batch_DSC05887

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。




リアルタイムはトルコイスタンブールです。


実は数日前まで奥さんの誕生日で

ギリシャのサントリーニ島に滞在してたんですよ。


オフシーズンでしたが日差しが暖かく、景色がめちゃめちゃ綺麗!

海外で絶景慣れしてましたが、サントリーニは別腹でした(*´∇`*)


また今後この時の記事もアップしたいな!






今までのルート
現在49カ国!

台湾→タイ→マレーシア→韓国→中国→マカオ→香港→モンゴル→ベトナム→カンボジア→シンガポール→ブルネイ→インドネシア→オーストラリア→ニュージーランド→ラオス→ミャンマー→スリランカ(ブログは今ここ!)→インド→バングラデシュ→キルギス→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→トルクメニスタン→イラン→アゼルバイジャン→アルメニア→ナゴルノ・カラバフ→ジョージア→イタリア→バチカン→サンマリノ→フランス→モナコ→スペイン→アンドラ→ポルトガル→モロッコ→西サハラ→モーリタニア→ドイツ→チェコ→スロバキア→オーストリア→リヒテンシュタイン→スイス→フランス→トルコ(リアルタイム)→ギリシャ
 
 


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
 


↓ここからは2018年3月のスリランカの記録です。 



スリランカへ到着したぼく達。

インドビザ申請で疲れ気味だけど、観光に行ってきます!




1LKR(スリランカ・ルピー)=約0.7円 
※記事中ではSルピーと表記 

(2018年 3月)





世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。
世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 
 
ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 




目次
1. キャンディに到着!飯が・・・
2. 象の孤児院へ路線バスで行こう。
3. ピンナワラの象の孤児院!
4. 象の水浴びが気持ち良さそう!
5. スリランカのバス料金の謎






1. キャンディに到着!飯が・・・

batch_DSC05739

〈前回〉コロンボからの列車で、バゲージルームに入れられ快適な列車旅を過ごせたぼく達。

キャンディという街に到着しました!



前回も書きましたが、スリランカでインドビザを取得するならコロンボじゃなくて、

ここキャンディがおすすめですよ!


(コロンボでは入国回数がダブルでビザが発行されましたが、キャンディではマルチプルで通りやすいため)





BlogPaint

キャンディの駅は小さめで、ほのぼのとした雰囲気が良いですねー。

では早速宿に向かいましょう。




batch_DSC05750
batch_DSC05752

駅の外も田舎っぽくて良いですねー。

ゆっくりするのには最適かも。




batch_DSC05755

部屋に荷物を置いたら、外に・・・

行かない・・・!
 

あまり良くないと思いますが、ぼく達は宿でダラダラしがちです。



夕方になりようやく重い腰をあげ、ご飯を探しに出発。

しかし、19時あたりになると開いてるお店が少ない!



開いてても結構値段が高かったりします。

・・・その後、ようやく見つけた安めのお店で注文。




batch_DSC05766

ベジタブルフライドライス

120Sルピー(約84円)



フライドライス(チャーハン)は色んな国で食べてきましたが、どこでもほぼおいしく食べられる万能食

加えてぼく達はグルメではないので、大体の現地飯をおいしく食べられます。





そんな飲食店側からすれば好条件の揃ったぼく達から出たセリフは・・・


ま、まずい。
(; ̄Д ̄) 




なんということでしょう・・・

万能食であるはずのチャーハンがまずい。




味付けが薄いのはまだ許せるとして、

プラスチックかのような米が酷すぎる。

 

残すのは嫌いなので無理矢理食べましたが、結構しんどかった・・・

このお店が一番酷かったですが、この後スリランカで食べた料理がことごとくまずかったです。





観光客向けの高めのお店を選べば回避できるんでしょうが、

それでは現地飯を諦めて負けたような気分になりそうだったので、ひたすらまずい飯 or 安いパンを食べていました笑


今思うと少し頑固だったな〜と思いますが。







2. 象の孤児院へ路線バスで行こう。

batch_DSC05792

キャンディ2日目。


スリランカに来ていよいよ初めての観光です。


まずは、親を亡くしたり、怪我をして野生で生きるのが難しくなった象の保護・世話をしているという、

象の孤児院へ行ってみます。





batch_DSC05798
batch_DSC05801

駅に向かって歩いていると、4色の旗を掲げたデモ隊のような集団が車のクラクションを鳴らしながら道路を通行していました。

何のデモか気になって調べたけど、結局分からず。




batch_DSC05809

途中でパンを買ってバス停に向かいます。


スリランカ飯の中でもパンはまだイケる!

というかおいしい!


でも毎食食べてると流石に飽きるんだよな〜。





batch_DSC05823

徒歩でキャンディ鉄道駅の近くにあるバスターミナルにやってきました。


キャンディから安く行ける直通バスが無いため、ローカルバスを乗り継いでいきます。



まずぼく達はこのバスターミナルで、コロンボ行き1番バスを探しました。

(ランバッカーナ行きの681番でも良いみたい)


ピンナワラ!ピンナワラ!と言ってバスを探せば教えてくれると思います。





batch_DSC05825

10時過ぎ頃、1番のバスを見つけ乗車。

1人 64Sルピー(約45円)


いやー、スリランカは内装が派手なバスが多いな。


このコロンボ行きの1番バスに1時間ちょい乗車し、

カランドゥパーナという所でバスを乗り換えました。



※ピンナワラに行きたい事を運転手や乗客にアピールしておけば、到着時に教えてもらえる確率がアップ!





batch_DSC05836

乗り換えのカランドゥパーナでもピンナワラ!を連呼。

無事にバスに乗れました。

1人 20Sルピー(約14円)


(最後に書きますが、このバス代64Sルピーと20Sルピー、ホントか怪しいです)





3. ピンナワラの象の孤児院!

batch_DSC05839

カランドゥパーナでバスを乗り換え15分ほどで、

ピンナワラの象の孤児院へ到着!





batch_DSC05845

孤児院に入場してすぐのチケットセンターでチケットを買いました。

1人 2,500Sルピー(約1,750円)


た、高い・・・

でもまあ、普通の動物園等とは違い、このお金が象の保護に貢献していると考えれば良いか。




batch_DSC05842

ぼく達はゆっくり来たので色々見逃してしまっていますが、

実は朝から色んな象のイベントがあるんです。




batch_DSC05843

ちょうど12時だったので、川から象達が帰って来る頃かな。

みんなの向かう方向に着いて行ってみました。





batch_DSC05847

すると、


おお!!

川帰りの象達に遭遇!
 

かなり近くを歩いていきます。

でかいなあ。




batch_DSC05857

そして1箇所に集められました。


あれ?意外と少ない・・・?

情報によると100頭くらい居るはずだけど・・・


どうやら色んな場所に散らばってるようです。

ただどう見ても100頭居るようには見えませんでしたが汗




batch_DSC05858

ここでは象達がむしゃむしゃと食事をしていました。

鼻を使って器用に食べるもんだなー。




batch_DSC05870

フェンスなどは無いので、何かのきっかけで象が怒り狂って向かってくればぼく達は一溜りもありませんね。

まあここの象は温厚そうなので大丈夫だとは思いますが。




batch_DSC05874

さて、次のイベントの時間になったので移動します。


しかし3月のスリランカは暑い!

日なたに立っているだけで体力を削られます。




batch_DSC05881

お次はフルーツフィーデング

お客さんがフルーツを買って象に食べさせることができます。




batch_DSC05887

実際に食べてる姿を至近距離で見る事ができます。


しかし意外とその食べ方は、

グロイというか・・・

何とも言えない光景でした笑




batch_DSC05889

しかし可愛い姿ですね。



さっきの葉っぱしか食べてない象と、フルーツ食べまくりのこの象の違いはなんなんだろ?


ローテーションなのかな?

象「よっしゃー!今日おれフルーツの日だぜー!」

とか想像しちゃいますね。




batch_DSC05906

でっかいスイカもモリモリ食べます。

基本丸飲みしてましたが。


温厚なこの象は、触れても大丈夫そうでしたよ。




batch_DSC05917

フルーツの次は、ミルクフィーディング

象のミルク飲みが見られます。




batch_DSC05922

ペットボトルのミルクをグビグビと飲み干します。

そんなに一気にミルクを飲んだら、ぼくなら確実にお腹下すな・・・




batch_DSC05926

こちらでもお客さんがミルクを買って象に飲ませることができます。




batch_DSC05930

これはここが象の孤児院ということを思い出す大事なイベントのように感じました。

大きく育ってね!

(もう十分大きいけど)


先ほどのフルーツもミルクも、確か200円ほどで購入可能だったと思います。




そしてこの後は、この孤児院のメインイベント

象の水浴びを見に行きます!

孤児院から少し離れた川まで歩いて行きますよー。






4. 象の水浴びが気持ち良さそう!

batch_DSC05938

目的の川までの道のりには、とても分かりやすい目印が・・・

この象のフンは再利用され、紙などが作られるようです。



さて、この目印を辿って川に到着すると・・・




batch_DSC05940

おおーー!!

象達が豪快に水浴びしてる!



めっちゃ気持ちよさそう。





batch_DSC05986

係員がみんなに行き渡るようにホースで放水しています。

この日はホントに暑くて、ぼく達も水をかけて欲しいくらい。




batch_DSC05942

大きな象も多いですが、子象もちらほら。

可愛いですね。


ちょっと鎖が痛々しいですが、暴走しないようにでしょうか。





batch_DSC05964

近くで象用の果物を売っていたので、ぼく達も持っていたバナナをあげようとしたら

スタッフにめちゃめちゃ怒られました汗


ここで勝手に餌をあげちゃダメなんですね・・・

(じゃあさっき象用のフルーツ売ってたおっちゃんはなんだったんだ)





batch_DSC05946

水浴びが終わった象達を帰り道で待ち構えていると、


圧巻の雄姿。


かなり近くで象を見ることができます。

踏まれないように!






batch_DSC06032

この象は群れの中でも一際大きかったですね。




一通りこの象の孤児院の見学を終えて思ったこと。


一見動物園のようにも思えるこの施設ですが、

フルーツやミルクを与えたり、水浴びをさせるというのをイベントとして見せはするものの、基本的に、象の保護・世話を目的にしているのが好印象ですね。


芸を仕込んだり、ムチで叩いたりという事は見られませんでした。



人によっては若干物足りなく感じる場合もあるかと思います。

(ぼくも少し感じましたが)


しかし、本来孤児院だということを考えながら見学したい場所です。




さて、キャンディに帰りますか!





batch_DSC06037

帰り道にこんな落とし物が。


いや、怖いわ!


持ち主どこ行った!?







5. スリランカのバス料金の謎

batch_DSC06043

ピンナワラの象の孤児院から帰りのバスに乗り込みました。

1人 17Sルピー(約12円)・・・


さっきの20Sルピーは何だったんだ。

多分これが正規料金。



少額なんですが、スリランカはこんなことがしばしば起こります。

バス1つとっても、請求してくる金額が安定しないんですよね。





batch_DSC06048

行きと同じようにカランドゥパーナでバスに乗り換えます。


さっきと同じ1番バス

今度はキャンディに向かうバスになっています。





batch_DSC06056

あら・・・?

さっきは64Sルピーだったけど、

帰りは62Sルピー(約44円)。



行きと帰りで金額が変わるのか?

謎が多いスリランカのバス料金でした(;´Д`)







↓未だにスリランカの飯のまずさを超える国はありません。
 ※あくまで個人的感想です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




それではまた U・J・U パオーン♪



世界を楽しもう!


じゅん



↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Booking.com