batch_DSC01994

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。




ミャンマー編もそろそろ大詰め。

と言いつつ、ダラダラとまとめ記事ばかりすいません。


もうちょい続きます!

早く次の国に行きたい!

 



100MMK(ミャンマーチャット)=約8円 

(2018年 3月)





世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。
世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 
 
ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 




目次
1. パアンの宿
2. キンプンの宿
3. ニャウンシェの宿
4. マンダレーの宿
5. バガンの宿
6. ヤンゴンの宿




今回は街に着いてから直接探した宿と、Booking.comで予約した宿と予約方法は色々。


さらに泊まった宿はもちろん、泊まっていない宿の情報、

合わせて10宿分のミャンマー安宿情報です!



Booking.com






1. パアンの宿

1宿目!
PARAMI MOTEL
パラミ モーテル 

batch_DSC01071
batch_DSC01379

ミャンマーについてまず泊まった、パアンという都市の宿です。


Maps meでいくつか宿を探しておき、到着時に値段や部屋を比べて回りました。

値段と部屋の雰囲気を比べて周り、一番良かった所を選択。


今までの経験上、安けりゃ良いって訳ではありません。




batch_DSC01048

ダブルルーム
1部屋 16,080チャット(約1,286円)

一人あたり600円!

・ファンルーム
・Wi-Fiあり(強くはない) 
・シャワー&トイレ共同
・水付き



正直そんなにクオリティが高いわけではありませんが、シーツは綺麗でした。

カラフルな布団がミャンマーっぽいですね。


布団はシーツのような薄さです(゚д゚;)

ミャンマーはシーツのような布団が多かったです。
 



batch_DSC01070

フロントは昔ながらな雰囲気ですが、割と清潔。

スタッフも優しかった記憶があります。




batch_DSC01050

共同トイレ、シャワーはまあ安宿って感じですね。




batch_DSC01052

無料の水が置かれているので、ペットボトルなどに補充可能。

これが何気に嬉しいんですよね。






2. キンプンの宿

2宿目!
SEA SAR GUEST HOUSE
シーサー ゲストハウス 


batch_DSC01440

キンプンでいくつか宿を見比べて決めたのが、こちらのゲストハウス。


ハッキリ言ってキンプンでの宿探しは、微妙な中から選ぶしかありません。

消去法で決めました。




batch_DSC01453

ダブルルーム
1部屋 20,000チャット(約1,600円)
※ドル払いだと15ドル

一人あたり800円!

・ファンルーム
Wi-Fi無し 
・シャワー&トイレ付き



このクオリティでこの料金はボッてるよ・・・

しかし値下げは全くできませんでした。


Wi-Fi無しってのが痛かったんですが、この前にたまたま出会った日本人の方にSIMカードをもらったので、なんとかネットは繋がっていました。




batch_DSC01437

ちなみにツインも同料金でした。

ここはクモが出てしまって、クモ嫌いの奥さんのNGが出ましたが笑




batch_DSC01438

シャワー&トイレはこんな感じ。

ぼく達は平気ですが、抵抗がある人もいるかも。




batch_DSC01439

これがフロントです。

宿に到着した時誰もおらず、宿の周辺を探し回りました。

この宿の近くに系列店のようなホテルがあって、そこのスタッフが来てくれました。






3宿目!
WIN GUEST HOUSE
ウィン ゲストハウス 

batch_DSC01442

ここは泊まってはいませんが、探して写真を撮っていたので載せますね。

キンプンで悪名高いホテルの一つで、クオリティも高くないとのこと。

(それでもWIN GUEST HOUSEはまだましな方みたいですが)



batch_DSC01443

料金は確かSEE SARホテルより安かったはずです。

12ドルくらいかな?


一応部屋を見せてもらいました。



すると・・・




batch_DSC01444

案内されたベッドが、


カチカチで硬いです。



え?さすがに布団を敷くよね?

ここに寝るの?




とスタッフに身振り手振りで伝えましたが、この板に寝るようです。


流石にやめておきました・・・




Maps me上でWIN GUEST HOUSEの位置を見てみると、なぜかWi-Fiパスワードが書かれていました笑

もしかしたらWi-Fiが繋がるかもしれません。






4宿目!
謎の格安ホテル?

batch_DSC01520

こちらはキンプンの散歩中に見つけた謎の家屋群。

家屋までの道は、水上を橋で渡ります。




batch_DSC01525

何ここ?何ここ?とワクワクしながら進んでみました。

橋の途中にはベンチもあります。




batch_DSC01527

建物に入ってみると、誰も、何も無い空間。


奥から店員さんと、その子どもらしき人達が出てきて、

日本人が珍しいのか、色々話しかけてきてくれました。



英語が全く通じなかったので、これまた身振り手振りで会話。

どうやら、ここは雑魚寝の宿のようです。




おおーー!!

すげえ!



なんかレアな所見つけた気分!笑

こんなんネットでも見たこと無い!




スマホの電卓を見せながら値段を聞くと、

なんと1人1,000チャット


80円とのこと!!





めっちゃレアな体験できそう!!

でも、セキュリティはゼロ!笑


おもしろそうだったけど、さすがに諦めました笑

誰かチャレンジしてくれないかな〜








5宿目!
ゴールデンロックで無料宿泊!?

batch_DSC01843

これは宿情報とは少し違うんですが、

現地の人はキンプンの街では泊まらず、一度ゴールデンロックに登り、

ゴールデンロックの近くで宿泊する人も多いんだとか。




batch_DSC01838

もちろん野宿です。

なので無料です。(入場料は別途かかります)


実際にゴールデンロックに登った時に、宿泊者にも遭遇しました。

シートを敷いたり、簡易的な屋根を建てたり、結構快適そうでしたよ。

持参したお弁当をみんなで食べている姿はほのぼのしました。


荷物が多いとかなり大変で、もちろんWi-Fiは飛んでないけど、

ガチな旅感が出て良いかも知れません。








3. ニャウンシェの宿

6宿目!
GYPSY INN
ジプシー イン


batch_DSC02009

こちら、ニャウンシェで泊まった宿は、ミャンマーで初めて予約サイトを使い予約しました。





batch_DSC01995

到着時にウェルカムドリンクが出たのもポイント高い!

普段ジュースも節約しているので、めっちゃ嬉しいです。




batch_DSC02001

ダブルルーム
1部屋 15,876チャット(約1,270円)
※ドル払いなら12ドル

一人あたり650円! 
 
 
・ファンルーム
・Wi-Fi無し(有る部屋もあり) 
・シャワー&トイレ共同
・ウェルカムドリンク付き
・朝食付き




今までの宿と比べ、かなりクオリティが高い!

Wi-Fiが届く部屋と届かない部屋に分かれており、Wi-Fiが届かない安い部屋を選択しました。


まあフロントにはWi-Fiがあるから良いか、と思っていたんですが、

Wi-Fiが届かない部屋の中でも一番フロントと近かったおかげで、なんとWi-Fiが使えたのでラッキーでした。




batch_DSC01994

フロントは綺麗でスタッフも優しく、申し分ないなあ。

もちろんチェックアウト時に荷物も預かってもらえます。




batch_DSC01999

共有スペースで調べ物などをしていると、無料のお茶を出してくれたり、

心遣いが嬉しいですよね。





batch_DSC02088

ここのすごいところはなんと言っても朝食

すごい量と種類!


オムレツ、クレープ、シャン麺、フルーツ、トースト、コーヒーorティー、オレンジジュース・・・

少食な人だと食べきれない量ですね笑

もちろんぼく達は食べ切りましたが。




batch_DSC03036

マイナス点としては、共有のシャワーとトイレスペースが外にあって行くのが少しめんどくさいのと、

近くを流れるインレー湖の水を引いてるのか、水が汚いことですかね。


試しに洗濯バケツに汲んでみると、なんか黄色い・・・

これ、洗濯して意味あるのか?笑


水以外はかなりおすすめの宿です。






7宿目!
ネットでウワサの宿

ニャウンシェは予約サイトを使って予約してしまいましたが、

足で宿を見つけるともっと安く泊まれるようです。


ぼく達はGYPSY INNに泊まった後に気付いてしまったので泊まれなかったんですが、

どうやらもっと安いゲストハウスで1泊400円ほどで泊まれるところもあるようです。

ドミトリーなんですが、行ってみる価値あったなー。








4. マンダレーの宿

8宿目!
Taim Phyu Hotel
(SILVER CLOUD HOTEL)

タム フィュウホテル
(シルバー クラウド ホテル)


batch_DSC03403

マンダレーの宿も予約サイトで予約をしました。

到着してみると、かなり大きなホテルでビックリ!


到着時は朝5時頃という早朝だったんですが、

部屋に案内されてめちゃめちゃ喜びましたね。




batch_DSC03345

フロントは広くて、少し豪華なホテルのよう。

夜は従業員が床で寝始めますが笑





batch_DSC03327

ダブルルーム
1部屋 13.8ドル(約1,546円)
※チャット払いしましたが、いくらか忘れました。
 
一人あたり770円!

 
・エアコンルーム
・Wi-Fiあり(強くはない) 
・シャワー&トイレ付き
・冷蔵庫付き
・朝食付き(ビュッフェスタイル)





かなり広い部屋で、シーツも清潔!

これは快適だー.。゚+.(・∀・)゚+.゚


部屋に冷蔵庫付きってのも久々過ぎてテンション上がりました。

暑い時期はジュースやビールを買っても、すぐにぬるくなっちゃうんですよね。





batch_DSC03328

お風呂とトイレが部屋に付いているのも嬉しいですよね。

そして割と綺麗めなので、旅行者の人でも全然使えそうです。






batch_DSC03407

そしてここで楽しみだったのは、朝食ビュッフェ。

ビュッフェなんて久々過ぎるー!




batch_DSC03438

会場は大きなホテルの屋上なので、マンダレーの景色を見ながら食べられます。



batch_DSC03412

ビュッフェは10種類ほどの中から自分で選んでお皿に盛っていきます。




batch_DSC03416

フルーツもあるのはうれしいです。

ビタミンCとらなきゃ!


あと、スープやコーヒー、ジュースもあるんですよ!



batch_DSC03425

盛り付けるとこんな素晴らしい見た目になります。


奥さんはぼくより食べてたな・・・

ビュッフェとなると、バックパッカー根性に火が付きますからね笑





batch_DSC03677

最終日は朝早い出発で、朝食が食べられない!


フロントでお弁当が作れないか頼んでみると、

なんと作ってくれました!


嬉しい(*´∇`*)

言ってみるもんですね!







5. バガンの宿

9宿目!
VIEW POINT GUEST HOUSE
ビューポイント ゲストハウス

batch_DSC04075

バガンで泊まった宿はこちら。

こちらも予約サイトBooking.comで予約しました。


第一印象は、素朴で庭が広くていい感じ。




batch_DSC04062

そして庭には可愛い猫、おばあにゃんがいます!

猫付き宿って最高!





batch_DSC04067

ダブルルーム(ファン)
1部屋 21,440チャット(約1,715円)
※ドル払なら16ドル

ダブルルーム(エアコン)
1部屋 24,120チャット(約1,930円)
※ドル払なら18ドル  
 
・Wi-Fiあり 
・シャワー&トイレ共有
・朝食付き
・猫付き!
・バイクレンタル可能



最初はファンルームを選択していたんですが、

奥さんが体調不良で暑すぎる部屋より涼しい部屋でしっかり休もう!ってことになり、
エアコンルームに移動しました。

ホントはエアコンルームはもう少し高いはずですが、空いていたのか安めにしてくれました。
 


あと、バイクのレンタルは早めに言っておいた方が良いです。

街なかのレンタルショップの方が安いですが、朝早いので外で借りるより宿で借りた方が安心だと感じました。


街なかだと1台6,000チャット(約480円)くらいで、

宿だと8,000チャット(約640円)くらいだったかな。




batch_DSC04069

シャワーとトイレはまあまあ綺麗ですね。

汚いのに慣れたと言っても、清潔感があるのは嬉しいです。




batch_DSC04309

この宿は朝食がついていて、庭のテーブルスペースでいただきます。



batch_DSC04312

シンプルですが、全然良いです!

むしろスクランブルエッグやフルーツも付いてて豪華!

朝食があるってだけでも心躍ります。






6. ヤンゴンの宿

10宿目!
Min Galar Par Hostel
ミンガラーパー ホステル

batch_DSC05063

ヤンゴンの鉄道駅から徒歩圏内にあるこのホテルも、予約サイトで予約しました。

大きな荷物を持って、ホテルを探しながら歩いて15分くらいかかったでしょうか。




batch_DSC05287

ドミトリー
1人 5ドル(約560円)
※チャット払いしましたが、いくらか忘れました。
 
・ファンルーム
・Wi-Fiあり 
・シャワー&トイレ共有
・朝食付き
・水付き


案内されたドミトリールームは、まるでカプセルホテルのようです。

普通は2段ベッドだったりするんですけど、個室っぽい感じが良いですね!




batch_DSC05260

ベッドの中は意外と広い!

普通のシングルベッドより体を伸ばせて楽に寝られました。





batch_DSC05259
batch_DSC05264

トイレとシャワーはそこそこ汚いですが、まあ問題なく使えましたね。

シャワー室はたくさんあるので、待ち時間もあまり無かったです。




batch_DSC05268

簡単な朝食も食べることができます。

朝からごはんを探しに行かなくて良いのは嬉しいな。




batch_DSC05286

ウォーターサーバもあり水の補充もできます。

お湯もあるので、カップラーメンも作れますよ。





*・゜゚・*:.。..。.:*・゜




いかがでしたでしょうか!
( ´_ゝ`)ノ




泊まった宿6ヶ所、泊まっていない宿4ヶ所

合計10宿のミャンマー宿のご紹介でした。




田舎の観光地はネットのウワサ通り、しょぼくて料金も高いですが、

まあそれも味だと思えば味かもしれません。


ネット環境もどんどん良い方向に変わってきているので、

キンプンでもサクサクWi-Fiが使える日も来るかもしれませんよ!




それではミャンマー旅行を考えているみなさん、

快適なミャンマーライフを.。゚+.(・∀・)゚+.゚







↓宿情報のみでしたが
  ぜひひと押しお願いします(・∀・)つ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




それではまた.。゚+.(・∀・)゚+.゚




世界を楽しもう!


じゅん



↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Booking.com