batch_DSC04362

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。





マンダーレからティーボまでの列車移動の途中、

大迫力のゴッティー橋を楽しみました。


ゴッティー橋の記事は→〈こちら〉



そしてそのままティーボから、バガンという都市に移動してきました。


バガンにはたくさんの仏塔が存在し、朝日と一緒に鑑賞するのが有名ですが、

とんでもないことになってしまいました・・・




↓ここからは2018年3月のミャンマーの記録です。
 




今までのルート
現在47カ国!

台湾→タイ→マレーシア→韓国→中国→マカオ→香港→モンゴル→ベトナム→カンボジア→シンガポール→ブルネイ→インドネシア→オーストラリア→ニュージーランド→ラオス→ミャンマー(ブログは今ここ!)→スリランカ→インド→バングラデシュ→キルギス→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→トルクメニスタン→イラン→アゼルバイジャン→アルメニア→ナゴルノ・カラバフ→ジョージア→イタリア→バチカン→サンマリノ→フランス→モナコ→スペイン→アンドラ→ポルトガル→モロッコ→西サハラ→モーリタニア→ドイツ→チェコ→スロバキア→オーストリア→リヒテンシュタイン→スイス→フランス(リアルタイム)
 
 


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
 



100MMK(ミャンマーチャット)=約8円 

(2018年 3月)





世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
格安航空券・LCC予約サイト
TRAVELIST(トラベリスト)

https://travelist.jp


知り合いから紹介してもらったサイトです。
検索しやすく、見た目もシンプルで分かりやすいサイトでした。
海外から海外のチケットは予約できないのが残念でしたが、
日本から海外のチケットは予約しやすいです。
有名航空会社からLCCなど、会社ごとに選べるってのも面白い。
国内ならよりお得に移動できそうですね!
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─






目次
1. バガンの超絶癒やし宿!
2. レンタルバイクを借りよう
3. バガンの仏塔に登れない!?






1. バガンの超絶癒やし宿!

batch_DSC04041

ティーボからバガンに行く最中、

強制的にお供えを托鉢する僧と、ぼったくりウザタクシーと出会ったぼく達。


バガン観光に心配が出てきます。





しかし、到着したバガンの宿に

そんなぼく達を超絶癒やしてくれる存在が待っていました。





batch_DSC04046

それがこの猫。


歳をとっているようですごく動きがゆっくりだけど、

とっても甘えん坊の可愛い子。





batch_DSC04049

ゆっくりした動きで奥さんの膝の上に乗ってきます。

暖かい所が好きみたい。





batch_DSC04058

宿のスタッフにこの子の名前を聞くと、無いとの返答。


野良猫が住み着いてしまうってのは海外の宿によくあることなんですが、

その猫の名前を付けていないってのも宿あるあるなんですよね。



なのでぼく達はこの猫のことを、おばあにゃんと呼んでいました。

メス猫のおばあちゃんだったからなんですが、安易ですね笑






BlogPaint

このおばあにゃんが可愛すぎて、宿にいる時間はほとんどこの子と一緒にいました。

またあとで猫記事をまとめた時に、この子の写真をアップしますね!







2. レンタルバイクを借りよう

batch_DSC04076

さて、到着日とは言っても、

明日の観光の準備をしなければなりません。


そのために街なかに出かけてきます。




まず仏塔がある所に朝日を見に行くんですが、ツアー以外にも自力で見に行くことができます。

その方法がレンタルバイクです。


パアンでもレンタルしましたが、ここでもメインの移動はバイクになりそうですね。



ちなみに、バガンのレンタルバイクは充電式のEバイクという乗り物ばかりです。

エンジン音などがしないので、事故にご注意を。







batch_DSC04087

ぼく達はニャウンウーという地域に泊まっていましたが、この辺りも結構田舎ですねー。



そうそう、本当は宿でレンタルバイクを借りようとしていました。

その方が確実だし、余計な手間もありません。


しかしバイクが貸出中だとか修理中だとかでレンタルできませんでした。

仕方ないので街なかまでバイクを借りに行くことに・・・







batch_DSC04091

少し路地に入るだけで、観光地とは思えないくらいの現地感が漂ってきます。

こんな道を見ながら歩くのも醍醐味のひとつ。






batch_DSC04663

そして何軒か聞いて回った中で、一番安かったショップにお願いしました。

1日1台5,000チャット(約400円)




受付の女性スタッフ曰く、明日の朝5:00にあなたの宿まで持っていくから!とのこと。

そういうシステムなのか。



日の出は6:30頃だけど、初めて行く所だし5:00は不安だな。

4:30にして欲しい!と言うと、かなりしぶられましたがOKしてくれました。





安く借りれたし良かったね、なんて話をしていましたが、

甘かったですね。


そう、このお店もミャンマー嘘つき衆の一つでした・・・

この話は後ほど。







3. バガンの仏塔に登れない!?

864a9250872c5a1500780e9600a4bd27_m

バガン遺跡観光の前にびっくりしたことが一つ。

というか、致命的な話が浮上しました。






レンタルバイクを予約し宿に帰ってきたぼく達。


そして観光リサーチの遅いぼく達は、明日のバガン観光について調べ始めました。





そうすると・・・

あれ?問題発生(((( ;゚д゚)))!?




バガンの朝日をたくさんの仏塔と一緒に見るには、登頂可能な仏塔に登る必要があります。

しかし、現在仏塔に登れなくなっているという恐ろしい情報を目にしました。



慌てて宿のスタッフに確認すると、

今は全ての仏塔に登れないよ。との返答。






batch_050b4e229c4b4c1f7cf100a204f2c35d_l


ええええええええ!!!!

なにそれ!?

どういうこと!?





じゃあバガンの景色はどう見えるんだ!?



・・・し、しかし、まあ、
とりあえず行ってみるしかない。




かなりの不安に駆られながらも、

情報収集をしつつ明日の朝に備えて眠りにつきました。








BlogPaint

そして次の日 朝4:30


レンタルバイク、来ず。


おい笑








少し遅れてるのかなー、と待つけど来ない。




無理に5:00だったものを4:30にお願いしちゃったから、

バイクを届ける人に伝わってなかったのか?と思ったけど、


5:00まで待つが来ない。




おい怒







BlogPaint

仕方なくぼくだけ急いで1km以上歩き、レンタルバイクショップに向かいました。


道中、犬に吠えられながら・・・

暗くて怖い!!





ショップに着くと一応お店は開いており、レンタルバイクが来ない!と伝える。


受付の女性は少し慌てたように、今シスターが向かってるはず!と言い訳してきたけど、

時間も無いから、今貸して!とレンタルバイクを借りました。




急いでホテルに戻るもすでに5:30過ぎ

しかも奥さん曰く、その間誰も来なかったとのこと。





う、うぉおお・・・( ;`Д')!


い、怒りよりも、今は朝日優先だ!

急いで宿を出発しました!




この後バイクを返すお話も別記事にまとめます。







BlogPaint

そして暗闇の中まずは最近まで登れる仏塔で人気のあったBULETHI(ブレディ)に向かいます。

前を走る砂埃がモクモクと舞う中、安全運転で進みます。






c96749650ed1b23a5bd22d4b7458fd87_mのコピー

しかし、やはり開いておらず。

入ることはできませんでした。


仕方ないので、宿のスタッフに聞いた見晴らし用の丘に向かいます。


上のマップで言う丘①ですね。







batch_DSC04131

そうそうバガンに入る時、入域料の徴収が無かったんですよね。


このまま払わなくてすむのかな?って思っていたら甘かった。

この丘でしっかり入域料を取られました。



1人 25,000チャット(約2,000円)

バガン入域料高えーー!!







batch_DSC04132

入域料を払って進むと、たくさんの人が丘に登っています。

やはり仏塔に登れない情報を聞いた人達が、この丘を紹介されたのかな。


この時点で6:00前

日の出まであと30分。






batch_DSC04140

じんわりと明るくなっていく空。

次第にバガンの仏塔群が見えてきますが・・・



あれ?朝日は?

それらしい球体が見つからない・・・







batch_DSC04145

どうやら天気のせいか朝日も良く見えないようです。


というか奥さん、この時点では望遠レンズを使っていないので、カメラのズーム機能だけでなんとか写真を撮っています。

この半年後くらいに望遠レンズの大切さが分かりました笑






batch_DSC04149

明るくなるバガン。



なんか、思ってたのと大分違う。


神々しい雰囲気が、無い。







bagan-1137015_1280
※ネットのフリー画像です。


イメージはこんな感じだったんだけどな・・・

まあ自然現象なんで、運も必要ですね。






そして気付く。


あ。

気球がいない。





バガンで有名な、あの気球がー!

もう明るいのにい無いぞー!!


今日は色んなもんが足りないぞー!
(TДT)






batch_DSC04153

いたーーー!!

朝日の方向から振り返った、後ろに






batch_DSC04175

丘の後ろにいるってことはですよ、

朝日と気球が一緒に見られないってことなんですよ!


これは大問題。





batch_DSC04218

遠くを流れていく気球。


風の方向の関係もあるかもしれないけど、

多少ズレたとしても丘より前には来なさそうだな・・・






batch_DSC04262

ミャンマーで一番楽しみにしていた景色が・・・

まあこれも運さ・・・






と簡単に諦めきれず、


この後行く都市、ヤンゴンの滞在を一日減らし、

1泊予定だったバガンを急遽2泊に増やしました。


明日も朝日を見に行ってやる!!








batch_DSC04298

ぼろくそだったバガンの朝日にに打ちのめされて帰ってきた宿。



ごめん寝で寝てたおばあにゃんに癒やされます(TДT)


おばあにゃん、なんでそんなに可愛いんだ・・・





BlogPaint

さあ、まだやることはあります。

バガンからヤンゴンまでのチケットも買いに行かなきゃ。


バイクがあるうちに行っちゃいましょう!





batch_DSC04328

バイクを飛ばしやってきたのは、バガンの鉄道駅。



↓鉄道駅の場所はこちら






batch_DSC04330

古いですが、味のある駅でしたねー。





batch_DSC04332

ここでヤンゴン行きのチケットを購入します。


真ん中の黄緑の看板が料金表、

左のの看板が時刻表ですね。






BlogPaint

最安のシート、Ordinary(オーディナリー)を購入。

1人 4,500チャット(約360円)



これで最終都市ヤンゴンまでのルートは安泰ですね!


16:00にバガンを出発し、次の日の10:30にヤンゴンに到着します。


なんと18時間半もの道のりです。






batch_DSC04289

明日のヤンゴン行きのチケットも買ったし、

今日の残り時間でバガンの仏塔検証をすることに。




検証と言っても、ネットに混在している情報の、

仏塔はもう登れないいや登れる仏塔もある

というのを観光も兼ねて確かめに行くだけですがね。






batch_DSC04356

こちらはシュエグーヂー・パヤーと呼ばれる寺院です。

確か奥さんがテラスのような所に入れたんですが、

朝日はうまく見られ無さそうな角度でした。



パアンの時も思いましたが、改めてバイク旅は良いもんですね。

楽だし、小回りは効くし、安いし。






batch_DSC04357

お、そろそろ夕日の時間帯か。

しかし空は明るいままですねー。





batch_DSC04362
batch_DSC04510

奥さんがカメラの設定を変えて、夕焼けっぽく撮った写真。

いい感じなんですが、肉眼でもこんな風に見たいところです・・・











夕方になってしまったので、とりあえず今日の検証は終わり。


続きは明日から。













batch_DSC04122

次の日 早朝。


今日はなんとか宿のレンタルバイクを借りて、朝日を見に出発。

途中綺麗な仏塔に寄りました。





シュエズィーゴン・パヤー

バガンを代表する、黄金の仏塔。


こりゃあすごい。



仏陀の頬骨と歯が納められてるらしいですね。







batch_DSC04127

朝から熱心なお祈りをする現地の方々。

暗闇に光る仏塔が綺麗でした。






batch_DSC04451

そしてこの日も朝日を見にやってきました。

朝日鑑賞に最適な仏塔は登れなかったので、前日と同じ丘。



まあ昨日とさほど変わらない景色でした。



朝日もいつのまにか現れて、

いつのまにか雲の中に消えていきました。



一応昨日と違って朝日は見えたけど・・・


うーん、残念。






batch_DSC04537

今日も観光を兼ねて、仏塔検証続行です。


こちらは シュエサンドー・パヤー

以前はBULETHI(ブレディ)より有名だった、朝日・夕日スポットの仏塔です。




検証中バイクでバガンをウロウロしていると、

現地人に呼び止められることがしばしば。



明日の朝日は見に行くか?

良い場所を教えてやろう。




どうやらお金を払って良いポイントを教えてもらうようですね。

ぼく達は仏塔に登れるか検証中なのと、お金払うってのもなあ と思い断りましたが。


あと、信憑性にも欠けますからねえ・・・







batch_DSC04568
batch_DSC04575

中まで入れる アーナンダ・パヤー

直立する大きな仏像が印象的な寺院です。




たくさんの寺院や仏塔は、観光としてもなかなか良かったですね。

しかしまあ、一気にたくさんみると多少飽きますが笑


やはりバガンの魅力は、高いところから見る仏塔群と朝日ですね。








そして、数時間バガンをバイクで走りぬけ検証した結果・・・



この検証結果は以前リアルタイム記事に書いています。

果たしてぼく達は仏塔に登れるのか!?



〈【2018年最新】バガン遺跡の仏塔にもう登れない!? 有名な朝日鑑賞場所の検証〉







結果だけ書くと、2018年3月時点では登れる仏塔は見つかりませんでした。

朝日と気球と仏塔が見られるポイントが、今後見つかっていくと良いんですけどね。


それか再度仏塔を開放して欲しいな。

そしたらまたミャンマーにリベンジに行きます!







batch_DSC04605

朝の検証を終え宿に帰ると、どこからかガヤガヤした声と音楽。

どうやら外で結婚式の行進をしているようでした。





batch_DSC04623
batch_DSC04633

こんなにもたくさんの人が更新してくれて、大きなゾウまで!



海外を回っていると、たまに結婚式に遭遇します。

そりゃそうですよね。

一日に一回くらい誰かしら結婚式をやってるんだから。



結婚式にも各国特徴があって面白いんですよね。

それぞれ共通するのは、旦那の衣装の方が地味ってことくらいでしょうか。






バガン観光は悲しい感じで終わってしまいました。


さあ、次は首都 ヤンゴン


ヤンゴンでは良いことがありますように!







↓バガンの朝日と気球のコラボ
  見たかったな〜(T_T)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




それではまた
(TДT)



世界を楽しもう!


じゅん



↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Booking.com