スクリーンショット 2018-12-17 9.21.25

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。





マンダレーウーベイン橋を格安で観光してきたぼく達


格安ウーベイン橋観光は→〈こちら〉



今日はティーボという都市に移動します。

この移動がそのまま観光になるんです!





↓ここからは2018年3月のミャンマーの記録です。
 




今までのルート
現在47カ国!

台湾→タイ→マレーシア→韓国→中国→マカオ→香港→モンゴル→ベトナム→カンボジア→シンガポール→ブルネイ→インドネシア→オーストラリア→ニュージーランド→ラオス→ミャンマー(ブログは今ここ!)→スリランカ→インド→バングラデシュ→キルギス→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→トルクメニスタン→イラン→アゼルバイジャン→アルメニア→ナゴルノ・カラバフ→ジョージア→イタリア→バチカン→サンマリノ→フランス→モナコ→スペイン→アンドラ→ポルトガル→モロッコ→西サハラ→モーリタニア→ドイツ→チェコ→スロバキア→オーストリア→リヒテンシュタイン→スイス→フランス(リアルタイム)
 
 


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
 



100MMK(ミャンマーチャット)=約8円 

(2018年 3月)





世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。
世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 
 
ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 




目次
1. ミャンマールートおさらい
2. マンダレーからティーボ行きの列車に
3. 大迫力のゴッティー橋!
4. ティーボからバガンへ
5. これは強制托鉢!?






1. ミャンマールートおさらい

まずはミャンマー旅のおさらいを!
 

BlogPaint
 
ミャンマーに入ってから、

パアンキンプンニャウンシェマンダレー

大体予定の半分の都市を進んできたぼく達。




実はここまでの移手段動もまだまだ序の口でした。

ここからがなかなか厳しい戦いになっていきいますよ!



それでは本編をどうぞ。





1. マンダレーからティーボ行きの列車に

batch_DSC03660

午前3:30

早朝のマンダレー駅。


そう、この日は

次の都市ティーボへ行くため、こんなにも早い時間に駅に来ました。



ティーボ行きの列車は4:00発。

正直めっちゃ眠い!!(=o=;)



世界一周中は、時には早起きが必要です。

なぜか朝日は苦手でいつも起きられないけど・・・





batch_DSC03663

実は昨日、この駅でチケットを買っておいたんですよね。

マンダレーからティーボ行きは朝4:00発しか無く、愕然としました笑





batch_DSC03705

その時発行されたチケットは、こんなペラペラな紙。


一番安い席を予約し、1人1,700チャット(約136円)

11時間乗ってこの値段は安いです!



あと列車の席は、進行方向に向かって左側の方が写真映えしますよ。

これもチケット購入時、駅員にお願いしておきました。





batch_DSC03665

お〜めっちゃ良いシートじゃん!

これなら楽に移動できますね( ´_ゝ`)ノ




・・・と、そんなに甘くはありません。






batch_DSC03680

こちらがぼく達の最安のシート。



そうですね、一言で表すなら

ですね。






BlogPaint

そしてかなりローカル列車のため、車内のトイレは結構汚い・・・

使うのに勇気が要ります笑






さあ、ティーボへ向け出発!


車内はほぼ現地人。

観光客は1割満たないくらいですかね。







batch_DSC03677

そういえば早朝だったので、宿の朝食バイキングは食べられず。


試しに前日に、お弁当が欲しいな〜・・・

とスタッフにお願いしてみると、簡単なお弁当を用意してくれました!


言ってみるもんですね。


硬い木の上でおいしくいただきました。






batch_DSC03682

数時間経つと、たくさんの人が乗り込んできました。

割と乗車率高めです。





batch_DSC03683

目の前に日本語が喋れるミャンマー人の女性が乗ってきて、

色々おしゃべりしました。



ミャンマーの駅で買ったというお菓子までもらいました。

豆のかき揚げのようなお菓子でしたが、サクサクしておいしい!

クセになりそう。





batch_DSC03685

列車はちょいちょい駅に停まり、

多くの人が列車を乗り降りします。


当たり前だけど、駅ごとに暮らしがあるんですね。



奥さんは列車の停車中、車体の写真を撮ってくれたり、

景色を撮ってくれたりしていたんですが・・・





batch_DSC03701

ぼくはと言うと、朝3時前に起きるという拷問の後遺症から、

立ち上がることができません。


こりゃあ頼りなさMAXですね。





batch_DSC03693

いつのまにか外の景色は大自然。

マンダレーから離れると、駅と駅の間の景色はこんな感じになります。


列車は自然の中走るので、木の枝にぶつかりながら進む時も。

顔を出しているとベシン!とやられる時があるのでご注意を!






batch_DSC03698

たまに現れる村を見つけると、

そこの生活が垣間見れた感じがして嬉しくなりますね。





batch_DSC03710

まあぼくは寝てたから見てないんですがね・・・

しかし我ながら器用に寝るなあ。






batch_DSC03706

ミャンマーも東南アジアらしく、車内販売の人がウロウロ。


パンやジュースなどの、全然食べられそうなご飯も売っているので安心です。

(国によると、え?これ食べて大丈夫?って物が売られてることもあるので)





batch_DSC03741

果物やお菓子も売っていました。


ぼく達はご飯を買ってきていたので買わなかったんですが、

ちょっと買ってみても良かったかもなあ。





batch_DSC03718

列車内は皆さんゆーったり。

景色を見る人、寝てる人、談笑する人。

こういう光景はどこの国で見ても良いもんです。



あ、ぼくは寝てる人の枠に入りますね。






3. 大迫力のゴッティー橋!

batch_DSC03732

ようやく ぼくも起きて、

ゴッティー橋はいつ通過するのか、ワクワクしながら景色を楽しみます。


この駅はゴッティー橋の30分ほど前に停まった駅ですね。




そしていよいよ・・・





batch_DSC03793

午前11:00


遠目にゴッティー橋が見えたー!

遠いけれど、なんかすごく高い橋ってのは分かるぞ!






batch_DSC03809

ゆっくりと橋へ近づく列車。

固唾を飲み見守る人々。


現地人はこの景色を見慣れているのか、興味無さそうにご飯を食べたり寝てる人もいますが笑





batch_DSC03837

うおーー!!

すごい景色。



不思議と、怖いってより綺麗!って思いました。




そんなゴッティー橋の上を

ガタンゴトン

と恐る恐る進む列車。




もうすぐ渡りきるかな?

というところで、




スクリーンショット 2018-12-17 9.21.25

有名な列車とゴッティー橋の景色が現れます。


ゆったりとした曲線を描く橋のカーブは、

その高さと雄大さを、列車に乗るぼく達に教えてくれます。






このゴッティー橋、

鉄橋の中で
世界2の高さを誇ります。


世界2位の名前に負けない大迫力でした。





カーブは橋の最後にしかないため、

本当に間もない時間しか見られません。


体感では10秒くらいの感覚でした。

(乗っている席にもよると思いますが)



ゴッティー橋を見るなら、

大迫力のこのアングルを、見逃さないようにご注意ください!





batch_DSC03862

その後はティーボまで少し時間があるので、一旦休憩を。

(この男は一体いつまで寝るんだ)



マンダレーからティーボまでは朝も早いし、乗車時間も長いので、

途中から乗ってゴッティー橋だけ見る人もいるようですね。



確かにツアーなどで時間が無い人は、その方が効率的かも。






batch_DSC03918

そして15:00ティーボに到着!


駅のホームが市場状態になってますね。

子ども達もお手伝いしてて偉いなあ。







4. ティーボからバガンへ

batch_DSC03920

さて、ティーボでは観光せず、次の都市 バガンに移動するため

ティーボのツアー会社に向かい、チケットを予約します。



事前に調べていたツアー会社は1km弱のため歩いていこうとしていたんですが、

奥さんが鉄製のベンチに足の小指をぶつけてしまうアクシデント・・・



あまりの痛さにうずくまる奥さん・・・



これは歩けないかもな(TДT)

こんな時はタクシーを使いましょう!





batch_DSC03923

ティーボ駅からツアー会社まで2人で1,000チャット(約80円)


タクシー運転手に、「バガンに行きたい」と伝えると、

よし分かった!とツアー会社に連れて行ってもらえました。


事前に調べていた会社とドンピシャ同じだったので良かったな。





ちなみに奥さんの足の指ですが、

腫れや痛みの症状から、もしかしたらヒビが入っていたかもしれません。

完全に痛みが引くのに2ヵ月くらいかかってたし。


奥さんはどうせ自己治癒しか選択肢は無いから、と病院に行かなかったんですが、心配ですよね。

足の小指は折れやすいみたいなので、皆さんもご注意を。






batch_DSC03926

そして到着したのは、ツアー会社RC

ここからバガンまでバスで向かいます。





BlogPaint

ティーボからバガンまでは10時間の道のり。

ティーボを19:00に出発し、朝5:00にバガン到着予定です。



1人 17,300チャット(約1,384円)

全く値下げ交渉は受け付けてもらえませんでした。


マンダレーからティーボの10倍かあ・・・






batch_DSC03930

かなり時間が余ったので、向かいのレストランで休憩をしました。

ここでも食事を取ったんですが、また別の記事にまとめたいと思います。






batch_DSC03929

ぼくは普段日本だとほとんどジュースを飲まないんですが、

海外の、特に暑い地域ではジュースが飲みたくなるんですよねー。


不思議だな。





batch_DSC03951

そして、予定の19:00を40分ほどオーバーして、

ようやくバガン行きのバスが到着。


この国でスノボーのバスを拝めるとは。





batch_DSC03959

乗客は少なかったですねー。


長時間の深夜移動は少ない方が助かるな(´∀`*)

2席使って横になって寝れますからね!





batch_DSC03960

途中ローカルなお店に休憩で停まったり。

何も買わなくても外に出て、こういう景色を見るのは楽しいです。






5. これは強制托鉢!?

そしてバスは進み、朝方6:00・・・


まだバスはバガンに着かないようです。

まあ出発も遅れてましたからね〜。




そして、とあるバスターミナルに停まり乗客が降りていく中、

窓の外である光景を目撃しました。




バスを降りる乗客に托鉢中の修行僧が近寄る。

と言うか囲む。


お金を払う乗客。

乗客から離れ、他の人を囲む修行僧。





なんだこれは・・・!

これは托鉢なのか?

明らかに想像の托鉢と違う。



するとその僧たち、今度はぼく達のバスへ乗り込んでくる。





batch_DSC03989

ずん、ずん、ずん、

近づいてくる僧たち。





batch_DSC03994

囲まれるじゅん。

僧が持つ鉢の中にはお札のみ。



おいおい、

これが本当にミャンマーの托鉢なのか!?

ラオスのルアンパバーンより酷いぞ!




ラオス ルアンパバーンの托鉢は→〈こちら〉





なかば強制のような托鉢に納得できないぼく達。

最終的にどうしたかと言うと・・・



この話、衝撃的過ぎて当時リアルタイム記事にしています。

この時のお話は、臨場感たっぷりのこちらの記事でどうぞ。



〈ミャンマーの歪んだ托鉢?〉






batch_DSC04002

強制托鉢でビックリしてしまったぼく達を乗せ、

ようやくバガンに到着



朝8:00到着って!3時間も遅れてる!!


まあこの日はフリーにしていたので痛手は無いですが。





batch_DSC04003

こちらのバスターミナルのタクシー運転手なんですが、

ミャンマーで一番タチが悪かったように感じます。



バスターミナルからバガン市内まで、タクシーなどで移動が必要なんですが、

実際は1台5,000チャット(約400円)ほどで行くことができます。




しかしここの運転手達は相場の3倍以上の値段を提示してきます。


元々タクシーは使わずに行きたかったので断ったんですが、

断っても断ってもしつこく、ずっと付いてきます。





そっちの道には何も無いぜ!


安くするから乗れよ!






batch_DSC04004

そんなやじは気にせずにバスターミナルから出て、道路を目指します。

お、ヤギの大群。




それでも車で回り込んで来て、話しかけてくるタクシー運転手。


そしてようやく相場の5,000チャットまで下がったんですが、

そんなぼったくる気満々のタクシーは最初からお断り。




「乗らない!」と断ると、道路の先を指差し、


分かったよ。バガンの街はあっちだ。じゃあな。


と、ようやく立ち去りました。




こっちはMaps meを見ながら歩いてんだ。

今あんたが指さした方向が街と逆ってことくらい知ってるよ!w


はあ〜〜、ミャンマーなかなか良い人と巡り合わないね。





batch_DSC04008

そして予想通り、バガンの街まで行くローカルバスを発見。

まあトラックなんですがね。


これが1人1,000チャット(約80円)と、かなり安かった!

ぼったくりタクシーなんて乗る必要無いですね。





BlogPaint

現地の方に混ざって街を目指します。

確か、止まりたい時に車体をコンコンと叩くと、止まってくれます。





batch_DSC04041

そして無事に?バガンの宿に到着!


あ〜、

強制托鉢ぼったくりタクシー

バガン観光、どうなってしまうのか!?




しかしこの宿、超絶癒やし宿でした(´∀`*)


その話はまた次回。






↓大迫力のゴッティー橋!
  うぉおおお!ポチッ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




それではまた
Σ(=゚ω゚= )



世界を楽しもう!


じゅん



↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Booking.com