batch_DSC04224

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。




リアルタイムは
エストニアです。


今日は雨が降っていたので、思い切って観光はやめて

猫カフェに行ってきましたー!(*´∇`*)

可愛かったー!
 




今までのルート
現在62カ国!

台湾→タイ→マレーシア→韓国→中国→マカオ→香港→モンゴル→ベトナム→カンボジア→シンガポール→ブルネイ→インドネシア→オーストラリア→ニュージーランド→ラオス→ミャンマー→スリランカインド(ブログは今ここ!)→バングラデシュ→キルギス→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→トルクメニスタン→イラン→アゼルバイジャン→アルメニア→ナゴルノ・カラバフ→ジョージア→イタリア→バチカン→サンマリノ→フランス→モナコ→スペイン→アンドラ→ポルトガル→モロッコ→西サハラ→モーリタニア→ドイツ→チェコ→スロバキア→オーストリア→リヒテンシュタイン→スイス→フランス→トルコ→ギリシャ→クウェート→バーレーン→UAEオマーン→カタール→ブルガリア→ルーマニア→モルドバ→沿ドニエストル共和国
→ウクライナ
→ロシア→タタールスタン共和国→エストニア(リアルタイム)
 
 


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
 


↓ここからは2018年5月のインドの記録です。 



今回はデリーでイメチェンしたぼくのお話。

そしてコルカタに向かいますよー! 







1INR(インド・ルピー)=約1.6円 
※記事中ではルピーと表記 

(2018年 5月)





世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。
世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 
 
ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 




目次
1. コルカタ行きのチケットを購入
2. 物売り・物乞いの子どもが最悪!
3. じゅん、イメチェンする
4. デリーからコルカタへ






1. コルカタ行きのチケットを購入

〈前回の記事〉でデリーに来てから全然観光に行ってないぼく達。

とことん観光意欲が湧きません。



とりあえず今日はコルカタ行きのチケットでも買うか!

ということでニューデリーの鉄道駅へ。

 


batch_DSC04055

やっぱり駅はインド人がいっぱい笑

まあでもいつもよりは少ない方ですね。





batch_DSC04056

チケット売り場は建物の2階にあったんですが、

奥さんが以前このチケット売り場に来た事があるらしく、場所を覚えていました。



場所を知らずに変な人に聞いてしまうと、違う建物に連れて行かれる可能性があるそうなのでご注意を。


また駅員の中にも、賄賂を受け取って詐欺グループの建物に誘導する人がいるらしいです。

めっちゃ怖いですね。





batch_DSC04057

ここでもいつもと同じように、リザベーションフォームに必要事項を記入して提出します。

分からなければ、名前と出発日と行き先を書いて、後は窓口で聞けば大丈夫だと思います。

(おそらく)




batch_DSC04209

ニューデリーからコルカタ行きのチケットをゲット!

なんと24時間移動!


1人 920ルピー(約1,472円)でした。








2. 物売り・物乞いの子どもが最悪!

batch_DSC04063

観光とは違いますが、

奥さんのカメラのフラッシュの調子が悪く、カメラ屋が無いかなー?と

コンノート・プレイスにやってきました。


ここは様々なショップが並び、デリーで買い物と言ったらここ!というくらい有名なエリアらしいです。


しかし詐欺ツアー会社もあるらしく、コンノート・プレイスにある会社だからといって安心してはいけません。






batch_DSC04065

有名アパレルやチェーン店などが並ぶこのエリア。

インドとは思えないくらい綺麗なんですが、肝心のカメラ屋が見つかりません。






batch_DSC04066

地下?に入るゲートを見つけたので入ってみました。




batch_DSC04071

おー、中も広い。

大小たくさんのお店が並び、買い物客で賑わっています。




batch_DSC04069

中でご飯を売ってたりするんですが、ニオイがこもらないのかな?


このエリアに事前に調べておいたカメラ屋があったんですが、

「直せるかどうかはカメラを分解してみないと分からない。」と言われてしまいました・・・ 

カメラに内蔵されたフラッシュだからカメラごと分解になるのか・・・


それは怖い。

インド人は分解に関して自信ありそうだったけど、他の場所まで壊れたら厄介。

やめておきました。

インド人を信じる事ができませんでした笑







コンノート・プレイスには物売りの少年がちらほら居て、

バラの花なんかを売ろうと近づいてきます。



まずは奥さんに近づく子ども。


「ママ〜〜〜〜ママ〜〜〜〜」


こんなこと言いながら近づいて来るんですよ。




そう言えばムンバイにいた物乞いの子どもも

「マァマ〜〜〜〜パァパ〜〜〜〜」

と言いながらぼく達の袖や腕を引っ張って来ていました。




ぼく達の事をパパ ママと呼んで同情を引くというやり口。

しかし、産んだ覚えもない見知らぬ子どもにそんなこと言われても・・・

ちょっと嫌な気持ちになったぼく達には逆効果の方法みたい笑





そしてこの「ママ〜〜」って言ってくる子どもが、

物売りや物乞いの中でも特に質が悪かったです。




コンノート・プレイスにいたバラを持った少年。

「マァマ〜〜〜〜マァマ〜〜〜〜」と言いながら

通り過ぎる奥さんに、バラの花をバシッと当ててくる。



そうそう、そのバラも枯れてるんですよ・・・

ちゃんとした物を売れよ・・・



奥さんは無視してトイレへ。

ターゲットは奥さんからぼくへチェンジ。



それでも無視すると・・・





BlogPaint

持ってたバラの茎をちぎって、ぼくの方に投げるフリ。

下をベロベロと出して挑発してきます。






イラッッ(# ´_ゝ`)


ほ、ほう。

うまいじゃないか、挑発が。




インド人に苛ついてる今の精神状態にずっしりくる良い挑発じゃないですか。







BlogPaint

おれがドラゴンボールのナッパだったら、

クンッってやって東の都みたいにデリーを消滅してるとこだわ。





良かったな!

おれがナッパじゃなくてな!







実際子ども相手だし、怒ることもしませんでしたけどね。

めっちゃイラっとしたけど。

あ、本物はイラストの200倍くらいイラつく顔です。







batch_DSC04103

はぁ〜イライラするな。

マジでインド人をどうやったら好きになれるか分からない。

真剣に考えながら宿方面に帰ります。




宿近くに戻ってオムレツパンでも食うか。


一番お気に入りのオムレツパン屋が開いてなかったので、

三番目くらいのオムレツパン屋へ。




調子乗りインド人「お!フレンド〜!お前のオーダーなら知ってるぜ!ノンスパイシーだな!おれが作るぜ〜」


調子乗りインド人2「おいおい、なんだよお前ら。ブラザーかよ?w」





うっさい!!

誰がインド人とブラザーだよ!!
(#^∀^)





インド人とぼくの戦いは続く・・・







3. じゅん、イメチェンする

batch_DSC04130

今日はインドでやりたかった事のひとつ、

髪を切る!をやってみたいと思います。


他の方のブログを見ると、インドで髪を切って失敗してる人が多かったので、

うまく切ってもらえるか心配!





BlogPaint
BlogPaint

ボサボサに伸びた髪。


今回はインド人のお任せで・・・

なんて事はせず、ちゃんとオーダーして、バッサリ切ってイメチェンしてみます笑



名付けて、

旅人ヘアスタイル!



残るインド制覇に向けて、形から入ってくぜー!




BlogPaint

インド人に身振り手振りや、スマホでヘアスタイルの参考写真を見せながら説明。

店員さんは慣れた手つきでヘアカットをすすめていきます。





BlogPaint

お、どんどん完成に近付くぞ!

なかなか手際良い!





BlogPaint

完成!

旅人ツーブロック!


デコ広っ!





BlogPaint

おい!

襟足ヘルメットみたいにするなや!



「襟足はナチュラルにグラデーションみたいにしてくれ」って言ったんですが、

「絶対これが良い!」と頑なで、インド人美容師のプライドを垣間見ました。




BlogPaint

しかし概ね要望通りだったので満足!
 
自分のオデコの広さは想定外でしたが、自分の責任なので何も言いません。


これで100ルピー(約160円)なら安い!

今回はシャワー無しですが、シャワー有りなら150ルピー(約240円)みたいです。




ちなみにこの髪型、やる前から奥さんには大不評です。

でもやる!と押し通しました。


これでぼくも旅人の仲間入りだ!

(勘違い)






batch_DSC04182

髪切ってスッキリしたし、

非常食のお菓子買って、鉄道駅に向かうぞー!







4. デリーからコルカタへ

batch_DSC04183

結局大きな観光はせず、街散策で終わったデリー。

まあ楽しかったですけどね。


この後また別の都市を回って、飛行機に乗るためにデリーに帰ってきます。





batch_DSC04185

詐欺師が多いことで有名なニューデリー駅前も、

なぜか全然詐欺師が居なかったな。


奥さんが以前来た時は「チケットを見せろ!このチケットは無効だ!」ってやつが多かったみたいだけど。

もうその手口だと食べていけないのかな?





batch_DSC04191

ホームに突如現れたフリートイレット。

なんだこの雑さは笑




batch_DSC04193

そしてコルカタ行きの列車に乗って愕然。



人が多すぎる!!!


おかしいおかしい!

席の数に対してインド人の数が多すぎるよ!





batch_DSC04200

なぜか一つの席に複数人座っている。

まあいつもそうなんだけど、今日はより人が多いな。



前も思ったけど、家族で1つだけスリーパークラスの席を買って、

あとは席が決まっていないジェネラルクラスを買ってるんじゃないのかな。


で、席があるスリーパークラスにみんなで座っているとか。


まあよくわからん。






batch_DSC04211

そしてインドの列車名物、

ご飯の売り子さん。


チキンビリヤニなんかも売ってるけど、100ルピー(約160円)以上したりして結構高いんですよね。

これは街中のお店と変わらない位の値段。

車内販売の方が安いイメージだったから意外でした。





batch_DSC04214

大量の野菜を持ったおじさん。


売り子さんは商品名なんかを叫びながら歩いてきますが、

かなり早歩きの人もいるので、声がしたら早めに見てみましょう。


寝転んでる状態で、声がして起き上がったらもう居ないってことも多々あります。





batch_DSC04221

炭焼きなのか、ちょっと焦げたコーンを持った少年も。




batch_DSC04222

これはラッシーかな?

車内は暑いので、食べて大丈夫かどうかは自己判断で。





batch_DSC04224

こちらのおじさんが持ってる豆が気になって名前を聞くと

「チャナ!」と教えてくれました。


あとから調べるとチャナ豆を使った料理みたい。





batch_DSC04226

1つ注文すると、手際よく豆や調味料を混ぜて作ってくれました。




batch_DSC04231

チャナ? 料理名はなんだろ。

1つ 10ルピー(約16円)


発芽豆のサラダのような感じですかね。

特別美味しくはないですが、クセになる味ですね。

健康的な味でした。





batch_DSC04239

ゆで卵を見つけたら即買い!!


ほっとくと辛い塩で味付けされるので、

奥さんの分は塩なしで。


余ってたマックの塩をかけて食べます。





batch_DSC04252

インドの列車ご飯も食べられて満足。

奥さんはゆで卵だけでしたが。



この後もずっとお腹の調子は悪かったので、インド列車飯はおすすめはしません笑





batch_DSC04256

そして結局17:00頃に到着する予定だったのが、

遅れに遅れて22:30。


5時間半遅れでようやくコルカタに到着。


まあ今回は列車の中で寝ながら待ってたので楽でしたが。

宿も予約してなかったし。





batch_DSC04257

コルカタ駅は人で溢れています。


夜から街なかに向かって宿探しはきつかったんで、

仕方なくコルカタ駅で朝を待つことに。


駅員に24時間開いてるか聞くと、開いてるとのことだったので安心です。





batch_DSC04264

たまに洗剤水を床にぶちまけて掃除が始まるので、注意しておきましょう。


注意されてもどかなかったら思いっきりぶっかけられますよ。

ぶっかけられたおばちゃんがめちゃめちゃ怒ってましたからね。 




そんなカオスな駅で始まったコルカタでした。

 




↓列車移動には旅人カットが楽でした。
 車内に風が吹き込むから涼しい!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




それではまた( ´_ゝ`)ノ



世界を楽しもう!


じゅん



↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Booking.com