batch_DSC01081

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。




かなり久々の記事更新になります。

いやー、久々に記事を書くとなかなか大変!

良く今までこんなに書いていたな、と自分を褒めたくなりますね。 


とりあえずがむしゃらに書いていかなければ・・・
 




今までのルート
現在65カ国!

台湾→タイ→マレーシア→韓国→中国→マカオ→香港→モンゴル→ベトナム→カンボジア→シンガポール→ブルネイ→インドネシア→オーストラリア→ニュージーランド→ラオス→ミャンマー→スリランカ
インドバングラデシュ(ブログは今ここ!)→キルギス→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→トルクメニスタン→イラン→アゼルバイジャン→アルメニア→ナゴルノ・カラバフ→ジョージア→イタリア→バチカン→サンマリノ→フランス→モナコ→スペイン→アンドラ→ポルトガル→モロッコ→西サハラ→モーリタニア→ドイツ→チェコ→スロバキア→オーストリア→リヒテンシュタイン→スイス→トルコ→ギリシャ→クウェート→バーレーン→UAE→オマーン→カタール→ブルガリア→ルーマニア→モルドバ→沿ドニエストル共和国→ウクライナ→ロシア→タタールスタン共和国→エストニア→ラトビア→リトアニア→ベラルーシ
 
 


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
 


↓ここからは2018年5月のバングラデシュの記録です。 



前回までのブログで、バングラのカオス感は多少分かってもらったかと思います。

バングラ記事一覧は→
こちら 



今回はまたいくつかバングラの首都ダッカの観光をしてきます。







1BDT(バングラデシュ・タカ)
=約1.3円 

(2018年 5月)





世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。
世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 
 
ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 




目次
1. 次の観光地へ!リキシャーと揉める!?
2. スターモスクに日本の絵?
3. 過去を考え思うこと






1. 次の観光地へ!リキシャーと揉める!?

BlogPaint

さあ、〈前回の記事〉でダッカで泊まっている宿周辺のカオスさをご紹介させていただきました。

今日は少し移動して、オールドダッカと呼ばれているエリアに行ってみたいと思います。






batch_DSC00998

リキシャーに乗ってどんどん進んでいきます。


車の間もギリギリの隙間を縫っていくんですよ。

なかなか便利。





batch_DSC01001

リキシャーに乗ってる最中も、向こうからピースしてくれます。

そんな時は写真を撮らせてもらったりするんですが・・・




あれ!?

右の人、Tシャツのイラストうんこじゃん!笑



意味分かって着てるのかな?







BlogPaint

リキシャーの運転手に許可をもらって一緒に撮影!

めっちゃカメラ目線!






batch_DSC01006

ぼく達はリキシャーに乗る時、

まずは目的地を伝えて金額の交渉します。


そして金額が確定してから乗るようにしています。

その方が目的地に到着してから揉めないですからね。





batch_DSC01015

はい、目的の観光地に到着。

運転手さん、ありがとう!



ぼく達の乗った時は、だいたい1km30タカ(約39円)くらいだったり、3kmで30タカだったりするので、

30タカくらいが最低料金だったりするのかもしれません。




ただ、こういった観光地前でスタンバってるリキシャーは高いことが多いです。

交渉しても、「そんなんじゃ無理無理〜(笑)」とか言われるんですよ。


流しのリキシャーだと英語が通じないことが多いですが、流しの方が断然安いですね。

英語が通じない時のために、あらかじめ行きたい観光地の現地語を用意しておくといいですね。






BlogPaint

運転手と記念写真撮ってただけなのに、


背景が色々とカオス。






BlogPaint

そのカオスな1人が奥さんと写真を撮りたがり、撮ってあげると・・・

かなり近いですね怒



バングラではこういう風に、奥さんに触れてくる人が少なかったので油断しちゃいました。


インド人じゃないんだからやめなさいよ。






batch_DSC01024

そして目的の観光地はこちら。

AHSAN MANZIL MUSEUM
アーシャンモンジールミュージアム




閉まってました・・・
(;´Д`)



看板のスケジュールを見ると開いてるはずなのに。

もしかすると、ラマダンが関係してるのかもしれません。




仕方ないので、閉まってる門の所から

撮れるだけの写真をとっておきました。







batch_DSC01021_

すごいピンク!!

混沌とした街並みとのギャップもすごい。


ピンクパレスとも呼ばれるこの建物は、ダッカの領主だったナワブという人の住宅宮殿だったようです。



さすが領主、宮殿に住むとは。



そしてゴミひとつ落ちていない。

敷地の外とのギャップがすごいぞ!






batch_DSC01023

敷地内には入れなかったけど、門の外側からでも意外と中が見えて良かった!

割と満足です。


(むしろ内部のミュージアムより、外観が人気の観光スポットのようです)







BlogPaint

よし、次の観光地へ移動しましょう!


ピンクパレス付近のリキシャーは高かったので、

流しのおじさんに交渉してみました。



交渉もできたので、出発進行!





batch_DSC01034

こんな無茶な混雑の中進んでくれてますからね。

リキシャー様様ですよ。





batch_DSC01039
batch_DSC01040

途中竹でできた檻のような荷台を運ぶ男性。


なんか子ども入ってるけど!?

なにごと!?



まあ檻の上は開いているので、人身売買ではなさそうですが笑






batch_DSC01043

路地には食べ物屋さんが並びますが、

ラマダン中だからか、あくまでひっそりと。





batch_DSC01045

んー、いやそんなにひっそりとしてないか。

普通に売ってる店もあったな。


その場で食べなければ、買うのはありなのかもなあ。





batch_DSC01072

途中ぬかるみで進みづらい道も、リキシャーのおっちゃんががんばってくれました。





・・・そんなおっちゃん。

いざ支払いになったら、最初交渉した料金の2倍くらいを請求してきました。



いやいや、待ってくれ。

あとから料金を変えるのは無しでしょ。



運転手と少し揉めてしまいました。








すると・・・



男性「おいおい、どうした?」



出ました。

英語得意お節介おじさん。






前の国、インドの路上で揉めると、こういうおじさんがかなり出てくるんですよね。



ぼく達の話を引っ掻き回すだけ引っ掻き回して、

最終的にインド人同士で手を組んで敵になるパターンが多すぎましたからね。

警戒心が高まります。







最初はその男性に「助けは必要ない」と仲介を断ってたんですが、

すでに運転手と話し始めていたので、一応ぼく達も成り行きを説明。






今までのインドなんかのパターンだと・・・


横入りインド人「この運転手は◯◯ルピー欲しいって言ってるよ?」

ぼく達「うん、んなこたぁ知ってるわ!!」



っていうパターンばっかりだったんです。

だから全く期待してなかったんです。






しかしバングラの英語得意おじさん、

「うんうん。確かに運転手の言う◯◯タカは少し高いね。」

「でも、今はラマダン中で、この運転手もお腹が減っている状態でがんばっている」

「なので、間を取った料金にしてあげてくれないか?」








f4b39aa578082a675a9ea141c495da1a_m


・・・・めっちゃまともなおっちゃんじゃん!



これだけで、

バングラすげぇぇええ!!
(゚∇゚ ;)!!!!


って感動しましたよ。





普段なら交渉した料金を後から変えるってのはおかしいことだと思うんですが、

なんというか、妙に納得できる言い方で提案をしてくれました。



今までのインド人とのギャップもあったんでしょう。

素直に感心してしまいました。




ということで、間を取った料金を支払い、お礼を言って去りました。








ぼく達は普段もちろん価格交渉はしますが、基本大事なのは金額じゃないんですよね。

(もちろん金額も大事なんだけど)



その地域の物価で、そのサービスで、その金額に見合っているのか。

「納得ができるか」ってことが大切だと思っています。




その料金が高くたって、納得ができれば無理に変な値引きはしないようにしています。






そういう意味では、今回のこのおっちゃんの提案は素直に納得できて

気持ちよく支払うことが出来ましたね。









2. スターモスクに日本の絵?

batch_DSC01077

さあ、若干揉めながらも到着したのはこちらのモスク。

スターモスクと呼ばれる場所です。


残念ながら改修工事中だったのか、ところどころブルーシートで覆われていました。






いざ入ろうと思ったら、奥さんが止められてしまいました。

どうやら入れない模様・・・


こちらの入場は男性のみなのかな?

それとも奥さんの服装がNGだったのかな?



仕方ないので、ぼくが一人でカメラを持って行ってきます!







batch_DSC01081

入ってすぐに見える噴水は、大きな星型!

さすがスターモスクと呼ばれているだけあるなあ。



子ども達の遊び場になってますね。







batch_DSC01092

そして芝生に、長〜〜いゴザ。

おそらくこちらでもお祈りできるようなってると思います。






batch_DSC01084

奥のモスクにはおっちゃん達が座りながらダベってました。
 
市民の憩い場って感じですね。


この奥の建物内がお祈りスペースのようです。





batch_DSC01088

では入ってみましょう!

いつも奥さんと二人で行動してるので、一人だとなんだか緊張しますね。





batch_DSC01086

お祈りスペースの中です。

みなさん、目の前のタイルの壁方向に向かってお祈りしていました。







batch_DSC01087

そして情報通り、このタイルの中に

富士山らしき絵が描かれていました。



こんな辺境の地で日本っぽい絵を見つけると嬉しくなりますねー。




ということで、外で奥さんと合流しモスクを後にしました。






3. 過去を考え思うこと

batch_DSC01096

モスクの周りにマンションが立ち並んでるんですが、

遠くの窓からぼく達を見つけ、手を振ってくれてる人たちが!





batch_DSC01097_

おおーーーい!!
( ´_ゝ`)ノ’’



ぼく達も手を振返したら、喜んでくれてました。


こういうコミュニケーションも旅の醍醐味ですね。





batch_DSC01099

そのまま街歩きに出かけたんですが、

公園ではクリケットが行われていました。


インドでもそうでしたが、南アジアではサッカーや野球よりクリケットが盛んなようです。






batch_DSC01109

歩いているだけで刺激的なバングラ。

まるで映画の世界に迷い込んでしまったかのような錯覚に陥ることも。







batch_DSC01128

電線は激絡まってるわ、人間のすぐ横を車がビュンビュン通るわ、

危険なこともあるにはあるんだけど、

それも含めて刺激的なんだよな。





batch_DSC01133

大量の桶を頭に乗せて歩くおばちゃんも、

周りにゴミやらなんやら多すぎて、いまいち目立たないという不思議。


すごいなバングラ。





batch_DSC01158

露天を覗いて見れば、座っているお兄ちゃんが、

これまた良い笑顔!


バングラは人の良さに癒やされますねー。





batch_DSC01184

こんなに人が良いと思われるバングラデシュでも、テロが起きます。

近年では減っているにしろ、2016年に起こった日本人も犠牲になったテロは記憶に新しいです。




batch_DSC01198

情勢や政治の細かい話は分からないけれど、

どんな国でも油断しない気持ちや、危ない所を避ける注意力が必要だと思います。


そのためには事前にその国の情報をある程度知っておくことが大事かと。




とは入っても「危険かもしれない」と言えばどの国も危険だし、

ある程度の線引きは必要で、その線をどこで引くのかは人それぞれだと思います。



ぼく達は今回、現在のバングラデシュの短期滞在ならOKと判断しましたが、

時期が時期なら行かなかったかもしれません。







batch_DSC01226

とは言え「見てみないと分からない」のは事実。


バングラデシュ人がこんなにハートフルでフレンドリーと知れたのは嬉しかったな。



とことんカオスで色々めちゃくちゃだけど、

不思議とまた行ってみたい国になってしまいました。





混沌と刺激を求める人は、ぜひ。






↓同じ南アジアでもこんなに違うものなのか!
 なあインド人よ! 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




それではまた(^∀^)



世界を楽しもう!


じゅん



↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Booking.com