batch_DSC07569

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。




リアルタイムは、モロッコマラケシュに滞在中。


早いもんで、また一つ歳をとってしまいました。

ということで今回の誕生日はアフリカだーー!!
 




今までのルート
現在39カ国!

台湾→タイ→マレーシア→韓国→中国→マカオ→香港→モンゴル→ベトナム→カンボジア→シンガポール→ブルネイ→インドネシア→オーストラリア→ニュージーランドラオス(ブログは今ここ!)ミャンマー→スリランカ→インド→バングラデシュ→キルギス→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→トルクメニスタン→イラン→アゼルバイジャン→アルメニア→ナゴルノ・カラバフ→ジョージア→イタリアバチカン→サンマリノ→フランス→モナコ→スペイン→アンドラポルトガルモロッコ(リアルタイム)
 
 


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜




↓ここからは2018年2月のラオスの記録です。


何も無い首都と呼ばれるビエンチャンから、

秘境 ビエンチャンに移動していきます! 
 

 



10,000LAK(キープ)=約132円 

(2018年 2月)





世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。
世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 
 
ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 




目次
1. ビエンチャンからバンビエンへバス移動
2. なんだこのサンドイッチは!?
3. ナイトマーケット&ナイトスポットの盛り上がりは!?






1. ビエンチャンからバンビエンへバス移動

さあ今日は、ラオスの首都ビエンチャンから、

バンビエンという都市まで行ってみたいと思います。



バンビエンといえば・・・

程よい秘境感に青い湖などの観光地も合わさった、ラオスでも人気の高い観光地です。

そしてクラブが多いエリアで、ナイトスポットも充実!



batch_DSC06872

ビエンチャンのチケット屋を何件か回って、バンビエン行きのチケット料金を比較したんですが、どこもそんなに変わらないですねー。

なので、〈前回の記事〉で自転車を借りたお店で、バンビエンまでのチケットを買いました。






batch_DSC07153

朝食を食べてチェックアウトしたら、バンビエンに向かいましょう!




ビエンチャンからバンビエンまでは、片道約160km。


↓こんなルートで進んでいきます。
BlogPaint

この前までいたデット島はもう少し南の方です。




↓拡大するとこんな感じ
スクリーンショット 2018-10-15 20.16.47







batch_DSC07156

宿前までピックアップに来たバンに乗り込みます。

大きなバゲージは車両の上部に積み込みました。





batch_DSC07159

ビエンチャン→バンビエン の料金は

1人 40,000キープ(約538円)


10時に出発して、4時間ほどの移動です。




batch_DSC07158

バンの席は狭めですが、まあ短い時間なので我慢しましょう・・・



それより、奥さんが約3年前にラオスに訪れた際、

このビエンチャン→バンビエンの移動がかなりキツかったと話していました。



道路が舗装されていなくてガタガタ。


小さなバンなので揺れる揺れる!!


ということらしい。



さあ3年たった今、道路はどうなっているのか・・・






batch_DSC07162
batch_DSC07163

2時間ほどで小さな休憩所に到着。


あれ・・・?

全然ツラくないぞ?



どうやらこの3年で少しずつ道路も舗装されていっているようですねー。




batch_DSC07165

しかし完全に舗装されているわけではなく、

土の道路もあって、所々揺れる所もあるっちゃある。


しかし基本的に平らにされているので、3年前ほどは揺れないようですね。





batch_DSC07168

また数年後にはこの道もアスファルトになってるのかな。

なんだか便利なような、寂しいような。





batch_DSC07169

14時前にバンビエンに到着!

昼ごはんを食べてないので、お腹ペコペコ(;´Д`)


とりあえず、ご飯を食べましょう!






2. なんだこのサンドイッチは!?

batch_DSC07172

お腹が空きすぎて、バスの停留所から近い適当なお店に入っちゃいました。

おばさんと娘さんが営んでいる、こじんまりとした食事屋さん。




batch_DSC07171

ラオスは、麺料理やご飯物が若干高いため悩みどころなんですよね。

とは言っても200〜300円位なんですが。




お、このサンドイッチは10,000キープ(約132円)からで頼みやすいな!




でもサンドイッチか〜〜


お腹膨れるかな?


ってかおいしいのかな・・・?






と全く期待せずに注文したぼく達の前に現れたのは・・・






batch_DSC07173

大きなバゲットに具がたっぷりの

美味しそうなバゲットサンドイッチ!



かなり大きいので、カット用のナイフが刺さっているほど。



こちらは奥さんチョイスのオムレツ(Omelet)

10,000キープ(約132円)





batch_DSC07175

こちらもボリューム感たっぷり!!

でっかいチキンフライが挟まって、もはやはみ出ているー!



こちらはぼくのチョイス、

チキン(Cheken)

10,000キープ(約132円)





このバゲットサンドイッチ、

めっちゃうまいんです!!


具材も作りたてで、チキンフライも揚げたて。



何よりこういうサンドイッチ系で一番の懸念材料である、パンがうまい。

良くあるパサパサで硬いパンではなく、外がパリッとして中がもっちり!




ぶっちゃけ、ベトナムで食べてた

バインミーよりうまいΣ(゚д゚;)!?


※あくまで個人的な感想です




ケチャップやマヨネーズがもらえるので、たっぷり付けてどうぞ!






さあ腹ごしらえをしたら、宿探しです!





batch_DSC07189
batch_DSC07179

今回バンビエンには、予約サイトでの予約無しで訪れました。

(予約サイトがどこも高かったからだったけな?)



なので、久々に歩いて安宿を探すことに。



1時間位かかってようやく納得できる宿を発見。

今度、宿まとめ記事に載せたいと思います。



しかしどの宿も以前の情報より値上がりしていて、

2人で、120,000〜150,000キープ(約1,584〜1,980円)くらいが多かったかな。



ちなみにこちらの宿は90,000キープ(約1,188円)でした。






batch_DSC07197

ちなみにぼく達の宿は、離れ小島みたいになっていて

こんな橋を渡る必要があります。


まあ大きなキャリーバッグでも渡れたんで、問題ないと思います。





batch_DSC07257

バンビエンは秘境(っぽい)と呼ばれているだけあって緑豊かです。

中心地からほんの少しズレただけで、現地の生活も垣間見えたりできます。





batch_DSC07259

その自然と寄り添うように、宿泊施設がたくさん建てられていました。





batch_DSC07194

バンビエンで有名なアクティビティに、

街を流れる川で行う カヌーチュービングがあります。




チュービングとは、大きな浮き輪に乗ってひたすら川を下るという面白アクティビティ。


川で流れてる途中にBarがあったりして、川の流れに身を任せながらお酒が飲めるという体験ができるんですが・・・



なにせデット島でお腹を壊し、ようやく治ったばっかりのぼく達。

汚いと言われているこの川に、病み上がりの体で入水する勇気が出ず、諦めてしまいました。




バンビエンでのチュービング、かなり楽しみにしてたのに(TДT)

悔しいので、なんとかまたリベンジしたいですね!






3. ナイトマーケット&ナイトスポットの盛り上がりは!?


バンビエンと言えばメインは夜!

と言えるほどナイトスポットが充実していると聞きます。



さてその実態はどうなのか?

身をもって調査して(楽しんで)きます(・〜・)ゞ




batch_DSC07554

まずはナイトマーケットへ。


ぼく達が行ってきたナイトマーケットは、どちらかというと現地人向け?に感じました。

見かけたのもほぼ現地人だったような。




batch_DSC07556
batch_DSC07557

なんと言っても、メニューがラオス語のみのお店も結構ありますからねー!

現地人向けのナイトマーケットに迷い込んじゃったのかな?



しかし料理が安い!

中心地のお店では見られないほどの安さで料理が売られています。


写真の下の方のメニューは、1品5,000キープ(約66円)


作りおきとは言えど、この値段設定はありがたい!





batch_DSC07558

奥に行くと、居酒屋のような雰囲気のお店もありました。

なんだか楽しそうな雰囲気!




batch_DSC07560

生演奏なんかもあったりして、マーケットを盛り上げようとがんばっている感じはしましたね。

食事だけではなく、衣服類やお土産なんかもたくさんありました。




batch_DSC07562

ただ、人はそこまで多くなかったかな。

盛り上がってるような、盛り上がり切っていないような。


雰囲気は良いので、もう少し人が入ってくれると良いな(・∀・)!






◯ SAKURA BAR

batch_DSC07569

さあ続いてナイトスポットをお伝えします!


まずはSAKURA BAR(サクラ バー)




結論から言ってしまうと、ナイトクラブで盛り上がってたのはここくらいでした。

3年前はどのクラブも盛り上がっていたようですが、人が少なくなった(時期的なもの?)せいか、このSAKURA BARに集約されていたような感じがします。




batch_DSC07572
batch_DSC07594

中に入ってみると、かなりの人!

ダンススペースはアジア系の観光客や現地人が多かったように思えます。




batch_DSC07597
batch_DSC07578

バンビエンは、ハッピーと呼ばれる、

・・・まあハッピーになれると言われている、アレなジュースや食べ物が多く売られていることで有名です。



が、その数も激減・・・というか、表記がかなり減っているようでした。

こっそり出しているのかもしれませんが。




代わりと言ってはなんですが、Laughガスと呼ばれる笑気ガスを風船に入れて吸い込むってのが流行っているようでした。

ガスを吸い込むって・・・こわっ!!



Laughガスを吸うと、なんか一瞬フワッとするらしいですよ笑

吸ってないので分かりませんが。





batch_DSC07588

奥には飲食スペースがあり、こちらは欧米人が多く見られました。


ゆっくりお酒を飲んで、友達とおしゃべり。

当たり前な光景ですが、健全ですね!






batch_DSC07595

さあ次のクラブに行ってみましょう!






◯ Full Moon Bar

batch_DSC07605

こちらはFull Moon Bar(フルムーン バー)。

こちらもHappy BalloonとしてLaughガス風船が売られているようですね。





batch_DSC07609

内装は結構派手でいい感じ!

中では手動のサッカーゲームや、ビリヤードを楽しむことができます。




batch_DSC07612

お店の奥から川沿いに下れば、変わった飲食スペースも!

この形のスペースって、ラオス風のお座敷みたいなものらしいですよ。





◯ VIVA PUB

batch_DSC07622

お次はVIVA PUB(ビバ パブ)。





batch_DSC07624

ここも人が少なかったなー。

お立ち台には誰も上がってませんでした笑




数ヶ月前に見た別の人のブログだと、バンビエンの街全体がうるさいくらい賑わってたって話だったけど、

最近になって人が減ったのかな?


ちょっと残念でした。



ガッツリ盛り上がりたい人はSAKURA BARへどうぞ!





batch_DSC07634

ちなみに夜の飲食店は閑散としていました・・・


どうしたバンビエン・・・!?

ビエンチャンは盛り上がってたのに!





ということで、次回は昼のバンビエンをお伝えします(・∀・)つ








↓今日誕生日なんです・・・
 ぜひひと押しお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




それではまた。




世界を楽しもう(*゚∀゚)っ


じゅん



↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Booking.com