のようになっています。

勇者は盛り過ぎか、村人か。

 



batch_DSC02069


batch_DSC02074

今思い出しても、観光客が少なくてかなりの穴場スポットだったな。


ここが入場料50ソム(約80円)なんて信じられない。

大量の観光客に埋め尽くされる前に、是非来て欲しい場所ですね。





batch_DSC02078

ポツポツと若干ですが雨が降ってきました。


しかし心には満足感。

スカスカに来られて良かった!




batch_DSC02096

スタート地点に戻ると、

なんとホステルの文字が!



ここに泊まれるのか!?

そんなの最高!



スカスカと夕焼け、朝焼けなんて素晴らしい。





しかし、ボコンバエバに荷物置いてあるし、宿代高そうだし、諦めるか・・・


と、こんなダイナミックで幻想的な場所に来ても、急に現実に戻ってしまうぼく達。

夢が無いな笑




ここからまた30分ほど歩いて最初の看板まで戻りますが、帰り道も奥さんは元気。

さすが体力があるなあ。





batch_DSC02099

最初に降りたスカスカの看板まで戻り、

ボコンバエバ行きのマルシュルートカを捕まえ、無事に帰路につきました。


行きと同じ料金で
1人 60ソム(約96円)

行きと違い、帰りは普通に60ソムを請求されました。
 




ボコンバエバから往復交通費と入場料合わせて272円

日帰りで行ける 素晴らしい観光地 スカスカでした。




スカスカさん、ありがとーー!!

これぞネイチャー!!







↓楽しむコツは、期待せずに行くこと笑 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




それではまた━(゚∀゚)━!



世界を楽しもう!


じゅん



↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Booking.com