batch_DSC03547

こんにちは、夫婦で世界一周中のじゅんです。



リアルタイムは、イタリアのローマに滞在中!


1週間弱ぼくの母親と合流して、ローマ観光を楽しんでました(・∀・)つ


昨日無事日本に送り出したので、これからはルートの続きを決めつつ、

ブログもできるだけ更新していこうと思います!





今までのルート
現在32カ国!

台湾→タイ→マレーシア→韓国→中国→マカオ→香港→モンゴル→ベトナム→カンボジア→シンガポール→ブルネイ→インドネシア→オーストラリア→ニュージーランド(ブログは今ここ!)→ラオス→ミャンマー→スリランカ→インド→バングラデシュ→キルギス→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→トルクメニスタン→イラン→アゼルバイジャン→アルメニア→ナゴルノ・カラバフ→ジョージア→イタリア(リアルタイム)→バチカン
 
 


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜




↓ここからは2018年1月のニュージーランドの記録です。


今回のブログでは、ニュージーランドの都市クライストチャーチで7年前に起こった、

「クライストチャーチ地震(カンタベリー地震)」に関連した記事を書いています。


しかしちょうど日本の北海道でも、震度7という大きな地震が起きてしまい、 

より強く地震の恐怖を感じてしまいました。


被災に合われた方々のご冥福をお祈りします。

 

 



1 NZD(NZドル)=約80円
 
(2018年 1月)





世界一周のランキングに参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑     
上の猫ちゃんバナーを押していただくと
ランキングが上がる仕組みになっております。
世界一周中の人達が書いている
色々なブログも見れますよー。
 
 
ポチッと押していただけると励みになります。
ぜひぜひよろしくお願いします(・∀・)つ
1日1クリックのみ反映されます。 




目次
1. クライストチャーチ散策
2. 地震の爪痕






1. クライストチャーチ散策

ニュージーランドに来た目的は「テカポ湖に行くこと」だったんですが、

せっかくなのでクライストチャーチでも一泊し、街を探索しました。




batch_DSC02501

両替ついでにフラーっと外を歩いていると、


デニーズ発見!!


久々に見た!日本ぶりだ笑





batch_DSC02504

ロゴも少し違っていて、メニューもだいぶアメリカンな感じなんですが、本物なのかな?

しかし飯がうまそう・・・






batch_DSC02519
batch_DSC02523

さて両替も済ませ、どんどん歩いていきましょうかね。


クライストチャーチはそこまで広くないので、主要ポイントは歩いて回れます。

自転車があるとなお良いですねー。






batch_DSC02549

まあ、トラムやバスも走ってるので、それを使えば楽に回れそうです。

この古い形がなかなかそそります。




batch_DSC02542

広い公園まで歩いてきました。

遠目からでも一発で見えるオブジェ。




batch_DSC02524

散策でまず目についたのは、


Chalice Sculpture
チャリス スカルプチャー


クライストチャーチとカンタベリー地方の創立150周年を祝って作られたようです。




さあ、もっと歩いてみましょう!




batch_DSC02576

クライストチャーチはこれと言った観光ポイントは少なかったと思いますが、

素朴で癒やされる街でしたね。


少し歩くと自然を楽しめて、ゆっくりできる景色が見られます。





batch_DSC03508
batch_DSC03526

街中はスタイリッシュで先進的な感じです。








batch_DSC02581

オシャレなカフェやレストランも並んでいて、優雅なランチなんかも楽しめますよ。





batch_DSC02588
batch_DSC02590

これは追憶の橋と呼ばれる、エイボン川にかかる橋の・・・

アーチです。

こっちがメインかと思って、橋の方を写真撮り忘れちゃってました。



第一次世界大戦の戦死者を追悼して掛けられた橋のようですね。








このように歩いてクライストチャーチの街を散策していたんですが、

本来の観光スポットより、目を引く光景が街中に広がっていました。








2. 地震の爪痕

まずぼく達の目の前に飛び込んできたのは、

先程のチャリススカルプチャーの向かいに建つこの建物。


batch_DSC02533

7年前の地震で崩壊した

クライストチャーチ大聖堂


崩壊した大聖堂が、なんとか形を保ったままギリギリ建っているようでした。



このようにクライストチャーチでは、地震の爪痕を、そこらじゅうで見ることができます。





batch_DSC03651

これは追悼の壁と呼ばれる、
2017年にできた慰霊碑

この時の地震は記憶に新しいですが、その犠牲者185人の名前が刻まれた壁です。





batch_DSC03649

日本人28人もこの地震で亡くなっています。


つい先日も北海道で地震が起こってしまいました。

日本も地震が多いので、地震被害には共感を覚えます。


どうぞ安らかにお眠りください。





batch_DSC03537

こちらは

カードボード大聖堂


崩壊したクライストチャーチ大聖堂の代わりに建てられました。

日本人が設計したそうで、メインは紙パイプで作られているそうです。





batch_DSC03541

このカーボード大聖堂はあくまで仮聖堂らしく、50年ほどしか持たないとされています。





batch_DSC03543

中は狭いながらに洗礼された雰囲気。






batch_DSC03547

ステンドグラスと紙パイプの隙間から差し込む光がとても綺麗でした。

このきれいな空間も、地震さえなければ作られなかったと考えると、不思議な気持ちになります。




クライストチャーチでは、震災後作られた建物だけではなく

震災時の爪痕をより感じることができる風景も見られます。





batch_DSC02569

廃墟と化したショッピングモールのような建物。


割れた窓ガラスと落書きが、日本でも見る田舎の廃墟を彷彿とさせますが、

普通の道に、普通にある建物です。



batch_DSC02573

トラスや鉄棒で補強された建物は、地震で助かったけど脆くなってしまったからでしょうか。

なんだかケガを治療しているようで痛々しい見た目です。





batch_DSC02598

このようにクライストチャーチでは、凄まじい地震の爪痕がかなり残っており、

まるで数週間前に地震があったかのような感覚にも陥ります。



日本ではすぐに直してしまう傾向にあると思いますが、

残った爪痕を見ると地震の凄まじさを感じ、恐怖さえ出てきます。




そんなクライストチャーチも、以前よりは復興も進んでいるようで、

震災前の活気を取り戻しつつあるようです。


いち早く震災から復興するのを願っています。






ぜひひと押しお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




それではまた。




世界を楽しもう!


じゅん



↓更新の励みになります☆      ∧_
  猫ちゃんをクリックお願いします(^∀^)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Booking.com