batch_DSC01462

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。





久しぶりにブログを書くと色々気付くことがあります。
 
 
ブログを書く大変さを思い出したり、久々だとパソコンで文字を打つスピードがめちゃめちゃ遅くなってることに愕然としたり、

写真を見て思い出す、世界の素晴らしさだったり。


ああ、この写真たちを見ながらその時の情景が思い浮かぶように、おれはブログを書いているんだった。

と思い出しました。





今までのルート
現在65カ国!

台湾→タイ→マレーシア→韓国→中国→マカオ→香港→モンゴル→ベトナム→カンボジア→シンガポール→ブルネイ→インドネシア→オーストラリア→ニュージーランド→ラオス→ミャンマー→スリランカ
インドバングラデシュ(ブログは今ここ!)→キルギス→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→トルクメニスタン→イラン→アゼルバイジャン→アルメニア→ナゴルノ・カラバフ→ジョージア→イタリア→バチカン→サンマリノ→フランス→モナコ→スペイン→アンドラ→ポルトガル→モロッコ→西サハラ→モーリタニア→ドイツ→チェコ→スロバキア→オーストリア→リヒテンシュタイン→スイス→トルコ→ギリシャ→クウェート→バーレーン→UAE→オマーン→カタール→ブルガリア→ルーマニア→モルドバ→沿ドニエストル共和国→ウクライナ→ロシア→タタールスタン共和国→エストニア→ラトビア→リトアニア→ベラルーシ
 
 


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
 


↓ここからは2018年5月のバングラデシュの記録です。 



今回で混沌の国バングラデシュの記事は終わりです。

あとはご飯記事を紹介するくらいですかね。



2泊5日のバングラデシュ。
(車中泊2日)


短いようでかなり濃い内容になったと思います。 






1BDT(バングラデシュ・タカ)
=約1.3円 

(2018年 5月)





世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。
世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 
 
ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 




目次
1. ダッカの鉄道駅へ
2. 鉄道3アワートリップ
3. さらばダッカ。さらばバングラ






1. ダッカの鉄道駅へ

batch_DSC01235

バングラデシュ名物、「車の渋滞」をホテルのベランダから見ながら

ぼく達の朝は始まります。


でも思ってたよりは渋滞具合がマシでしたね。

昔はもっとすごかったのかな。





batch_DSC01240

一度チェックアウトしてから最後の観光に向かいます。


ホテルのフロントに荷物を置かせてもらいました。

一応スタッフの目もあるし、ワイヤーもつけたし、盗られないと信じたい・・・





batch_DSC01242

今日の観光地へ向かうため、バスに乗ろうかリキシャーに迷います。


各国で乗るローカルバスも意外と好きなんですよね。





batch_DSC01254

まあかなり渋滞してるし、リキシャーの方が早いだろう!

ってことで、リキシャーを選択。




BlogPaint

今日はかなり暑いので、日差しよけに屋根を出してもらいました。


当たり前だけど、屋根を出すと狭い!笑

しかしだいぶ涼しくなるので、暑い日にはおすすめですね。





batch_DSC01271

リキシャーで移動中も、バングラはぼく達を飽きさせません。

落ちたら怪我必至の大穴が空いていたり・・・





batch_DSC01275

雨が降ると巨大な水たまりができてしまったり・・・





batch_DSC01684

そんな巨大水たまりの中に・・・


あーらら・・・


リアカーが横転しとる。




batch_DSC01683

なんかめちゃめちゃ切なくなる瞬間に立ち会ってしまいました・・・


せめて水がない所だったらよかったのにね。

しかも荷物は紙っぽいし。





batch_DSC01288

リキシャーで到着したのは、

ダッカの鉄道駅!


ぼく達、海外の鉄道に乗るのがかなり好きです!



街なかから鉄道駅まで

2人でリキシャー60タカ(約78円)でした。






batch_DSC01320

海外で出会った知り合いや、他のブロガーさんもおすすめしてたので

ジョイデブプール(Joydevpur)という駅まで行って、そのまま帰ってくるルートを選択。


日帰りだと敷居も低くて良いですよね。




※ネットで読み方を探してJoydevpurをジョイデブプールと表記していますが、現地ではジョイドプルと呼んでたような気もします。





batch_DSC01323

窓口で並んでいると・・・




「マネーマネー!」

と物乞いの子どもたちが絡んできました。



「無いよーごめんね。」と断っても、

「マネー!!」としつこい。





めんどくさくなって無視していると、




650976

自分の鼻をつまんで「べ〜〜〜っ」と舌を出してどこかに去っていきました。






べ、別にこんなことでイライラなんてしないけど・・・


・・・・・



あー、何もあげなくて良かった!!
(# ゚Д゚)イラッ







前日にも街なかで袖をずっと引っ張ってくる、悪ガキ3人組みたいな物乞いの子ども達がいたけど、

あまりにしつこいので大人気なく怒ってしまったな。




バングラでは、大人は良い人に出会うことが多かったけど、

子どもは微妙だった印象。







batch_DSC01330

とりあえず窓口でチケットは買えました。


何だこのチケット。

文字が全く読めんぞ。



ダッカ鉄道駅→ジョイデブプール駅

1人 45タカ(約59円)






batch_DSC01336

駅のホームは、


あれ!?

意外ときれいで広い!



これは予想外。





batch_DSC01344

インドの駅なんて きったないのが多かったけど、

予想を遥かに上回る綺麗さ。


逆になんで街なかはあんなにゴミが散乱してるんだ。






batch_DSC01346

ホームの端っこにはプレイルームがあり、

沢山の人達がお祈りをしていました。


この光景は、さすがイスラムって感じですね。





BlogPaint

鉄道の発車時間までホームをウロウロしていると、

すぐに人だかりに囲まれます。


これはバングラあるあるですかね。





BlogPaint

「セルフィーで一緒に写真撮ってー!」と言われるので、

便乗して「ぼく達のカメラでもお願い♪」と撮ってもらいました。






BlogPaint

インドのサリーとも違う伝統衣装。

アバヤかな?

みなさん鮮やかできれいですね。





BlogPaint

こちらは、お父さんが「俺たちと一緒に撮ってくれ!」とノリノリなのに対して、

子どもが嫌がり過ぎててちょっと気まずい写真でした笑








2. 鉄道3アワートリップ

batch_DSC01370

さて、時間になったので出発しますか!

ぼく達が乗った時間は15:05頃でした。


すでにたくさんの人が乗っていて、まだ空きはあるものの

車体の上にも人が乗っています。







batch_DSC01376

電車内の雰囲気を撮りたくて、パシャッと一枚撮ってみると、

ほとんどの人がこっち見てるっていう・・・


なんかすんません・・・




batch_DSC01379

車窓からの景色も撮っていきましょう。

都市部と都市部の間は自然豊かですね。





batch_DSC01382

自然の景色も良いんだけど、都市部の景色も刺激的です。


インドやミャンマーで鉄道に乗った時も感じたけど、

地方の街の雰囲気や、貧富の差が車窓から一気に見られるのも鉄道の醍醐味だと思います。



ミャンマーの鉄道のお話は→〈こちら〉





batch_DSC01386

街を駆け巡っているリキシャーが大量に置かれています。


駐輪場?

修理工場?




batch_DSC01417

ここからは綺麗なビル群が見えるな。

バングラにこんなオフィス街みたいな所があるのか…




batch_DSC01436
batch_DSC01440
batch_DSC01442

どの景色も新鮮で、見てて飽きないな。

ここまで飽きない国も珍しいです。




batch_DSC01457

そんなこんなで乗車して1時間ちょい。

目的の駅へ到着しました。





batch_DSC01478

ジョイデブプール駅。


ここで観光する訳ではなく、鉄道に乗ることが目的なので、

少し滞在したらそのまま折り返します笑





batch_DSC01477

ダッカの駅に帰る前に、駅周辺を少し見て回ります。


何だか怪しい市場?も見えますね。

もう少し時間をとってこの付近を観光してみるのもアリだったかも。





batch_DSC01462

駅に止まっている電車の屋根に、たくさんの人が!


インドで見れると思っていて、なかなか見られなかったこの景色に、

まさかバングラで出会えるとは!

感動!


みんな、電線に触れないようにねー!笑







batch_DSC01489

線路上にたむろする人達。

これも、ここの日常なんだろうな。




batch_DSC01490

バングラは子どもが元気なんですよねー。


少年「おれの写真撮って!」

奥さん「イイよ!パシャッ」

少年「マネー!ニコッ」

奥さん「え!?」

別の少年「やめろバカ!ペチッ」

少年「デヘヘ」


なんてコントみたいなこともありました笑





BlogPaint

バングラでは珍しい、日本語を喋る人も発見!

帰りの電車を教えてくれたり、めっちゃ親切でした!


インドでは旅人に日本語をしゃべるインド人が多かったけど、みんな旅人相手の商売目的な感じがしたなあ。





batch_DSC01503

屋根の上でも商売していますねー!


ってか、こんな風に屋根に登るんですね。

自分で登る勇気は出なかったけど笑




そう言えば噂によると、切符のチェックは車内でしか行わないらしく、屋根の上は無料という話もあるけど・・・





batch_DSC01483

少しの間でしたが、ジョイデブプール駅を楽しみました。

今日の夜行バスでダッカから出るので、そろそろ帰らなきゃ!


チケットはダッカ鉄道駅まで1人50タカ(約65円)。

なぜか来た時より少し高い。





batch_DSC01582

出発は17:10でした。

この駅で買うチケットには英語が書いてあるんですね。





batch_DSC01517

少し高いからか、来た時より車内のランクが上がったみたい。

しかし中は大混雑ですね。





batch_DSC01535

帰りも車窓からの景色を楽しみます。

座った席は来た時と同じ席だったけど、今回は窓際の席に座れたので、より景色が見易く新たな発見がありました。


自然と建物が融合した、美しい村も見られました。





batch_DSC01561

・・・と思ってたら何だこれ!!

ゴミで埋め尽くされた大地が(((( ;゚д゚)))



ゴミの廃棄場なのか?

とにかくすごい量。

ゴミの丘だな。



ハンターハンターの流星街か!と奥さんと盛り上がりました笑







batch_DSC01597

辺りも少し暗くなり始め、線路沿いの市場もライトで彩られます。


アクセサリー屋さんの並びなのか、普段街なかであまり見られない女性も多く見ることができました。


南アジアの女性は、おしゃれが好きですね。






batch_DSC01610

こっちは住居ですね。

バングラでは、みんなで輪になって喋っている様子を見ることが多いですね。




batch_DSC01656

帰りも1時間ちょいでダッカの鉄道駅に到着。


ダッカ15:05→ジョドプル16:10

ジョドプル17:10→ダッカ18:15


総時間 3時間ほどの鉄道旅でした!

時間的にもサクッと行けるので、車窓からの景色が好きな方にはおすすめです。





BlogPaint

ダッカに到着して、また写真ラッシュ!笑

みんな写真が好きだなー。



さあ、預けた荷物を取りに一度宿に帰ります。







3. さらばダッカ。さらばバングラ

batch_DSC01240

宿のフロントに預けた荷物も無事で、バスの時間までまだ余裕があったので

フロントの奥でカメラの充電をさせてもらったんですが・・・






batch_DSC01701

すごいケーブルとホコリの量・・・

こんなんいつ火事になっても知らんぞ・・・


さすがはバングラクオリティといった所でしょうか。





batch_DSC01704

ホテルからバス会社まで向かうんですが、


以前行ったショドル・ガットという港の手前に目的のバス会社があります。



歩いても行けるんですが、2kmくらいはあるので路線バスに乗ってみました。

1人10タカ(約13円)なので、暗い道を歩くよりおすすめですね。



「ショドル・ガットに行く?」って聞いて乗車し、バス会社近くのバス停で途中下車しました。




ショドル・ガットの記事は→〈こちら〉






batch_DSC01720
batch_DSC01722

バス会社に到着。

小さい会社です。

見た目や位置が変わっている可能性があるので、前もって場所を確認しておいた方が良いですね。






場所は確かこの辺り。

ストリートビューが古いので、確証は得られませんでしたが...






batch_DSC01719

ダッカから国境付近の都市、ベナポール行きのバスチケットをゲット。


1人550タカ(約715円)

来たときのバスと同じ料金でした。


22:00に出発です。




インドからダッカへ来た時と、全く同じルートで帰るので


ダッカから長距離バスでジェッソールへ

ジェッソールのバス会社からリキシャーで
ベナポールへ 
ベナポールから徒歩で国境へ
国境を超える インド入国
国境からリキシャーでバンガオン駅へ

バンガオン駅から鉄道でインド:コルカタ市内へ



こんな感じで戻ります。






batch_DSC01723

22:00前にバスが到着!

いつも意外と時間には正確なバングラでした。




batch_DSC01728

あああああ・・・・

このバスに乗ると思い出す。




ベナポールからダッカへの行きのバスは、猛スピードで車線構わず爆走する

殺人夜行バスでしたからね・・・




怖すぎて今回は一番前の席は避けましたが、心配すぎる。




殺人夜行バスの話は→〈こちら〉







batch_DSC01731

ぼく達の夜行バスも動き出し、ダッカの街にもお別れです。




batch_DSC01733

名残惜しくバスからボロボロのバスを眺めます。

この派手なリキシャーも思い出の一つです。





この夜行バスは、行きの殺人バスと違いかなり普通の運転!

これが本当に嬉しかった。

命の危険を感じずに移動できるっていう普通の喜び。




しかしこればっかりは運ですからね。

変な運転手に当たらないようにするには、少しでも高いバスに乗れば回避できるのかな?






batch_DSC01757

またまたバスごと船に乗り、川を超えていきます。




batch_DSC01763
batch_DSC01765

思えばこれも不思議な光景なんですよね。


船に車ごと乗るなんて今や当たり前な気もするけど、

バスが何本も、しかもこの小さめの船に乗ってるって・・・


もしかして重量オーバーなのでは、と思わせる写真です。




あと、衝撃的だったのが、

奥さんがマップアプリで調べたところ、

この川、ガンジス川の下流のようなんですよね。

インドで長い時間を過ごしてきた身からすると、なんか感慨深いです。 






batch_DSC01856

再度陸に上陸し、ベナポールに向かい進んでいきます。


石炭?を積んだでかい車両。

後ろからモクモクと煙を吐き出して、アスファルトの道路でも作ってそうな見た目です。






BlogPaint
※画像をクリックでモザイクが取れます。
 刺激的ですのでご注意を。


どわぁーーーー!!!

これはインドではありえない光景ですが、

牛肉屋さんですね。



何がありえないって、肉の切り身だけでなく牛の首まで置いてあるところ・・・


刺激強いな!笑









batch_DSC01891

ベナポールに到着し、長距離バスも終了。

何事も無く無事着いて良かった。





batch_DSC01894

リキシャーに交渉し、国境まで向かいます。

「インドに行きたい!ボーダー!」と言えば分かってくれます。


ベナポール バス会社→国境

2人で30タカ(約39円)






batch_DSC01919

国境へ戻ってきました!

これから、あの憎きインドへ戻ります。





batch_DSC01924

バングラを出国する時、2度出国に必要なお金を支払いました。

事前に別のブロガーさんの記事を読んでいたので、そのお金は確保済みです。


1度目は1人42タカ(約55円)


これはターミナル使用料ですかね。





BlogPaint

そして2度目は500タカ(約650円)

バングラにしては高い気もするけど・・・





BlogPaint

ちょうど国境部分で最後に写真を撮りたくて、

周りのスタッフに写真撮って良い?と聞くと

「オッケーオッケー!」とのこと。 


ゆるい笑


国境って「写真ダメ絶対!」みたいな国も多いけど、ゆるくて助かります。







これでバングラデシュともお別れ。

今回はダッカだけだったけど、他の都市にも行けばよかったと思えるほど心地良く、刺激的な国でした。



これは人それぞれ感じ方が違うと思うけど、

ぼく達はインドと比べてバングラのほうがストレスが少なく、とても過ごしやすかったです。


騙してくる目的の人も出会わなかったし、お店や物売りも全然しつこくない。


そんな小さなことの積み重ねがストレスを感じさせるんだな、と実感しました。






一つ例を出すとこんなことがありました。


◯インドの場合

インド人「君のその簡易充電器いくらしたの?」

じゅん「3,500ルピーだよ(約5,600円)」
インド人「へー!かっこいいね。これ好きだわー、気に入った!」
じゅん「・・・」
インド人「いやー、かっこいいな、これ気に入ったわー、ちょっと貸してよ」
じゅん「まあ少しなら・・・」
インド人「これ欲しいな。くれない?」
じゅん「イヤだよ。」
インド人「今君が食べてるタリー(80ルピー 約128円)おごるからさ」
じゅん「(なんでやねん)いや、無理だよ。絶対無理。」
インド人「じゃあこれ中古だから300ルピー(約480円)で買うよ」
じゅん「いやいやいやいや、返して。」



仲良くなったと思ったら、こんな手のひら返しも珍しくなかったです。





◯バングラデシュの場合

バングラ人「君のそのパソコンはいくらしたの?」
じゅん「!(疑心暗鬼)」
じゅん「・・・900ドルだよ(正直)」
バングラ人「へ〜〜!」


・・・終了。

(値段聞きたかっただけかっ!)





いや、こんなんバングラ好きになるわ!

(インド批判ではなく、正直な感想です)





まあ他の旅人に聞くと、

インド大好き!でもバングラでは悪い人ばっかりだった。バングラ嫌い。


っていう人もいるので、タイミングや出会いにもよると思います。


どの国も好きになれるのが一番良いとは思いますけどね。






とりあえずぼく達がバングラデシュに対して思ったのは、

街はインドより汚いが、
人の心はインドより綺麗。








ありがとうバングラディシュ!

また来るよー!!。・゚・(ノД`)





↓癒やしのバングラ。
 また訪れたい国です。 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




それではまた.。゚+.(・∀・)゚+.゚



世界を楽しもう!


じゅん



↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Booking.com