batch_DSC07106

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。




リアルタイムは、モロッコフェズに滞在中。


フェズ、いい街なんだけど、

なんだけど・・・

インドのジャイサルメールに人の雰囲気が似てる!?


商魂たくましく、ラクダサファリツアー押しがしつこい所など・・・

あの雰囲気苦手だからこれから心配だな。 





今までのルート
現在38カ国!

台湾→タイ→マレーシア→韓国→中国→マカオ→香港→モンゴル→ベトナム→カンボジア→シンガポール→ブルネイ→インドネシア→オーストラリア→ニュージーランドラオス(ブログは今ここ!)ミャンマー→スリランカ→インド→バングラデシュ→キルギス→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→トルクメニスタン→イラン→アゼルバイジャン→アルメニア→ナゴルノ・カラバフ→ジョージア→イタリアバチカン→サンマリノ→フランス→モナコ→スペイン→アンドラポルトガル(リアルタイム)
 
 


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜




↓ここからは2018年2月のラオスの記録です。


デット島からパクセーに帰り、

これから次の都市に向かいます。


お次は首都のビエンチャン! 
 

 



10,000LAK(キープ)=約132円 

(2018年 2月)





世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。
世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 
 
ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 




目次
1. パクセーからビエンチャンへバス移動
2. 南京虫対策の秘策グッズ・・・?
3. やるじゃんビエンチャン!夜の街が華やか






1. パクセーからビエンチャンへバス移動

batch_DSC06746

ラオスにある島々シーパンドン(4,000の島々)の一つ、

デット島を出発したぼく達。


キャリーケースを置かせてもらっているパクセーのホテルに戻ります。





batch_DSC06749

デット島から小舟でナカサン港まで来ましたー。


この辺りは水質も良くなさそうで、川の水も濁ってるんですが、

ナカサン港付近のご飯屋さんが、この川の水で皿を洗っていました・・・


それはさすがにお腹壊しそうで怖いなあ。




batch_DSC06754

〈前回の記事〉でジョイントチケットを買ったので、

今回は巨大なソンテウでパクセーに向かわなくて済みます笑


巨大ソンテウのお話は→〈こちら〉



さっき同じ船だった人達と一緒に、バス乗り場まで歩きます。





batch_DSC06758

止めてあったパクセー行きのバスに乗車。


おおーー!!

こりゃ快適だ( ´_ゝ`)ノ






batch_DSC06765

パクセーの宿に着き、無事にキャリーケースを返してもらいました。

今日はパクセーには泊まらず、このままビエンチャンを目指します。


この時点で15時過ぎでした。

急がなきゃ!バスが無くなる!





BlogPaint

相変わらず公共の交通機関が無いので(見つからないだけか?)バイタクに乗り、

北バスターミナルを目指します。



しかしこのバイタク、ターミナルを間違えて時間がロス!




batch_DSC06770
BlogPaint

急遽別のソンテウに乗り換え、北バスターミナルを目指しました。


自分はちゃんと伝えたつもりでも、相手に伝わっていないって事は結構あります。

根気よく何度も伝えないとね!





batch_DSC06776

Maps meと根気良い説明で、ようやく北バスターミナルに到着。



↓マップだとここです。



中心部からはかなり離れて居るのでご注意!




batch_DSC06778

窓口で確認すると、16:30にバスが出るみたい。


出発する本数がかなり多いけど、ほんとにこんなに来るのか?

このバスターミナルに居るお客さん、かなり少なかったけどな。





batch_DSC06785

チケットは1人 110,000キープ(約1,452円)でした。





batch_DSC06782

少し待つ間、カップ麺で腹ごしらえを。

5,000キープ(約66円)で、少し割高ですね。





batch_DSC06784

バスの待合所の椅子は、よく見ると・・・


バスの座席!?


改造して椅子にしてるのかな笑







batch_DSC06787

10分ほど遅れてビエンチャン行きのバスが到着!

ここから12時間の長いバスの旅。



↓タイとの国境沿いを通り、北へ走ります。





batch_DSC06793

しばらく走ると一度止まり、

ラオス名物

車内販売で「でっかい鶏肉の串焼き」を売り始めました。


うまそうなんですが、やっぱり衛生面が心配で最後まで手が出ませんでした・・・

次はトライしたいな。





batch_DSC06795

基本的にラオスって結構田舎ですねー。

道路や歩道も土が多いし、建物もあまりしっかりしてないし。


でも飯とかの物価高いんだよなあ〜〜〜

納得いかん。





あとはひたすらバスに乗り・・・





batch_DSC06796
batch_DSC06797

次の日の朝6時過ぎ、ビエンチャンのバスターミナルに到着。


Maps me上だと、New Southern Bus Stationと表記してあります。

またまた中心部からかなり離れていました。

調べると、街の中心部から10km以上離れていました・・・

移動がめんどくさいな。



タクシー運転手が獲物を見つけた!とばかりに近づいてきますが、

最初からタクシーに乗るのは嫌だな。



探せば地元民が使ってるローカルバスがあるはず!

まずは探すことから始めよう!





batch_DSC06799

周りをウロウロしてたら、バスタターミナルの隣の建物から出発するバスを発見!

日本が提供しているのか、日本の国旗が付いていました。


「セントラル行く!?」って聞きながら急いで乗り込んだので、

上の写真は到着した時のものです。


138番に乗ればセントラルに行けるはず!





batch_DSC06800

セントラルバスタターミナルに到着すると、同じようなバスがたくさん!

市内を循環するバスが止まってるようでした。





batch_DSC06803

セントラルバスステーションの近くに休憩できそうな待合所があったので、少し休憩。

ここには長距離バスのチケットの窓口もあったと思います。


さて、少し休んだら宿に向かいましょう! 







2. 南京虫対策の秘策グッズ・・・?

batch_DSC06814

景色を見ながらまあまあ歩いて、予約していた宿に到着。


DHAKA GUESTHOUSE
ダッカゲストハウス


ダブルルーム

1泊 80,000キープ(約1,056円)

一人あたり530円!



今回もBooking.comで予約しました!

Booking.com





batch_DSC06806

Wi-Fiはちょっと弱めでしたが、まあギリなんとかなるかな。




batch_DSC06861

無料の朝食付きってのが嬉しいですねー!

しかも割と豪華な方だ!





batch_DSC06805

部屋は縦長でしたが、まあ問題なし。




しかしデット島でも南京虫に刺されまくってしまった奥さん、

ここでも南京虫被害に合わないかかなり心配していました。



南京虫って、明るいうちは姿を現さないし、噛まれるまで居るのか分かりづらいんですよね・・・


南京虫のフンやシーツの血のシミなども探すんですが、それが無くても南京虫は現れたりします。





7f00c7bc6121fb947f4014ea84548799_l

そんな南京虫被害を防止するため、今回は日本から持ってきた「南京虫対策秘策グッズ」を使ってみることにしました。


まあ元々はアフリカなんかのマラリア対策で、蚊を防ぐってのをメインに考えてたグッズですが。






その南京虫対策グッズとは・・・

f01-14

ネッツメンという、全身を蚊帳に包まれる商品!

これを買ってきました!


(今よくよく考えると、アホなもん買ったなあという気持ちになるが)







これで南京虫、その他諸々の虫どもに勝てる!!




うわーっはっはっは!!

かかって来いやーー(  ゜∀゚)!!










・・・ということで、実際に着てみると








batch_DSC06854

え・・・


なにこの

溢れ出る死体感・・・






batch_DSC06855

いや、こわっっ!!!

虫と戦う前にやられちゃってるでしょこれ!


朝起きて隣に寝てたらショック死しそうだわ。





というか、このネッツメンを着ると、

空気をほとんど通気せず、

マジで暑いです。

着てられません。



エアコンルームのみ着用可能なアイテムということで、お蔵入りになりました・・・

アフリカあたりで使うことがあるのだろうか・・・






3. やるじゃんビエンチャン!夜の街が華やか

宿からも近かったので、散歩がてらメコン川沿いを歩いてみました。

すると・・・


batch_DSC07077

聞いたこともない施設を発見!


ビエンチャンって何もない街って聞いてたんですが、

何だここは!


早速潜入( ´_ゝ`)ノ




batch_DSC07079

施設の中では生演奏も行っていました。

おおー、いいねー!




batch_DSC07083
batch_DSC07085

どうやら新しくできた飲食街のようで、

オープン後間もない感じがしました。

すごく綺麗だったし。





batch_DSC07089

こんな綺麗な噴水もあるスペースも。


まだ店舗が埋まりきって無かったようですが、そのうち全店舗が営業し、活気があふれる場所になる予感がすでにしてましたよ。





batch_DSC07096

その後、メコン川沿いから見える、変わったネオンを頼りにさらに歩きます。

この施設も新しそうな雰囲気がしてましたね。


ビエンチャン、色々頑張ってる!





batch_DSC07099

メコン川沿いには、小さな明かりで野菜を売る人々も。

こういうのも東南アジアっぽくて良いですよねー。





batch_DSC07102

しばらく歩くと、

おおおーーー!!!


なかなかの規模のウォーキングストリートを発見!

こんなの地球の歩き方には書いてなかった!




詳しくは分からないんですが、
↓場所はこの辺り







batch_DSC07106

しかもかなり広く、お客さんも多く、活気が溢れてる!


今まで海外で行ってみたウォーキングストリートの中でも、かなり盛り上がってる!

そんなウォーキングストリートがビエンチャンに!?





batch_DSC07110

しかも、メニュー表記のほとんどがラオス語で、

観光客向けではなく、現地人向けに作られてる!




batch_DSC07115

でも、たこ焼きだってあるんです!


お店の人のほとんどは英語も喋れないし、観光客のぼく達を見て不思議そうな顔で見てくるレベルの現地感。


でもここに来た時期から8ヶ月くらい経ってるから、少し観光向けに変わったりしちゃってるかな?




batch_DSC07128

数あるお店の中から、この店に入ってみることにしました!


ビエンチャンでちょいちょい見ることができる鍋料理。

モーディン? トゥ・モーディン?


名前が良く分からないんですが、

まあラオス風鍋です。





BlogPaint

身振り手振りで注文を伝えると、


15,000キープ(約198円)で、肉や野菜が1セット運ばれて来ます。


とりあえず1人 1セットずつ注文すると、真ん中に炭が置かれました。





batch_DSC07134

そして素焼きの鍋がドン!

このスタイルはタイのチムチュムという鍋に似ているそうです。




batch_DSC07140

中には薄めに味付けされただし汁が入っており、

沸騰したら肉や野菜を入れていきます。




batch_DSC07144

ピリ辛ダレに付けて食べると・・・

これがなかなかおいしい!


野菜もたっぷり食べられるおいしい鍋は、少し日本を思い出させてくれる味でした。






batch_DSC07146

何も無い何も無いと聞いてきたビエンチャン。


いや、かなり頑張ってるよ!







想像以上に楽しんだぼくの頭の中には、



やるじゃんビエンチャン!



というキャッチフレーズが思い浮かぶのでした・・・








↓あれ?これっておやじギャグ?
 ぜひひと押しお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




それではまた。




世界を楽しもう(・◇・)ゞ


じゅん



↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Booking.com