batch_IMG_1384

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。




ただいまブログではバングラデシュ編に入っていますが、

リアルタイムのリトアニアで、

またまた
ビザトラブルが勃発してしまったので少しそのお話をさせてください。
 





↓今まであったビザトラブル

スクリーンショット 2019-04-17 4.24.43

スクリーンショット 2019-04-17 4.22.03







世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。
世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 
 
ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 





まずですね、

ベラルーシビザのお話の前に、


トランジットビザの
盲点のお話をさせていただきます。




バルト三国リトアニアに入ったぼく達。

次に目指すはベラルーシという国です。



この国は陸路で入国する場合ビザが必要で、

旅行者の多くは比較的取得しやすい「トランジットビザ」を取って入国し、別の国へ抜けていきます。




このトランジットビザ

トルクメニスタンのトランジットビザが有名だと思いますが、

これはAからBに行く際、間にあるあなたの国を通らせていただきますよっていう通過用のビザなんです。


多くの旅行者は、この通過用ビザを使って、通過だけではなく観光までしちゃうというのが暗黙の了解です。





そこで、こちらのマップをご覧ください。




BlogPaint

当初ぼく達は現在地のリトアニアのヴィルニュスから、ベラルーシのミンスクを通過し、ポーランドのワルシャワまで行く予定でした。


ベラルーシビザは入国・出国の交通手段を予約してからでないとビザが下りないらしいので、

鉄道とバスのチケットを購入し、万全の状態でベラルーシ大使館に申請に向かいました。




しかしですよ、

大使館でいざビザを申請しようとしたら、このルートはトランジットビザでの通過が不可だと言われてしまいました。



そう、理由はリトアニアとポーランドが隣接しているから。

マップの赤い点の部分ですね。

ベラルーシさん的には「いや、うちを通過しなくてもポーランドに行けるじゃん」ということなんです。





なんてこったい。
(((( ;゚д゚)))





隣接してることも何となくは知ってたけど、ベラルーシを経由できるって思い込んでました。




いやいや、トランジットビザって通過用のビザだけど、街を観光するってためもあるじゃん?っていう、旅行者の暗黙の了解ルールの中だけで考えていたのが間違い。

ベラルーシ的には「トランジットビザで観光はできない」っていう大前提があるんですよね。



なんというか、盲点というか、基本的なことを忘れていました。





BlogPaint

ちなみに正しいトランジットビザでの通過の仕方は、紫線のウクライナ行きのようなルート。

リトアニアからはベラルーシを通過してウクライナへ入れるから、通過用ビザを申請できるということです。






batch_IMG_1432
batch_IMG_1430

ということで、購入済みだった鉄道のチケットを返金しに行きましたよ・・・

他にも色々問題が出てきて、結局入国・出国のチケットを全部キャンセルし、キャンセル代だけで2人で2,000円超えちゃいました。









そしてここからが本題。

ベラルーシのビザ取得が、以前と比べて難しくなってる!?というお話です。


ここからは実際に行った写真と一緒に説明します。





batch_IMG_1384

リトアニアにあるベラルーシ大使館。

ここでベラルーシのトランジットビザを取得した旅人もたくさんいます。


そんなありがたい経験談をブログで見て、ぼく達もやって来ました。

ブログ情報によると、割と簡単に、しかも申請の次の日にはトランジットビザが発行されるそうなんです!




batch_IMG_1385
 
まずはベラルーシ滞在に必要な保険に入ることから始めました。


大使館前にいくつかある建物で短期の保険に入ることができます。

ぼく達も写真一番右側の保険屋さんで3日間2.2ユーロ(約275円)の保険に入りました。





batch_IMG_1390

保険屋さんによっては30日間の保険もあるようで、何軒か回ってみるのも良いかもしれません。


こちらでパスポートなどのコピーもやってもらいました。

コピー1枚0.15ユーロ(約19円)




BlogPaint

必要書類を集めました。





・・・あ、もう一つ必要なものが。




batch_IMG_1405

それがこのビザ申請フォーム


ぼく達がお願いした保険屋さんの隣の店で、ビザ申請フォームをプリントアウトしてもらいました。


これに書き込んで申請に行くはずなんですが・・・


この辺りから、以前の情報と違ってきます。






batch_IMG_1396
batch_IMG_1399

入り口横で整理券を受け取り、呼ばれるのを待ちます。

その間にボールペンで申請フォームを記入していきます。





すると申請待ちの別の女性が、


「手書きじゃダメよ。コンピュータで打ち込んだものをプリントアウトしなきゃ」


と、サラッと驚愕の事実を教えてくれました。





そんなこと他の人のブログのどこにも書いてなかったし、それがホントなら時間もかかるし今日の申請が怪しくなってきたぞ汗


女性は先ほどの保険屋の並びを指差し、「あそこにあるお店で記入してもらうの。記入代は7ユーロ(約875円)だったわ」と教えてくれます。




なんてことだ・・・


いつからコンピュータでの記入が必要になったんだ。

在日ベラルーシ大使館では、現在手書き対応のはずだから、リトアニアのルールが変わったのか?





念の為大使館前の張り紙をよく読む。



batch_IMG_1408

まず営業時間。

文字が読めないんですが、以前より営業時間が短くなってる気がする・・・




batch_IMG_1407

そしてこれが一番の問題。



ビザの申請をしてから発行までが通常5営業日かかるという張り紙。



念のため周りの人に聞いても、ビザ取得に5営業日かかると言われた。

早めに発行してもらうのには追加料金が必要とも言われました。



日本人はビザ発行無料のはずだけど、この場合どうなるんだろう。

分からないことがどんどん増えていく・・・





とにかく、

大使館で直接確認するしかない!






batch_IMG_1400

ようやく自分たちの番号が呼ばれ、建物の中に入ります。


外で2時間近く待ったよ。

こんなに待つものなのかな?





c96749650ed1b23a5bd22d4b7458fd87_mのコピー

中で窓口の職員に、まずはポーランド抜けの話をする。


「ポーランドへ行く場合はトランジットビザを発行出来ないわ。観光ビザをとりなさい」と軽くあしらわれる。



ここで上で話したトランジットビザの盲点に気付きました・・・






そして肝心のトランジットビザの発行までにかかる日数を聞く。


「5営業日よ」


えええええええええええ!!!
(;´Д`)





翌日(もしくは翌々日)には発行されると聞いていたトランジットビザ。

リトアニアで取得するベラルーシビザの取得が、以前より厳しくなってるのか?







もう一つ質問。

申請フォームは手書きで良い?コンピュータで入力が必要?


「コンピュータ入力が必要よ」



えええええええええええ!!!



なんかやっぱり以前と話が変わってきてるな。







もっと詳しく聞きたかったけど、トランジットビザで観光しようとしてる風なのが良くなかったのか、

「あなた達はポーランドに行きたいんでしょ?トランジットは無理!終わり!」と質問をシャットアウトされてしまいました・・・









本当にビザ取得に5営業日が必要なのか?

それともなんとかなるのか?



今日ビザ申請できなかったし、全ての予定が崩れてくるー!!
(;´Д`)






ぼく達はビザ待ちのための滞在費・滞在日数などを考慮し、

結局空路でベラルーシに入国することにしました。


空路なら30日間ビザ無し滞在が可能ですからね。





ベラルーシ・・・

余計な出費が増えたぜ・・・







・・・ということで、今からリトアニアでベラルーシのトランジットビザ取得を考えている方はご注意ください。

以前のように簡単には取らせてくれない可能性があります。



またまたビザでトラブったというリアルタイム記事でした。






↓ビザトラブルに清き一票を・・・
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




それではまた。・゚・(ノД`)



世界を楽しもう!


じゅん



↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Booking.com