batch_DSC04984.52

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。




最近ぼくのブログをポチッと応援してくれる方が増えました!

本当にありがたい話です(/TДT)/ 
 

インド人とのバトルばかりで申し訳ないですが、

ランキングが上がるというのはヤル気に繋がっております!


みなさんありがとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚ 




ただいま14位!!

グッドボタンを押すと
ランキングが見られます♪
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村





今までのルート
現在65カ国!

台湾→タイ→マレーシア→韓国→中国→マカオ→香港→モンゴル→ベトナム→カンボジア→シンガポール→ブルネイ→インドネシア→オーストラリア→ニュージーランド→ラオス→ミャンマー→スリランカインド(ブログは今ここ!)→バングラデシュ→キルギス→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→トルクメニスタン→イラン→アゼルバイジャン→アルメニア→ナゴルノ・カラバフ→ジョージア→イタリア→バチカン→サンマリノ→フランス→モナコ→スペイン→アンドラ→ポルトガル→モロッコ→西サハラ→モーリタニア→ドイツ→チェコ→スロバキア→オーストリア→リヒテンシュタイン→スイス→トルコ→ギリシャ→クウェート→バーレーン→UAE→オマーン→カタール→ブルガリア→ルーマニア→モルドバ→沿ドニエストル共和国→ウクライナ→ロシア→タタールスタン共和国→エストニア→ラトビア→リトアニア→ベラルーシ
 
 


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
 


↓ここからは2018年5月のインドの記録です。 



バングラディシュからインドに帰り、

コルカタにお別れをしたぼく達。


いよいよインド人の聖地であるバラナシへ!

ああ、もうインド人と揉めたくないな笑 







1INR(インド・ルピー)=約1.6円 
※記事中ではルピーと表記 

(2018年 5月)





世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。
世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 
 
ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 




目次
1. オシャレさんなインド人
2. ブチ切れ事件で反省
3. 聖地バラナシに到着。リキシャーは安定の嘘つき
4. バラナシ散歩にでかけよう!






1. オシャレさんなインド人

今日のブログはオシャレなインド人女性の話から。

いくら宿敵だろうと、たまにはインド人だって褒めなきゃね。


BlogPaint

寝てるとこ勝手に撮って申し訳無いですが、

インドの女性ってオシャレさんが多いんですよね。


 



batch_DSC04983.23

伝統的なサリーに、ブレスレットやピアス、手の指輪に足の指輪まで!

確かに露天でもアクセサリーが大量に売られてますからね。




Screenshot_20191120-102801

奥さんのインスタ画像が分かりやすいので転載。

お金持ち、貧困層関係なくオシャレさんが多いのは本当にすごい。

いつも身だしなみに気を付けているんですよね。

そこは尊敬に値するなあ。







2. ブチ切れ事件で反省

そんな敬意を持ちつつも、

また朝からインド人に怒ってしまいました・・・



もはやここまでくると自分が情けない。

感情のコントロールが出来なくなってるんです。







d7d3b1f26b22fdfe2522aadbbe77144f_s

例えば、感情という桃があるとします。


普段は理性という皮が桃を包んでうまくまとまっているんですが、

インド後半あたりから皮がベロ〜ッと向けて桃が剥き出し状態なんですよね。


剥き出しだから、時間が経つごとに傷んで変色したりして。






この例え、逆に分かりづらいか。

何で桃に例えたんだろ・・・


でも本当にそんな感覚なんです・・・







インド人に怒った話に戻しますね。




昨日の夜1時に乗車した電車内での出来事。

まあ日付が変わって今日なんですがね。



BlogPaint

電車に入り荷物を片付けた後、夜中大音量で映画を見始めたインド人が現れ、

音が小さくなり始めた2時頃。

ようやく休めるー!と寝ていたら、

朝6時に足を叩かれ起こされました。




3段ベッドの2段目に寝てたんですが、何事かとビックリして降りるぼく。
Σ(゚д゚;)




するとインド人、

「座りたいから君のベッドを畳んでくれ」


※2段目のベッドを畳むと一番下のベッドに座れるような仕組みなんです。






え?何それ。



今…6時だけど!?


周りみんな寝てるけど!?


4時間しか寝てないんだけど!?
 



そんなことで…君らそんなことでぼくを起こしたの?







寝起きも相まって、ぼくの感情の桃が爆発。

ヾ(。゜▽゜)ノ桃汁ブシャ−−−!!







ed459e39370a854b912065502aaeae83_s

ナウ イズ シックスオクロォォオオック!!
(今は6時です)


アイ ウォント スリィィィイイプ!!
(私は寝たいです)


ウェイトナインオクロォォオオック!!
(9時まで待ってね)


 ピーーーーーーーー 
(訳自重)






いきなりブチ切れてカタコトの英語を叫ぶアジア人アラサー男性。


さすがのインド人もビックリ。




「オ、オーケーオーケー。プリーズスリープ…」

と素直に寝させてくれました。




今思い返すと痛い!痛すぎるぞじゅん!

冷静に話せば良いじゃないか。

あー恥ずい。




相手がインド人だろうとどんな人か見極めずに怒るなんて...

これで相手が良い人だったら明日めっちゃ気まずいぞ。





batch_DSC04983.59

結果:めっちゃ良いインド人家族でした。




ごめんよおおおおお!!!
。・゚・(ノД`)


 

目が覚めてからもめっちゃ後悔。

罪悪感も出てくる・・・





batch_DSC04983.31

奥さんに懐く子ども達。

めっちゃ可愛いです。





batch_DSC04983.35

日本語で名前を書いてあげる奥さん。

奥さん人気ヤバイ。





BlogPaint

奥さんの席人気過ぎヤバイ。



batch_DSC04983.41

奥さんだけ下の席に呼ばれて、奥さんがふと上を見ると上からも視線が・・・





Screenshot_20191119-231735

インスタのストーリーにも上げたんですが、

奥さんが人気なのに対し、ぼくには1人も寄り付かず。




悪かった!!

おれが悪かったよ!!




おれのところにもインド人来てくれーーー!!






そういえばこの後、「日本のお金無い?」と聞かれ、「あるよ!」と答えると、

一気に10人くらいに囲まれ、鯉のエサやり状態になったなあ。

お金が無くなると奥さんの元へ戻っていくインド人達。

一瞬インド人集まったけど、そういう事じゃないんだよな・・・





batch_DSC04983.44

このインド人家族はめっちゃ優しい人達で、

たくさん食べ物を分けてくれました。





batch_DSC04983.47

これは少し前に車内販売で食べたことがある「チャナ」!

大量に持っていたため、恐らく自家製のようです。



(実はこの後少しお腹を壊してしまいました...生物の食事は避けたほうが良いかもしれません)





batch_DSC04983.51

あま~いお菓子の塊も。

少しずつ砕いてみんなで分けて食べるようです。





batch_DSC04983.61

どんどん出てくる。

めっちゃ飯をもらうぼく達。





batch_DSC04983.68

目の前でどんどんお菓子を作るインド人。

どんどん食べ物を渡してくれて、お腹いっぱいのぼく達。


ずっと会話してくれて、奥さんにインド風のヘアセットもしてくれました。

そして最後に奥さんへ髪留めクリップのプレゼントまで・・・


この家族、出会ったインド人の中で一番優しかったなあ。


(それなのにおれと言ったら・・・罪悪感)







3. 聖地バラナシに到着。リキシャーは安定の嘘つき

BlogPaint

優しいインド人家族と別れ、


9時間30分遅れで、

19時にバラナシに到着!




長かったー!ヽ(TдT)ノ

出発が5時間遅れて、電車自体も4時間半遅れるってキツイわ。

実際に電車に乗ってた時間は18時間ですからね。






batch_DSC04983.77

バラナシ駅は今までのインドの駅以上に

人で溢れてる。




batch_DSC04983.78

駅の外にもこんなに人が!

お祭りでもあったのか?って状況。


もしかしたら電車の遅れにも関係してるかもしれませんが。




batch_DSC04983.79

さあ、ホテルがあるガンジス川付近まで急がなきゃ!

早く休みたいけど、予約したホテルを探す時間もあるし気を抜けないな。




batch_DSC04983.80

駅からガンジス川周辺のゴードウリヤーという交差点を目指すのですが、

交差点までは距離があるため、早速リキシャーに交渉。


観光客狙いの高め料金設定で、めちゃめちゃしつこいリキシャー達をかいくぐり、ようやくまともな料金のリキシャーを発見。


確か2人で80ルピー(約128円)くらいだったような・・・





batch_DSC04983.81

しかしこのリキシャーのおっちゃん。

乗ってしばらく走ってからゴチャゴチャ言ってきます。



なにやら「〇〇までは行くから、途中からは歩いてね」みたいな事言ってるような。



聞き取りづらい英語なので良く分かりませんが、

「ゴードウリヤーという交差点まで行ってね!」と念押し。


乗った後から行き先を変えるなんてダメでしょ!






BlogPaint

すると悪い予感があたり

おっちゃんは目的の交差点のだいぶ手前でぼく達を降ろしました。




いやいや、だから話が違う!
 

「リキシャーはこれ以上入れないんだ!」と言い張るけど、

目の前をどんどんリキシャーが通っていく。


インド人って何ですぐバレる嘘をつくんでしょうか。

カレーに虚言癖になるスパイスでも入ってるのか?





おっちゃんと揉めてるとここでも、「どうした?何かあったか?」と、見知らぬインド人達が横入りしてきます。


最終的に「この運転手はこの先の道には入りたく無いみたいだぞ?」って・・・


知ってるわ!
だからそれで揉めてるんだっつのヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

余計こじれるわ!w




「最初交渉した交差点まで行かないと、お金は払えない!」と強く訴えると、


やれやれ・・・

みたいなリアクションののち、ようやく交差点まで連れて行ってくれることに。




やれやれはこっちのセリフなんだが・・・







batch_DSC04983.82

交差点に向かって進んで行くと、まあまあの渋滞。

あー、だからこの運転手はこの道に入りたく無かったのか。



だからってこっちが折れるつもりはないけどな。

行くのが嫌なら交渉時にちゃんと言いなさいよ。



とりあえずリキシャーに乗せれば、後でどうにか丸め込めるって舐められてんだろうな。





batch_DSC04983.85

交差点でリキシャーから降り、
ここからマップを頼りに探し始めます。




しかしバラナシの街は入り組んでおり、ホテルの場所が分かりづらい!

何ここ!?

迷路!?



荷物を引きずりながら、2人で入り組んだ街を探すのは効率が悪い。

お店が並ぶ明るめの場所で奥さんに荷物を見てもらい、ぼくが1人でホテルを探しに行くことに。




そして何とかホテルを発見!!


場所が分かったので奥さんの元へ戻ろうとすると、

「スタッフを一緒に行かせるから、荷物を持たせて」と宿のオーナー。

「お金無いから良いよ。」 と断るも、

「フリーで良いよ。」とオーナー(神)



おお、あなたが神か!!






batch_DSC04983.86

結局スタッフが一緒に来てくれて、奥さんの荷物を持ってホテルまで向かってくれました。

マジでめっちゃ助かる。



道が悪いから、キャリーじゃきつそうだったんだよな。

ってか20kgあるキャリーケースを担ぐってすごいな。





batch_DSC04983.87

SUNRISE LODGE(サンライズロッジ)という宿に到着ー!!

あー、もう21時だよ!


電車の遅延に嘘つきリキシャー、夜からホテル探しなんかで疲労困憊。


ホテル情報はまた別記事で。




batch_DSC04984.1

5月のバラナシはとても暑く、夜もなかなかのもの。

そんなバラナシの暑さ対策アイテムがこちら。


でっかい箱型のファンで、中に水を入れて使うようです。

水の涼しさを利用して、風を冷やすみたいなんですが、まあエアコンには敵いません。

なんとなーく、涼しいような?って感じ。





batch_DSC04984.3

電車で使ってたマスクを見ると、めちゃめちゃ汚い・・・

ミャンマーの時もそうでしたが、電車内の空気悪すぎて怖いわ笑



ミャンマーの話は→〈こちら〉




まあ無事にホテルに付けたので、一安心。

今日はもう寝よう。







4. バラナシ散歩へでかけよう!

DSC04984.7

ベッドで寝られて、ようやく移動の疲れがとれました。

インドでは移動がかなり多いですからね。

まあ慣れるんですが。



近所でカレーが売ってたので朝ごはんに買ってきました。

チャパティみたいなパンを買うと、カレーが付いてきます。


パン1個 6ルピー(約10円)

つまり写真のセットで20円。安い。


辛かったので、奥さんはパンのみでしたが。






batch_DSC04984.9

宿併設のレストランに出ると、

なかなか開放的!


奥に見えるのはガンジス川

これは贅沢です!

 
 


batch_DSC04984.19

この左の男性が宿のオーナーさん。


あった瞬間「トモダチ〜トモダチ〜」と言ってきて、

「マイフレンド〜」みたいなインド人が苦手なぼく達はかなり警戒しましたが、

さっき書いた通り荷物運びのスタッフを手配してくれたり、実はかなり良い人でした。


疑ってごめんオーナー。



ではバラナシ散歩に行ってみますか!





batch_DSC04984.16

宿から出てすぐガンジス川に行くことができます。

これは本当に良いロケーションです。





batch_DSC04984.34
batch_DSC04984.39

前述しましたが、バラナシの街は狭く入り組んでいて迷路のよう。

それでいて人も多く、歩くのが困難な場所もあります。





batch_DSC04984.21

その上この街は、こんな階段道も多いんですよねー。

なのでぼく達のようなキャリーケースの旅行者にはなかなか辛い。


バックパッカーではない普通の旅行者にも出会いましたが、宿のスタッフに運んでもらってる人も結構見かけました。




batch_DSC04984.24

牛もたくさん見掛けますが、檻に入れられてる子は珍しい。

大体の子は外を自由に歩いています。





batch_DSC04984.26

今日は初日なので、観光というよりただ歩くだけにしています。

移動と観光を詰め込むと、疲れが蓄積していきますからねー。





batch_DSC04984.28

野良ヤギちゃん発見!

奥には野良人みたいな人達も笑


バラナシではそこらじゅうに人が寝ています。

まあ、暑いからねー!







batch_DSC04984.46

昨日リキシャーと揉めた交差点に行ってみましょうかね。




batch_DSC04984.51

この交差点は車通りが多いせいか、警察がドシッと構えています。

混沌としたインドの治安を守るため、がんばっています。





batch_DSC04984.52

そしてその交差点には有名なラッシー屋さんの並びがあります。

なんとマリファナ成分入りの「バングラッシー」なるものも売られているそう。


おいおい、

警察は治安なんて守ってないじゃないの。


そんなものが警察の近くで普通に売ってるって、なかなかヤバイ。



まあインドの神シヴァが大麻が好きだったらしく、この街では容認されているようなんですよね。

よく分からない理屈ですがw

 



batch_DSC04984.67
batch_DSC04984.79

作ってる所を見せてもらうと、

なんとこれがバングラッシーの材料らしい。


この緑の泥みたいなものをヨーグルトなんかと混ぜるみたいなんだけど、禍々しい見た目。




値段が気になって(癖ですw)聞いてみると、

ミディアム(緑の液体スプーン1杯)
40ルピー(約64円)

ストロング
(緑の液体スプーン3杯)
50ルピー(約80円)

マハラジャ(緑の液体スプーン10杯)
200ルピー(約320円)

クッキー(マリファナ成分入り)
100ルピー(約160円)



と、かなり安めに感じました。



ブログで見かけたんですが、実際に高濃度のマハラジャバングラッシーを飲んで、ぶっ倒れた人もいるらしいので、危険な代物かもしれないです。

バラナシでは大人から子どもまでサクッと飲んでいくらしいですが・・・





batch_DSC04984.60

葉っぱで包まれた噛みタバコ屋さんもありましたが、

バングラッシーに比べたら健全に思えますね。







batch_DSC04984.82

牛と人が仲良く水飲んでる微笑ましい光景。

バラナシでも牛は大切にされています。


まあバラナシも道に牛のフンがめっちゃ多いけど。




さて、今日はそろそろ帰ります。






batch_DSC04984.101

宿に帰ると、中で何やらお祭りらしきことをやってました。


音楽と歌で盛り上がってます。

歌ってるのはオーナーさん。




お祭りだからか、「君たちもご飯を食べてって!無料だよー」と言ってもらえ、出されたご飯が・・・





batch_DSC04984.94

マジでうまそう!!!

お祭り最高!!

神宿だったわ(゚Д゚≡゚д゚) 


ってか久々にまともなご飯食べた気がする。





batch_DSC04984.97

しかも食べ放題とか、マジで神かよ!

ありがたくいただきましたよ(´▽`)


おいしかったー!




batch_DSC04984.93

他の宿泊者とともに輪になって食事も良いですねー。


西洋系の観光客が多く、アジア系は見当たりませんでした。

日本人はやっぱり、有名な日本人宿のサンタナに行くんでしょうか?






batch_DSC04985.1

部屋に戻る時に、何とフルーツやお菓子までもらっちゃいました!

いやー、この宿良いわあ。



幸先良い聖地バラナシでした!










↓え・・・まさかホントに聖地?
 ポチッと応援お願いします。 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




それではまた.。゚+.(・∀・)゚+.゚



世界を楽しもう!


じゅん



↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Booking.com