batch_DSC04161

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。




リアルタイムは、イタリアのミラノに滞在中!


最近ブログの写真が見やすくなるように、さらに写真サイズを大きくしました。

スマホだと分からないですが、パソコンだとより大きくなってると思います。 

見やすくなってるかな?






今までのルート
現在33カ国!

台湾→タイ→マレーシア→韓国→中国→マカオ→香港→モンゴル→ベトナム→カンボジア→シンガポール→ブルネイ→インドネシア→オーストラリア→ニュージーランド→タイ(ブログは今ここ!)→ラオス→ミャンマー→スリランカ→インド→バングラデシュ→キルギス→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→トルクメニスタン→イラン→アゼルバイジャン→アルメニア→ナゴルノ・カラバフ→ジョージア→イタリア(リアルタイム)→バチカン→サンマリノ
 
 


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜




↓ここからは2018年2月のタイの記録です。


オセアニアからタイに帰ってきまして、

前々から楽しみにしていた
奥さんの誕生日を祝いに、

タイのリゾートアイランドに行ってきましたよー( ´_ゝ`)ノ


 

 



1THB(タイバーツ)=約3.4円 

(2018年 2月)





世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。
世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 
 
ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 




目次
1. バンコクからリペ島への行き方
2. バンコクからハットヤイへ
3. ハットヤイからリペ島へ






1. バンコクからリペ島への行き方

batch_DSC04042

今回ぼくが奥さんの誕生日プレゼントに選んだのは、

タイのリペ島

最後の楽園と呼ばれる島です。





バンコクからリペ島に行く方法はざっくり6通り


島なので直行で行くことができず別の都市を経由するのですが、

今回はハットヤイ(別名ハートヤイ、ハジャイ)を経由しています。




 1  ツアーで行く
バンコクからハットヤイまで飛行機で移動。
その後送迎車でパクバラ埠頭まで移動。
パクバラからスピードボートでリペ島へ。

およそ30,000〜50,000円(宿泊付き)

ホテルとセットになったツアーで安心ですが、割高な移動方法と言えます。





 2  飛行機+送迎+船のジョイント
バンコクからハットヤイまで飛行機で移動。
空港からパクバラ埠頭まで車送迎。
パクバラからスピードボートでリペ島へ。

2,000〜4,000バーツ
約6,800〜13,600円

AirASIAやNOK AIRから購入できるジョイントチケットで、普通の旅行者が自力で行くなら一番一般的じゃないかと思います。


スクリーンショット 2018-09-22 16.47.04

こんな画面が出てきますよー。

AirASIAは→〈こちら〉

NOK AIR〈こちら〉






 3  飛行機+船(自力ver.)
バンコクからハットヤイまで飛行機で移動。
空港からバスorタクシー等で自力でパクバラ埠頭まで移動。
パクバラからスピードボートでリペ島へ。

バラで取る分、おそらくジョイントチケットより安いと思います。




 4  列車(寝台)+船
バンコク駅(ファランポーン駅)からハットヤイへ。
ハットヤイからソンテウ等で自力でパクバラ埠頭まで移動。
パクバラからスピードボートでリペ島へ。

列車(寝台席)900バーツ前後
+バスタターミナルへ ソンテウ100バーツ前後
+バス パクバラ埠頭へ130バーツ
+リペ島へ400バーツ前後

合計1,530バーツ前後
約5,200円(入島税など除く)

これが一番オススメの行き方ですかね。




 5  列車(座り)+船
バンコク駅(ファランポーン駅)からハットヤイへ。
ハットヤイからソンテウ等で自力でパクバラ埠頭まで移動。
パクバラからスピードボートでリペ島へ。

列車(座り席)260バーツ前後
+バスタターミナルへ ソンテウ100バーツ前後
+バス パクバラ埠頭へ130バーツ
+リペ島へ400バーツ前後

合計890バーツ前後
約3,000円(入島税など除く)

一番安い行き方だと思います!
4番の座席ランクを下げたものです。
ただ移動時間が長いのずっと座りはつらい!





 6  バス+船
サイタイマイバスターミナル(南バスターミナル)からハットヤイへ。
ハットヤイからソンテウ等で自力でパクバラ埠頭まで移動。
パクバラからスピードボートでリペ島へ。

バス 800バーツ前後
+バスタターミナルへ ソンテウ100バーツ前後
+バスパクバラ埠頭へ130バーツ
+リペ島へ400バーツ前後

合計1,430バーツ前後
約4,860円(入島税など除く)






◯ハットヤイからパクバラ埠頭まで

ハットヤイ市内のツアー会社で
ハットヤイ→パクバラ→リペ島ジョイントチケットを購入できます。

たしか700バーツ前後と、自力で行くのとさほど変わらないのでオススメです。

ただ人気が高く、ぼくの時はどの会社も売り切れでした。






さあ、ドM移動大好きなぼく達は、もちろん  5  の行き方です!


誕生日の移動なのに、ごめん奥さん!笑




ちなみにリペ島は、マレーシアの島ランカウイ島からもフェリーで行くことができます。

通常の旅行者は、ランカウイ島にプラスしてリペ島に行く人も多いようですね。







2. バンコクからハットヤイへ

では写真付きで、実際に行ったお話をしましょう!


batch_DSC04045

まずはバンコク駅(ファランポーン駅)から列車を使い、

ハットヤイ(ハートヤイ、ハジャイ)に向かいます!





BlogPaint

今回も座り席でのこの列車。

実は今回で3度目の乗車です。


バンコクからマレーシアに行く時に、格安移動をするとどうしてもこの列車に乗ることになります。

約17時間の列車移動なので覚悟してください!


バンコク駅→ハットヤイ
1人 259バーツ(約881円)


※ちなみに寝台列車も同じ駅から出ます。





↓過去の移動はこちら

1度目
スクリーンショット 2018-09-22 22.41.42



2度目
スクリーンショット 2018-09-22 22.39.42







batch_DSC04050

バンコク駅で買ったお弁当を持って行きますよー!

これが結構おいしいんです。


30〜50バーツ(約102〜170円)くらいで買えちゃいます。





BlogPaint

奥さんは誕生日ですからね。


普段飲まないジュースももちろんOKですよ!

(格安移動させておいて何を言ってるんだ)


車内販売で10バーツ(約34円)





batch_DSC04059

列車内はこんな雰囲気で、ゆったり進んでいきます。

この座り席移動はほとんどが現地人なので、現地感も楽しめます。




batch_DSC04063

そしていつもながら、バンコク→ハットヤイ間は夕日も朝日も綺麗。




batch_DSC04068

次の日の朝着なので、狭いながらしっかり寝て休みましょう!






3. ハットヤイからリペ島へ

batch_DSC04074

朝6時過ぎにハットヤイに到着!


お!?

ハットヤイのトレードマーク、トレインホテルが2018年仕様になってる!

でもHappy New Year が HNYって分かりづらっ!w





74e3f10791735598a404dd6a8fad21ca_mのコピー

このあとハットヤイ市内のツアー会社を周り、

リペ島までのジョイントチケットを探しました・・・


しかし朝いちから探してるのに・・・無い!!


なんとどこの会社も完売してしまったようです。


ハットヤイからのジョイントチケットは人気なようなので、前日までに予約することが大切みたいですね!




batch_DSC04082

仕方ないので念のために調べていた自力での行き方で向かうことに。


リペ島に行くためには・・・

ハットヤイ市内→バスターミナル→パクバラ埠頭→リペ島と経由して向かいます。

(この経由やフェリーチケット購入がめんどくさいのでジョイントチケットがオススメなんですよねー)


まずは、パクバラ埠頭行きのバスターミナルに向かいましょう。






BlogPaint

近場で値段交渉したソンテウでバスターミナルに向かいます!

ハットヤイのソンテウは、軽トラを改造したような見た目で、少し小さめですねー。


料金は2人で60バーツ(約204円)でした。

公共のバスじゃないから少し高いです。





batch_DSC04087

パクバラ!パクバラ!

と運転手に連呼して、

連れてこられたのがこちらのバスターミナル。






batch_DSC04090

しかし探しても探しても、パクバラ行きのバスが無い!!!

なんと違うバスターミナルだそうです。


運転手!間違えやがった!!!
ゴ━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━ルァ!!



パクバラ連呼の意味・・・






batch_DSC04093

慌てて正しいバスターミナルへ。

新たに2人で100バーツ(約340円)を支払う・・・


値下げもされないし、時間も無いのでこの値段でOKしましたが、痛い出費だな。





batch_DSC04094

バスターミナルを移動して、

ようやくパクバラ埠頭行きのバスを発見!


焦り過ぎて正しいターミナルの位置が不明なんですが、

ターミナルがいくつかあるのでご注意を。





batch_DSC04098
batch_DSC04099

チケット売り場はこんな雰囲気です。

パクバラ埠頭まで 1人130バーツ(約442円)でした。





batch_DSC04107

ターミナルの中は結構広くて、売店やご飯屋さんもありました。


一応パクバラ埠頭近くにセブンイレブンもありますが、

フェリー出発間際だと何も買えない可能性もあるので、ここでご飯を買いました。




batch_DSC04105
batch_DSC04106

お弁当が美味しそう!!


タイってこういうお弁当も良いですよねー!

大好きでついつい食べちゃいます。


買ったお弁当は後ほど。




batch_DSC04109
batch_DSC04110

時間になったので、パクバラ行きのバスが発車します!

バスっていうか、バンですね。


9:30出発でした。



大きな荷物はバンコクの宿に置かせてもらってきたから良かったけど、

もし持ってきてたら入ったのかな・・・?

入らない気がするΣ(゚д゚;)





batch_DSC04117

朝からバタバタでお腹が減ってたので、さっきのターミナルで買った串を食べました。

たしかこれ、1本5バーツ(約17円)

バンコクからしたら半額ぐらいですね〜!





batch_DSC04118

そしてパクバラ埠頭に到着ー!!





DSC05539

到着直後、目の前のツアー会社にリペ島行きのチケットを買わないかと言われました。


え?

そんなん目の前なんだから港で買った方が良いに決まってるじゃん!


と思い断りました。




ここではリペ島往復が1人 700バーツ(約2,380円)でした。

(これは値下げ後の料金で、元は1,000バーツくらい)





batch_DSC04121

そして歩いて数分、パクバラの港に到着。



batch_DSC04122

リペ島に行くには、国立公園の入場料を払います。

1人200バーツ(約680円)

そして港利用料20バーツ(約68円)も支払います。


(はぁ、ちょこちょこ取ってくるなあ・・・)





batch_DSC04129

ようやく待合室までたどり着きました。

この時点で11:28


確か11:30のフェリーがあるはず!

それに乗りたい!




batch_DSC04130

しかし驚愕の事実が・・・!


この乗り場直前のチケットがめちゃめちゃ高い!

往復1,200バーツ(約4,080円)とかするんです!



マジかよーーー!!!!

さっき買っときゃ良かったじゃん!!!






BlogPaint

もう大慌てです笑

すると、どうやらフェリーが遅れてるようで、


「ちょっと・・!さっきの店で買ってくる!」


と超絶ダッシュでさっきのツアー会社まで戻りました笑



なんとか帰って来るまでフェリーが遅れてくれたので、

ギリギリセーフ(((( ;゚д゚)))!!



さっきの往復700バーツのチケットが買えました。





batch_DSC04134

到着したらすぐにフェリーに乗り込みました。

かなりギリギリだったようで、すぐに出発でした。




batch_DSC04139

フェリーの中は沢山の人が!

小さいフェリーなので、ゆったりくつろぐことはできなさそう。





batch_DSC04174

でも可愛い猫ちゃんが乗ってるーー!!

狭い船内ですがめっちゃ癒やされました笑




batch_DSC04147

フェリーの中ではだいたい寝てましたが、

なぜか途中で停船した途中の島で全然動かなくなりました。


仕方なく起きて、さっき買ったお弁当を食べることに。

これが30バーツ(約102円)!

タイのお弁当は安くておいしくて最高です。





batch_DSC04161

その後も何度か島に止まりながら、お客さんを降ろしながらフェリーが進むんですが、

途中で止まったこの島。


ここがものすごい綺麗な島なんです!!





batch_DSC04162

なにここ!水が!水がー!!

綺麗ーーー!!





batch_DSC04163

今まで見たビーチの中でもトップクラスの綺麗なビーチでしたね。

リペ島ではないんですが、ここにもまた来てみたいな。





batch_DSC05514

その後、リペ島上陸前に海上の小さな港に上陸。


なにやらフェリーだとビーチに直接入れないため、ここでロングテールボートに乗り換えるようです。




batch_DSC04177

ちなみにその小さな海上港にあったTARUTAOマップです。

この島の1つがリペ島ですね(右下の島)。





batch_DSC04176

そしてこのロングテールボートの渡し船もお金がかかります。

50バーツ(約170円)


このちょいちょい取って来る感じ、何なんだ笑





batch_DSC04181

ようやくリペ島が見えました!

あー長かった!


特にパクバラでフェリーに乗ってからが長い!

パクバラ→リペ島 で3時間もかかってるし!


調べた記事だとこんなに長くなかったはずε=(;´Д`)




batch_DSC04183

しかしその分期待できる海です!

かなり透明度も高く、綺麗!

グリーンなんですねー!





batch_DSC04186

うおーーー!!

待ってろリペ島!


誕生日のうちの奥さんが
もうすぐ上陸するぞーー!!








↓奥さんの誕生日を祝って、
 ぜひひと押しお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




それではまた。




世界を楽しもう(^∀^)


じゅん



↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Booking.com